住宅売買取扱専門店 有限会社ランド・プラン

高岡市、小矢部市、射水市、氷見市、砺波市の不動産(中古住宅・新築一戸建)売買専門店 ℡(0766)28-5670

すっかり忘れてました。金利上昇と早期返済の誘惑(罠)

先日「住宅ローンの長期金利が上昇」という話題を出しておいて、そのまま放置していた事を思い出してしまいました。

 

 

 

てことで、今回はこの辺の私見を書いておこうと思います。

 

 

 

まず、住宅ローンの長期金利が上がったのは、都市銀行です。地方銀行は、まだ追随していません。

 

 

 

ちなみに、住宅ローンの長期モノは、金融機関としては非常に「オイシイ」商品になります。

 

 

 

高い金利を確保出来ますし、とにかく「長期安定的に」収益が見込めますからね。

 

 

 

なので、世間的に「金利上昇!」という雰囲気になれば、「よっしゃ!上げるチャンス!」という事で、さらっと金利を上げるのも良く分かるのですが、大事な事はここで「飛びつかない」事です。(だと私は思ってます)

 

 

 

 

飛びつくから「お、いけるな」という事で、金融機関も更に金利上昇を検討したり、上昇まではいかなくとも、「金利を下げよう」という気持ちが薄れます。

 

 

 

 

そりゃそうですよね。「金利を上げても住宅ローンが売れる」となれば、わざわざ金利を下げる必要などありません。

 

 

 

 

ちなみに、良く議論になるネタに「短期固定金利と長期固定金利、どちらが良いか」というのがあります。

 

 

 

短期固定金利は、金利が安いが、2年、あるいは3年後に金利上昇の可能性もあり、ちょっと怖い。

 

 

 

 

長期固定金利は、長い間金利が一定なのでそういったリスクはないが、短期に比べると金利が高い。

 

 

 

 

この辺りは結局「金利動向」という「誰にも分からない」将来の事を前提に決定しないといけないので、実は正解など無いのです。しかし。

 

 

 

 

「私が」住宅ローンを組むとしたら、それは断然「短期固定金利」を選びます。理由は3点。

 

 

 

 

1.住宅ローン減税の恩恵を最大限享受したい。(金利が低いほど恩恵が大きい)

 

 

2.昔と違い、更新時の手続きや費用が不要になっている金融機関もあり、短期固定のデメリットが薄れている。

 

 

3.金利は今後、上がらない。

 

 

 

3は、ちょっと問題があるかも知れませんので、信じるも信じないも貴方次第です。残念ながら責任は取れません(笑)

 

 

 

私としては、日本の人口構造、社会構造、考え方(文化)、世界との関係性を考えた時、「長期継続的に金利が上がる事は無い」と思っています。

 

 

 

 

もちろん「ちょろっと」短期的に上がる事はあるでしょうが、それは一過性のモノと思います。

 

 

 

 

では、それでも「もし」金利が上がったら?

 

 

 

 

その時の為に、ちゃんと貯蓄しておけば良いのではないでしょうか。その為に、住宅ローンの返済という「固定費」を少なくして、その分を出来るだけ貯蓄に回すのです。

 

 

 

 

そう言った意味から、私としては「固定金利期間は短期で」「返済期間は出来るだけ長期で」と思っている次第です。

 

 

 

 

まあ問題は「ちゃんと貯蓄に回せるか」と「ちゃんと定期的な収入を得続ける事が出来るか」ですけどね。

 

 

 

 

そこはもう、「自助努力」しかないでしょう(笑)

 

 

 

 

とにかく自営業などというモノをしていると「住宅ローンの金利」が羨ましくてたまりません。あんな低利で、しかもあんな長期間貸してくれるって。

 

 

 

 

「借金なんか抱えてるのはイヤ。早く返したい!」という気持ちもよく分かりますが、折角こんな超低利で、長期間貸してくれるのです。

 

 

 

勿論、余裕があればさっさと返すのは良いですが、「無理をして」早期返済を考えるのは止めておいた方がよいと思います。

 

 

 

会社が潰れるのは「利益を生まないから」ではありません。「現金が回らなくなるから」です。これは個人でも一緒です。

 

 

 

 

「損得」も大事ですが是非「お金回り(キャッシュフロー)」を意識した生活設計をご検討いただければと思います。

 

 

 

 

ちなみに本日、家族と初詣にいき御神籤を引いたのですが、「転居(やうつり)」の所を見ると、家族全員が「あせるな」「いそぐな」「あわてるな」とあり、皆に「ほら~!」と責められました。

 

 

 

 

私も口惜しくなり、大枚100円を出して御神籤を引いた所、「転居(やうつり)」の欄には「よきところ安心せよ」の言葉が。

 

 

 

 

これは・・・。「一人で引っ越せ」との天啓かも!と思った私でした。それもまたよし。でも、生活費が二重になってツラいなあ・・・。と思ったり。

 

 

 

 

とまあ、色々ありますが、所詮自分の運命は自分で切り開くしかありません。頑張りましょう!!


Updated: 2017年1月3日 — 4:09 PM
住宅売買取扱専門店 (有)ランド・プラン Frontier Theme