アットホーム機関誌掲載と雨晴海岸と伏木高校

不動産ポータルサイト「アットホーム」の機関誌に私が載っております。(5ページ)

 

 

2017-01-25 09.29.49

 

 

「富山の一番を紹介する」というページなんですが、ご担当の所長さんにガブリ寄り気味にお願いされたので、お断りするのも忍びなく、謹んでお受けした次第です。

 

 

 

ちなみに、写真撮影の時に「笑顔でお願いしまーす!」と言われるんですが、本当に「撮影用の笑顔」って苦手なんですよ。

 

 

 

いつも言ってますが「面白くもないのに」笑えないのです。私は。

 

 

 

しかしまあ、先日もお伝えしたとおり、私は「富山県コンプレックス」みたいのがあり、「富山県の事」となると無碍にはできないので、マジメに取材にお応えさせていただいておりました。

 

 

 

で、私の「富山県の一番」は、何のひねりもない「雨晴」です。

 

 

 

美味しい食べ物屋さんとか、「知る人ぞ知る」ディープな場所でもない、ただの「世界的名勝地」雨晴です。

 

 

 

といっても、私自身が写真撮影しにいくわけでもなく、初日の出を見に行くでもなく、ただ単に「苦しくなると」行く場所、それが雨晴です。

 

 

 

私は伏木高校だったのですが、野球部の練習の一環で、良く「伏木高校から雨晴海岸」まで走ってたんですよ。真夏の真っ昼間に。練習終わった直後に。

 

 

 

・・・

 

 

 

 

今から思うと「拷問か?」と思うような練習ですが、まあ、当時は普通に走ってましたね。イヤでしたけどね(笑)

 

 

 

 

今から思うと「何で野球部に?」と思いますが、そんな事を言い出すと今も「何で不動産屋に?」となりますので、そこはそっとしておきましょう。「宿命(さだめ)」という事で。

 

 

 

 

と言うことで、苦しい事があろうとも、雨晴に行きながら引き続き頑張ります。さすがにこの雪で行く気はしませんが。

 

 

 

ホントにひどい雪で・・・

 

 

 

 

今は「雨晴」より「雪晴」に行きたい気分です。

 

 

 

 

オヤジギャグか・・・。

 

 

 

 

はい、寒いのでお体お気を付け下さい。それでは!