住宅売買取扱専門店 有限会社ランド・プラン

高岡市、小矢部市、射水市、氷見市、砺波市の不動産(中古住宅・新築一戸建)売買専門店 ℡(0766)28-5670

シングルマザー様の住宅ローンとハウルの動く城と乙女のため息

あんまり引っ張ってもしょうがないので(特に大した内容でも無いので)、シングルマザー様の住宅ローンについて書いておきます。注意すべきポイントは3つです。

 

 

 

1.意外と借りられる

良くご心配される方がいらっしゃるのですが、案外住宅ローンって借りられるものです。一番勿体ないのは「どうせ私には貸してくれないでしょ・・・」と諦めてしまう事です。

 

 

申し込んでダメならしょうがないですが、申し込まないのに「どーせダメでしょ」と言うのは勿体ないです。

 

 

 

「宝くじの理論」ですね。(買わないと当たらない)

 

 

 

 

2.申告は正しく

私も以前金融業(サラ金ですが)に携わっておりましたので知っているのですが、金融機関は「信用情報」を見ることが出来ます。「いくら借入がある」とか、「事故履歴」とか。(俗に言うブラックリスト ※実際にそんなモノはありませんが)

 

 

しかし基本的に、そういった情報は全てバレます。バレるんですが、問題は「あっても別に問題ない」事まで隠そうとする行為が良くないのです。分かりにくい言い回しですね(笑)

 

 

 

例えば、「実は借金がある」という場合があります。自動車ローンとか教育ローンとは別に「カードローン」を持っている方もいらっしゃいます。そこはキチンと申告していただきたいのです。

 

 

 

これらは「持っているだけで」住宅ローンが借りられないと思っている方も多いですが、決してそんな事はないのです。(※返済比率等の関係があり、「借りにくい」場合はあります)

 

 

 

逆に考えてみましょう。

 

 

 

「私は借金がありません」と申告されてて、実際に調べると「借入がある」となると、皆さんはどう思いますかね?普通は

 

 

 

「なんで言ってくれないのだろう?」という不信感が出てくると思います。

 

 

 

また、「お金にルーズな人なのか?」という目でも見られてしまいます。と言うことで、逆にマイナス要素になってしまいますので、「申告は正しく」行って下さいませ。

 

 

 

 

3.不動産業者、又は建築業者等を上手に使う

誰しもそうですが、「初めて会う人」に全幅の信頼を置くというのは現実的ではありません。普通は「何度も会って」信頼関係を深めていくものです。

 

 

 

となると、いきなり銀行にご本人だけで行くよりも、いつも行き慣れており、銀行ともある程度の信頼関係を築いてしまっている「不動産業者又は建築業者等」と同行して申し込まれる方が、銀行としても絶対に安心感があります。

 

 

 

またそもそも、これらの人達は「何回も何回も」そういう経験をしているので、個別案件に対し、ちゃんとしたアドバイスが出来るはずです。こういう人達を、是非活用すべきと思います。

 

 

 

・・・。今日は「とにかくノルマを終わらせないと!」という義務感のもと、フツーに真面目に書いてしまいました(笑)

 

 

 

 

とにかく今回の内容の中で一番大事なのは「1」です。意外と借りられます。是非諦めず、挑戦してみていただければと思います。で、ダメならダメでしょーがないじゃないですか。

 

 

 

 

ちなみに先日、いつもより早く家に帰ったら娘に

 

 

 

「はあ~・・・↓」と盛大なため息をつかれてしまいました。

 

 

 

いやいや、何でそんな分かりやすく拒否られないといけないのか・・・

 

 

 

 

あ、一応自分の名誉の為に補足致しますが、こういう態度をとっても、娘は別に私の事が嫌いなワケでは無いのです。

 

 

 

 

私なんかは「生活のパーツ」で、いてもいなくてもあんまり気にならない存在らしいのですが、その時は「ハウルの動く城」を見ようと思っていた矢先だったようで。

 

 

 

 

私が常々「テレビばっか見とるとアホになるぞ!」と言っているので、その時もそう言われると思ってイヤだったんだそうです。いやいや、ジブリはイイよ(笑)

 

 

 

 

 

まあとにかく、銀行にローンを申し込みにいっても「はあ~・・・↓」とため息付かれる事はありませんので、勇気を出して、希望をもって行きましょう!


Updated: 2017年2月8日 — 6:17 PM
住宅売買取扱専門店 (有)ランド・プラン Frontier Theme