住宅売買取扱専門店 有限会社ランド・プラン

高岡市、小矢部市、射水市、氷見市、砺波市の不動産(中古住宅・新築一戸建)売買専門店 ℡(0766)28-5670

ナポレオン流不動産取引戦略 リーン・スタートアップとは?

何やら小難しそうなタイトルにしてしまいましたが・・・

 

 

 

このゴールデンウィーク、不動産業に役立てる為、「戦略」の勉強をし直しております。私自身の為の戦略もそうですが、私の記事をいつもお読みいただいている方の為の戦略(考え方)も含めてです。

 

 

 

いくつかの戦略を勉強し直しましたが、「ほう!これは!」というのが3つ4つありました。本日はそのうちの一つ、ナポレオンが得意とした戦略をご紹介しましょう。

 

 

 

不動産でも人生でも、「プラン」というのが重視されます。綿密な計画を立て、その善し悪しや実施方法を検討し、その上で実行に移すというやり方です。いわば「静の中で勝機を捉える」というやり方です。

 

 

 

実際、各国の教養ある貴族指揮官たちは、上記のような「静の中で勝機を捉え、それから実行する」というやり方を行っていました。が、ナポレオンは、この「従来のやり方」に打ち勝つ戦略を得意とし、そして実際に勝ってきたわけです。

 

 

 

 

この戦略、説明すると長くなりますし、不動産と全く関係ない話になるので端折りますが、要するに「静の段階で勝機を見つける」のと違い、「動の中で勝機を見出す」というやり方でした。

 

 

 

 

将棋が分かりやすいかも知れませんが、将棋のルールでは、「こちらも一手、あちらも一手」という絶対のルールがあります。そして、こちらが手を打つ間に、相手は打ってきません。待ってくれます。

 

 

 

 

しかし、実際の場面では、こちらが考えている間、あちらが待ってくれるとは限りません。一手考えている間に二手も三手も打ってくる事もあります。

 

 

 

考えている間に、相手も動く可能性があります。状況も動く可能性があります。相手が動かなくても、こちらを取り巻く事情が動く可能性があります。そうです。物事は常に動いているのです。

 

 

 

したがって、「全ての状況が揃ってから動き出そう」と思っても、その時には既に勝機は去っているかも知れないのです。いや、ナポレオンの時代よりもさらに時間の流れが早くなっている現代では、「状況が揃ってから動こう」と考えていたのでは、遅すぎる位です。

 

 

 

 

リーン・スタートアップとは、従来の「実際に動かず、机上のプランニングと検討に時間を費やす」やり方とは一線を画し、「まず出来る事から開始する。問題があればすぐに修正して、相手よりも先に勝機を掴み、そして相手を圧倒する。」という戦略です。

 

 

 

 

不動産探しで言うと、確かに「一生に一度」の事ですから、慎重になるのは分かります。が、ずっと「静的状態(情報収集・比較検討・家族内議論)」に止まっていると、良い物件は売れてしまい、その間も家賃は発生し、そして何より「我々自身がトシを取って」しまいます。

 

 

 

 

住宅ローンの問題もありますが、とにかく我々は「与えられた命・時間」を大切にする義務があると思っています。

 

 

 

 

リーン・スタートアップ。先に動いて、動きつつ、好機を捉える。考えるのと行動が別々になっているのではなく、かつ動き、かつ考える。

 

 

 

 

 

供給者・需要者・労働者・経営者、誰にとっても重要な示唆を与えてくれているのではないでしょうか。

 

 

 

 

 

・・・さて、貴重な連休に、私は一体何をやってるんでしょうね?(笑)

 


Updated: 2016年10月16日 — 9:52 AM
住宅売買取扱専門店 (有)ランド・プラン Frontier Theme