住宅売買専門店 (有)ランド・プラン

高岡市、小矢部市、射水市、氷見市、砺波市の不動産(中古住宅販売・中古住宅買取・新築住宅販売)専門店 ℡0120-08-5670

不動産あるある。「百匹目の猿現象」は、不動産取引では成立する。

突然ですが皆様は「百匹目の猿現象」をご存知でしょうか?私も専門家ではないので、上手く説明する自信がありません。てことでWikipediaから引用

 

百匹目の猿現象(ひゃっぴきめのさる げんしょう、: Hundredth Monkey Effect

は、生物学現象と称してライアル・ワトソンが創作した物語である。疑似科学又はオカルトに分類されている(疑似科学#自然科学に関するもの)。

宮崎県串間市幸島に棲息するの一頭がイモを洗って食べるようになり、同行動を取る猿の数が閾値(ワトソンは仮に100匹としている)を超えたときその行動が群れ全体に広がり、さらに場所を隔てた大分県高崎山の猿の群れでも突然この行動が見られるようになったというストーリーであった。

このように「ある行動、考えなどが、ある一定数を超えると、これが接触のない同類の仲間にも伝播する」という、実際には存在しない現象を指す。

 

ということで、結局は「実際には存在しない」という風に否定されているのですが、不動産取引では、ままあることです。

 

 

 

ある不動産があります。売りに出してますが、全く売れません。声すら掛かりません。それなのに。

 

 

 

「ある日」突然!

 

 

 

二つも三つも申し込みが入る事があるのです。この現象は、不動産屋さんであれば「あるある!」と分かってくれる事と思います。

 

 

 

それまで誰も気にもしていなかったのに!

 

 

 

その時ならさらっと買えたのに!!

 

 

 

いざ購入しようと思うと!!!

 

 

 

「実は、ちょっと前に申し込みが入りまして・・・」

 

 

 

となるのです。不可思議な現象のようですが、一定の理屈はあります。というのは、そういうときは大抵

 

 

 

「なんらかの外的要因が存在する」のです。何らかの外的要因とは、例えば

 

 

 

 

■すぐ近くで似たような性質の不動産が出たが、意外と高い。

 

 

■すぐ近くで同じような価格帯の不動産が出たが、意外と良くない。

 

 

 

等と言った場合です。そしてその外的要因が

 

 

 

複数の方々へ影響を及ぼし、その結果同時期に

 

 

 

 

「あ、そういえば○○っていう不動産あったな。」と想起させ、

 

 

 

 

「よく考えてみると、結構魅力的な不動産だな」と意識付け、

 

 

 

 

「これにしておこう!」

 

 

 

 

と判断する方々が続発する現象に繋がるわけです。ちなみに私はこの現象を!!

 

 

 

 

・・・

 

 

 

 

特に名付けてません(笑)

 

 

 

しかしこの現象、お世話させていただいている身としては、本当にツラいのです。

 

 

 

お客様としても、折角色んな事を検討し、覚悟を決め、そして意思表示を行ったのに

 

 

 

「すみません・・・」と言われてしまうのですから。

 

 

 

正直、私も「ガクッと」来ます。やっぱり色んな準備してますからね。

 

 

 

とまあ、こういう現象は本当に多々ありますので、どうぞご注意下さいませ。

 

 

 

 

それにしてもこの現象、なんと名付けましょう。ちょっと考えます。皆様も是非お考え下さい。それでは!


Updated: 2017年6月6日 — 6:52 PM
住宅売買専門店(有)ランド・プラン Frontier Theme