住宅売買専門店 (有)ランド・プラン

高岡市、小矢部市、射水市、氷見市、砺波市の不動産(中古住宅販売・中古住宅買取・新築住宅販売)専門店 ℡0120-08-5670

不動産の知識 オープンハウス編②

※この投稿は2008年9月に投稿されたものです。

こんにちは。富山県の不動産会社(有)ランド・プランで働く営業犬、ふくちゃんです。

 

今日は、不動産を上手に購入する方法として、オープンハウスの活用法実践編にいきたいと思います。

 

まずズバリいきましょう!オープンハウスで大切なのは・・・

事前チェックです!!

 

なぜ事前チェックが必要なのか?

 

ここで、皆さんがよく想像する不動産物件の見方としては、以下のようなものがあるかと思います。

 

・方位磁石をもって自分で方位を確認する!(「南向き日当たり良好!」などと書かれているけど、実際には微妙に南西を向いていて西日がきついんじゃないの~?)

とか、

・部屋の中でビー玉を転がしてみる!(床が傾いているじゃないの~?)

とか、

・床下をチェックする!(基礎はしっかりしているの~?)

などがあるかと思います。当然、これらはチェックしておかなければならない点ではあります。(ちなみに、ビー玉の話はあまりあてにならないでしょう。理由は後日)

 

しかし、本当に「良い物件」を「安く」手に入れたいのであれば、これらの確認よりもっと大事な事があります。それが「不動産の事前チェック」なのです。

 

これは何故かというと、「良い物件」で「安い」不動産というのは当然ながら誰にとっても「良い物件」で「安い」不動産なのです。

 

ということは、当たり前ですが競争が激しいのです。そして多くの場合は「早いもの勝ち」です。

 

そんな中で、不動産のオープンハウス当日になってようやく周辺環境を調べたり、家の近所を調べたり、外回りを見たりしていたのでは、他の用意周到なお客さんに先を越されてしまいます。

 

不動産の地域性・周辺の状況・不動産の外回り

 

これらは、別にオープンハウスの時じゃなくても確認することは十分に出来ます。

 

屋内のチェックは、本当に「買うか?買わないのか?」の最終確認の為と考えておいた方が良いでしょう。

「買うか・・・?どうしよう・・・。でも、こんなに良い物件は中々出ないはず・・・。よし!買おう!」

 

と思った瞬間に、目の前でお客さんが契約するのを見るほど辛いことはありません。

 

不動産は、確認できるところは事前にチェック。オープンハウスは最終確認と考えましょう。

 

「とりあえず、オープンハウスやってるみたいだから、それを見てから考えよう・・・。」こう考えていると、いつまでたっても「掘り出し物」はゲットできません。

 

不動産は、一つ一つが「世界に一つだけのもの」なのです。そして、「良いものはすぐ売れてしまう」のです。

 

本当ですよ。


Updated: 2015年5月21日 — 5:43 PM

コメントを残す

住宅売買専門(有)ランド・プラン Frontier Theme