不動産は「リアルエステート」と言います。バーチャルではなく「リアル」なのです。

弊社には良く「インターネットの1ページ目に掲載されるようにしませんか!」という営業電話が入ります。

 

 

ま、どこの不動産業者もそうでしょうが(笑)

 

 

たしかにネットで「高岡市 不動産」とかと検索して弊社がトップに来たら、そりゃ宣伝効果は高いと思います。

 

 

でもねえ・・・。私はどうも「インターネット」というものに、もう一つ信頼を置いてないのです。(散々ネット使ってるくせに)

 

 

昨日、自宅の仕事スペースでパソコン打ってましたら、毎度おなじみ長男(小学3年生・ミッフィーと危険生物が好き)が来てこういいました。

 

 

「ちょっとそこどいて」

 

 

なんで?と聞くと

 

 

「ボクもパソコンしたいがいぜ」

 

 

というので

 

 

「ならここ(私のヒザの上)に乗られよ」

 

 

と言って、ヒザに載せてパソコン触らせてみました。

 

 

すると長男がおもむろに

 

 

「さーて、セイウチでも見るか」と言って自分でキーボードを打ちだしました。小3はアルファベットを勉強するので、ローマ字入力が出来るのです。

 

 

SE,I,U,TI

 

 

と入力したので私の方で「画像」と押してやると、ずらっとセイウチの画像が現れました。長男、「おおっ!」とか喜んでます。

 

 

セイウチって、こんなヤツの事です。

 %e7%84%a1%e9%a1%8c

 

 

口を大きく開けているセイウチとか、人間と並んでその巨大さが伝わってくるセイウチとか、目をひんむいているセイウチとか、いちいち息子と「これすげえな」とか言いながら見てたのですが、やはりふと思いますよね。

 

 

「実物は、もっとすげえんだぜ」と。

 

 

 

私も今は仕事ばっかりしてますが、一応それなりに長い事生きてるので、実物のセイウチは見た事あります。でも息子は見た事ありません。

 

 

 

最近はテレビでもネットでも、何か見ようと思うとすぐ見れます。何か調べようと思ってもすぐ調べられます。

 

 

 

でも「実物」って全然違うじゃないですか。良きに付け悪しきに付け。

 

 

 

この秋は、どっかで本物のセイウチを見せてやらないとなあ・・・と、固く誓った私でした。

 

 

 

こういう事があるので、私は「ネット」というものに、そこまで魅力を感じないのです。あくまでも現物重視、リアル重視です。

 

 

 

不動産も本当に重要なのは「現場」です。「実物」です。IT重説やネット内覧は便利ですしこれから益々増えていくのは間違いないですが、それでも一番重要なのは「実物」です。

 

 

 

というような事を、セイウチを見ながら思ったのでした。

 

 

 

ちなみにウチの子は「セイウチ見に行きたい~!」とかは絶対言わないのです。「セイウチ見たいか?」と聞くとようやく「んー、まあ。うん。」という程度。

 

 

 

それがまた申し訳ないというかいじらしいというか・・・。ちなみのちなみに、長男が希望する今年の誕生日プレゼントは「枕」です。まくら・・・。

 

 

 

まくらか・・・。「シュールやな」と思うのは私だけでしょうか・・・それでは・・・


にほんブログ村