不動産・お金・命。一体何が大事なのか・・・という話

今日は短めです。

 

 

私は今「42歳」なんですが、いつも「一寸先は闇」と思ってます。

 

 

100歳まで生きるかも知れませんし、明後日死ぬかも知れません。

これは誰も予想出来ません。(一説によると閻魔大王は予め分かっているようですが・・・)

 

 

ちなみに、私の尊敬する人の享年を考えてみても

 

 

坂本龍馬・・・享年33歳

高杉晋作・・・享年28歳

竹中半兵衛・・・享年36歳

 

 

で、現在の私の年齢と比べても、かなり若いです。(ちなみシャーロックホームズは意外と長生きなので敢えて外しております。)

そう考えると42歳という歳月は

 

 

 

「本当に良くここまで生きられたなあ(生きさせていただけたなあ)」と思いますし、感謝しております。と、それはさておき。

 

 

 

私は子供の前でも「人の一生は短い・時間が一番大事」と言っています。お金も評判も、頑張れば増やす(上げる)事は出来ますが、時間は

 

 

 

消費する事しか出来ないからです。なので、せめて「浪費」はしたくないなと。

 

 

 

で、ここで話は突然「ウチのネネ(長男)と嫁さん」のケンカの話になります。

 

 

 

あんまり書くと家庭不和になりそうなので端折りますが、ウチのネネ(長男)も小学5年になり、富山弁でいうところの「こわくさい」感じになってきました。

 

 

 

で、母親に反抗する事もあるのですが、その時の文句が面白かったのでご紹介します。

 

 

 

ネネ「あー、もう!なんでそんな事言われんなんがけ!!」

続けてネネ「もー!こんな事しとる間に、貴重な人生の時間がどんどん過ぎていくねか!」

 

 

 

さらに続けてネネ「あー!もう!こんな事しとる間に、大切な時間が5分60秒も経ってしまったねか!・・・てゆうか、6分やねか!!」

 

 

 

・・・

 

 

 

アホやなあと思いつつ、「時間は大事・貴重」という事を(一応)分かって貰って、私は本望です。

 

 

 

住宅探しもそうですが、「時間」を掛ければ掛ける程、人生の残りの時間は少なくなります。それなら

 

 

 

「時間」を有意義に使う事を、お互い考えるべきではないでしょうか。そうじゃないと・・・

 

 

 

「あーもう!いつのまにかもう5分60秒経っとるやん!・・・てゆうか6分やん!!」というハメに、陥るかも知れませんよ?(笑)

 

 

 

すみません、今回は(も)悪ふざけが過ぎました。貴方の希少な時間をこんな下らない話で浪費させてしまって本当に申し訳ありません。それでは・・・