住宅売買取扱専門店 有限会社ランド・プラン

高岡市、小矢部市、射水市、氷見市、砺波市の不動産(中古住宅・新築一戸建)売買専門店 ℡(0766)28-5670

不動産屋とイチゴパイ

不動産売買専門の不動産屋、ちょっと疲れておりますので、今日は軽めのヤツをお送りします。

 

 

先日、「イチゴパイについては明日!!」と書いておきながら書かないでおりました所、全国津々浦々から「はよ書かんかい!」の声、声、声。

 

 

ちょっと嘘ですが(笑)

 

 

 

とりあえず、「イチゴパイ」とは、私にとって「魔法の言葉」なのです。

 

 

 

私にはちょっと頭がクラッシュ気味の娘がいることは何度かご紹介しておりますが、この娘には、非常に「良い所」があります。私はその点「素晴らしいなあ」と思っております。

 

 

 

といっても、特に大した事ではありません。ごくごく当たり前の事なんでしょうが、私にとっては「素晴らしい」と思える事なのです。それは。

 

 

 

我が娘は、私が出かける時「行ってきます」と言うと、ほぼ100%、こう言います。

 

 

 

「いってらっしゃいイチゴパーイ」

 

 

 

・・・

 

 

 

昔、おぼっちゃまくんが言っていた「おはヨーグルト」みたいな、ただのしょーもないダジャレ挨拶なのですが、私にとっては、すごく元気が出る、大切な言葉なのです。

 

 

 

「男は敷居を跨げば七人の敵あり」という諺がありますが、私も、色々な事と対峙しなければなりません。常在戦場です。(まあ、家にいても戦場ではあるのですが・・・)

 

 

 

不動産屋というのは、すごく「先を読む」事が大事な仕事になります。「現状はこうで、次はこうなると思われる。と言う事は、その前に、あれをやっておかないといけない。」という感じで。

 

 

 

しかしここで厄介なのは、「先を読む」と言う事が「賭け」になってはいけないのです。「次はこうなる可能性が高いと思われる。しかし、そうじゃない所に転がる可能性もある。その場合はこうしていかなければならない。」

 

 

 

と言う感じで、常に「複数の選択肢とその後の流れ」を考えないといけません。これが結構疲れるのです。

 

 

 

もちろん、自宅でも、ご飯食べてる時でも、風呂入ってる時も、寝る時も、寝た後も、夢の中でも、色々色々考え続けています。(どんな不動産屋さんもこうだとは思いませんが・・・)

 

 

 

 

そして、いざ自宅を出て実践!!という時は、やっぱり結構気合も入りますし、不安でもあります。「シミュレーションは完璧と思うけど、本当に上手く行くだろうか」みたいな。

 

 

 

 

そんな不安と気合の入り混じった中、娘に「行ってきます」というと、「いってらっしゃいイチゴパーイ」と言うのです。「パーイ」と伸ばすところがミソです。

 

 

 

 

私自身、あんまり親に「いってらっしゃーい!」と明るく言った覚えはありませんので、誰でも出来る事では無いと思うのです。恥かしかったり、単にウザかったり(笑)

 

 

 

 

ので、私がなんとか元気に仕事出来ているのは、勿論お客様や取引業者様のお蔭でもあるのですが、「イチゴパイ」のお蔭もあるのです。

 

 

 

 

しかし・・・。娘も本日で5年生が修了し、4月から6年生。怒涛の「思春期」に入ってくる頃合いです。どーなっていくのやら・・・・・

 

 

 

 

いつまでも「イチゴパイ」と言って欲しいですが、「そうもいかないだろうなあ」というのが、本音であります。そして、そういう「親離れ・子離れ」こそが、人間に限らず、生物にとって必要なのだろうなあとも思います。

 

 

 

・・・軽めの積りが、ちょっと重くなってしまいました(笑)

 

 

 

まあ、真面目に、真摯に生きていれば、何か良い事はあるでしょう!根拠はありませんが、そう信じます!それでは!!


Updated: 2016年3月24日 — 4:05 PM
住宅売買取扱専門店 (有)ランド・プラン Frontier Theme