住宅売買専門店 (有)ランド・プラン

高岡市、小矢部市、射水市、氷見市、砺波市の不動産(中古住宅販売・中古住宅買取・新築住宅販売)専門店 ℡0120-08-5670

不動産屋は、何故胡散臭いのか?

不動産屋は何故胡散臭いのか。今回はこの重大テーマに迫ってみましょう。あ、正確には「不動産屋は何故胡散臭く見えるのか」ですね。不動産屋が胡散臭いわけではありません。

 

 

 

結論からいきますが、不動産屋が胡散臭く見える理由、それは

 

 

 

「根拠が無いのに自信満々」だからじゃないでしょうか(笑)

 

 

 

誰とは言いませんが、私がこの不動産業界に入った時、何かの根拠を尋ねたらこう返って来ました。

 

 

 

「長年の経験とカン」

 

 

 

・・・

 

 

 

何か、不動産業務の事で相談して、その人が何がしかの判断を行ったのです。で、「何故そう思ったのか?」という根拠を確認すると先の答えが返ってきたのです。

 

 

 

 

「長年の、経験とカン」

 

 

 

 

 そりゃまあそうかも知れませんが、お客さんにそんな事言ってもダメでしょう。例えば、不動産を売りたい人がいます。「いくらで売ればいいか」相談されます。

 

 

 

 

そうすると、不動産業者として「査定」を行って一定の金額を出すのですが、その金額が「長年の経験とカン」と言われて、貴方は納得いきますか?

 

 

 

 

少なくとも、私は納得イカンですね。公示価格とか近隣の取引価格とか、最近の不動産市況とか、一定のデータがあって、最後に「長年の経験とカン」と言われるならいいんですが、何のデータも示されずただ

 

 

 

 

経験とカン

 

 

 

 

と言われると、「本当に、ちゃんと考えてくれてんの?」と思ってしまいますよね。

 

 

 

 

しかも、不動産業者というのは基本的に「堂々と」しています。「長年の経験とカン」と言う時も、むしろ誇らしげに言われます。

 

 

 

 

そんな根拠薄弱な理由で堂々とされても・・・と、思いませんか?私は思います。

 

 

 

 

ちなみに、これは何も「不動産屋の文句」を言っているわけではありません。どんな業界でもそうだと思うんですよ。「根拠の無い発言」は、やはり信用力に乏しいものです。

 

 

 

「信用が欲しければ根拠が必要」と言う事です。

 

 

 

 

と言う事で、私を信用して下さい。長年の付き合いじゃないですか(笑)

にほんブログ村 住まいブログへ
にほんブログ村


Updated: 2016年11月1日 — 5:28 PM
住宅売買専門(有)ランド・プラン Frontier Theme