不動産市場が変わった!?「殿様商売」から「○○商売」へ!

なんか最近、やたらやることがありまして・・・。ありがたい事です。感謝です。

 

 

 

が・・・

 

 

 

最近、仕事の事ばっかり考えてまして、夜、しっかり眠れません。夜中に目が覚めると、ふと「あの件はどう進めていけば良いか・・・」と考えてしまい、そうなると朝方まで眠れないのです。

 

 

 

ヤバいなあ・・・

 

 

 

 

という、不動産屋の個人情報はどうでも良いとして、本日は「殿様商売」のお話です。

 

 

 

 

殿様商売とは、一説によるとこう説明されております。

 

 

 

 

商品知識や客とのかけひきなど、もうけるための努力・工夫に気を使わない商い方を皮肉っていう語。

例:「あんな殿様商売じゃ、いずれ倒産するよ」

 

 

 

本当にねえ・・・

 

 

 

 

ちなみに私は、この「殿様商売」というのが大嫌いなのです。本当に。「イヤなら買うな」という殿様商売は、私の敵と言っても過言ではありません。

 

 

 

 

では「私の商売方法は何か?」と考えて調べてみましたが、「殿様商売」の対義語って、決まったのがないようですね。

 

 

 

 

殿様商売の逆・・・。なんでも良いのなら「足軽商売」なんかイイですね。でも、フットワークは良いけど雑そうで、なんとなく心配かも知れません。

 

 

 

あとは・・・

 

 

 

 

なんでしょう?思いつきません(笑)あ!!!

 

 

 

 

そういえば日本のかつての時代(江戸時代)では、人間の身分は四つに分けられていました。すなわち

 

 

 

 

「士農工商」です。

 

 

 

 

 

ん?「商」が一番下・・・。商、つまり我々不動産業者のような「商人」ですよね。

 

 

 

 

 

という事は、「士」の頂点に立つ殿様は、そもそも我々「商人」の真逆にいるという事で、「殿様」みたいな人が「商売」をする事自体、間違っているという事です。

 

 

 

 

 

なので結局、「殿様みたいな商売」してたら誰も見向きもせず、いつかダメになりますよね。

 

 

 

 

 

ま、世間には色んな業者さんがいますが、殿様商売してたら、いつかは行き詰まりますよ。例え「士農工商」と蔑まれても、商人として、ちゃんとした仕事をしないと。

 

 

 

 

 

さて、私は今後も、「殿様商売」の逆を心がけ、一所懸命仕事に取り組みます。夜中うなされようと、不眠で眠たかろうと(今も超眠たいですが笑)頑張ります!

 

 

 

 

 

皆様も色々あると思いますが、共に頑張りましょう!それでは!!