唐突にボヤキますが、私のブログは「長い!」と言われます。しかしこれには意味があるのです。というのも私は

 

 

 

専門用語

 

 

とか

 

 

短縮語(略語)

 

 

 

がキライだからです。知っている人からすれば「当たり前!」な事も、知らないからすれば「なんのこっちゃ?」なので、とにかく「初めて不動産取引をする人」にでも理解いただけるよう、どうしても説明が長くなるのです。

 

 

 

例えば我が家の話ですが

 

 

 

「カラとピーナッツ」って何の事か分ります?答えは

 

 

 

亀田の「柿の種」の事です。辛い「柿の種」とピーナッツが入っているでしょ?あれを我が家では「カラとピーナッツ」と称するのです。これはまだ分かりやすいですね。

 

 

 

では

 

 

 

「ナンコ」って分ります?答えは

 

 

 

「チキンナゲット」の事です。意味分からんでしょ?(笑)

 

 

 

チキンナゲットは娘の小さい頃からの大好物(常備食)でして、朝昼晩食べたがるので、その都度

 

 

 

「(今回は)何個欲しいん!?」と聞いていたら

 

 

 

「ナンコ欲しい!!」という会話になり、その結果

 

 

 

「何個=チキンナゲット」になっていき、今でも我が家ではチキンナゲットの事を

 

 

 

「ナンコ」と言うのです。アホみたいでしょ?(笑)

 

 

ま、それはともかく。

 

 

 

今は本当に「インターネット」の発達に伴い、情報を取得するのが簡単になってきました。以前なら

 

 

 

「不動産業でも営んでいないと」取得できなった情報が、一般の方でもさらーっと取得できる時代です。不動産屋の力=「情報力」だった時代が長かったのですが、今後は違います。

 

 

 

一般の方でも、情報はガンガン取れますからね。そして今後重要になってくるのは

 

 

 

分析力

 

 

 

と思います。人口減の中で空家も多くなり、ネットの普及で不動産情報も数多く取得出来るとなると、今後はその中で

 

 

 

何を選べば良いのか。どういった点がメリットで、どういった点がデメリットなのか。そういった点をしっかりと「事前把握」する事が必要になってきます。

 

 

 

そしてここにこそ「不動産業者」の存在価値があると思っおります。

 

 

 

ということでまた、何なりとご相談いただければ幸いです。

 

 

 

・・・

 

 

 

ちょっと今「柿の種」を食べていて、ふと思いついたので書き散らしてみました。具体的な不動産情報じゃなくてスミマセン。その辺は個別ご相談いただければ幸いです。それでは!

不動産探しは今後、「情報力」ではなく「〇〇〇」が重要になるでしょうね。という話