住宅売買取扱専門店 有限会社ランド・プラン

高岡市、小矢部市、射水市、氷見市、砺波市の不動産(中古住宅・新築一戸建)売買専門店 ℡(0766)28-5670

不動産業界の裏側。リフォーム住宅が売り出されるまで。

ランド・プランは、「中古住宅を買い取って、リフォームして、販売する」という仕事がメインの不動産会社です。

 

 

しかし、「販売」の方は、チラシやネット上での情報で「目に見える」のですが、その前の「中古住宅の買取り」と「リフォーム」というのは中々目に見えません。と言う事で、本日はその辺をご紹介しておこうと思います。この点が分かっていただければ、中古住宅の購入・売却の際、絶対に参考になるはずです。

 

 

まず、中古住宅の仕入です。がその前に。

 

 

リフォーム済み住宅を販売する場合、そこまでにどれだけの時間や労力がかかっているか考えた事がありますでしょうか?例えば「お米」なんかは、良く言われますよね。「あなたの前に出される前に八十八の作業を経ているんだよ」と。

 

 

リフォーム済み住宅にしても、同じような数多くの作業がなされています。

 

 

 

まず、目ぼしい中古住宅を仕入れなければならないのですが、その為には、色んな方面に情報発信し、アンテナを高くして情報収集に努めなければなりません。

 

 

これは

 

 

「ランド・プランは中古住宅の買取りを行ってますよ。しかも、県西部で、築30年未満のものであれば、多分どこよりも高く、素早く買い取りますよ。」

 

 

という事を、あらゆる広告媒体を通じて発信する事が必要です。が、この辺はヒジョーに奥が深く、語り出すと七夕くらいまでかかると思いますので、今回はごく簡単にお伝えしてます。

 

 

 

で、その情報発信が功を奏し、良い中古住宅情報が来たとします。ここから、まずは中古住宅の調査を行います。

 

 

 

法務局や役所等での書類調査を行い、現地調査を行います。この辺も本当に大事な仕事です。

 

 

 

この後、中古住宅の「査定」という仕事があります。

 

 

 

中古住宅の査定も、そう簡単にテキトーにやっているわけではありません。公示価格や路線価、近隣の売買事例、売り出し価格を参考に、その対象不動産特有の要因(土地の形状や道路付け、面積、周辺状況、建物のつくり、管理状態、その他諸々の情報)をしっかりと精査して査定を行っています。

 

 

 

正直、かなり、疲れます

 

 

 

で、この査定ですが、ヒジョーに、神経を使うんですよ。当然、売主さんとしては「出来るだけ高く」売りたいですし、私も、それに応えたい。ですが、中古住宅も「相場」というのがあり、それと懸け離れた金額で仕入れてしまうと、今度はその住宅を後で購入いただく「買主様」に迷惑を掛ける事になるのです。

 

 

 

かといって、低い価格だと、売主様はこちらに売ってくれません。ですから中古住宅の査定は私にとって真剣勝負で、決して手を抜いてはいけない所なのです。売主様も満足し、買主様も満足する。そのギリギリのバランス感覚が必要なのです。

 

 

 

その為にも、決して手を抜いてはいけないのです。あらゆる情報を集め、あらゆる角度から考察する。そうじゃないと売主様も買主様も納得いかんでしょう。

 

 

 

さて、中古住宅の査定が終わると、その結果を不動産査定書に分かりやすく纏め、売主様と交渉しなければなりません。ちなみに弊社は最初っから目いっぱいの買取価格を提示しますので、その価格で駄目なら交渉は決裂です。ただし、私が見逃していた情報とかがあると、増額する事も、あります。

 

 

 

その交渉の結果、弊社で買い取らせていただく事が決定すると、仕入の為の準備に入ります。契約書の作成や金融機関との借入折衝、登記して貰う司法書士との折衝、そしてこれも大事なのですが、「どれだけのリフォームをして、どの時期に、どれだけの金額で販売するか。」という「販売計画」を立てなければなりません。

 

 

 

・・・長くなってますね。仕入編、次回に続きます。

 

 

 

 


Updated: 2015年6月22日 — 5:23 PM
住宅売買取扱専門店 (有)ランド・プラン Frontier Theme