住宅売買取扱専門店 有限会社ランド・プラン

高岡市、小矢部市、射水市、氷見市、砺波市の不動産(中古住宅・新築一戸建)売買専門店 ℡(0766)28-5670

不動産相談と空き家活用とクリスマス(と、ワニ&ビン)

本日はいくつかお伝えしたい事があります。まず、本日は朝からお客様のご自宅にお邪魔させていただき、不動産取引の打ち合わせをさせていただいておりました。

 

 

 

いつも言ってますが、別に「他の不動産会社様」で扱っている住宅でも、私なりにどれだけでもご協力致しますので、お気軽にご相談いただければと思います。今回もそういうお話でした。

 

 

 

今回の場合はお客様が「ネットで気になる物件」を見付けられたで私にお声掛けいただき、その物件の内覧にご一緒させていただいたわけです。

 

 

 

こうすると「私と元々の不動産会社様」の二重に手数料を払わないといけない感じがしますが、「業者売主」といった特殊な例を除き、「ごく普通の不動産仲介」の場合、私が絡んでも掛かる費用は変わりません。

 

 

 

話は変わりますが、本日の日本経済新聞のトップ記事で、なかなか興味深いニュースがありました。「空き家入居に月4万円 持ち主に改修費補助」というニュースです。

 

 

 

詳しく書くと長くなるので書きませんが、空き家を借りて住む場合、「最大で」月当たり4万円が国から支給されるそうです。(家賃補助)

 

 

 

18歳以下の子供がいる世帯や60歳以上の高齢者がいる世帯、あとは月収387,000円以下の人のみが対象だそうですが、これはかなり大きなニュースかなと思います。

 

 

 

また、空き家持ち主には「最大100万円の補修費用を支給」すると言うことで、「何とかして空き家を有効活用させよう!」という、国の本気度が伝わってきます。しかし・・・

 

 

 

 

空き家というのは、どうしても管理状態が悪かったり老朽化が進んでいる家が多く、到底「100万円」くらいでは「快適に・安全に」住めるようになるとは思えません。

 

 

 

 

貸し主(空き家所有者)の方も、ある程度の出費は覚悟しないといけないと思います。

 

 

 

 

それでも、やはり「100万円」の補助は大きいですし、今までは「キレイに直しても借り手がいないかも」という心配がありましたが、「月4万円の家賃補助」の存在で借り手の方も借りやすくなりますので、その分「空室リスク」の恐怖感は低減し、空き家所有者の方も投資はしやすくなるでしょう。

 

 

 

実際の運用は「早くて来年秋」という事ですので、また今後もこの制度に関しては注目していきたいと思います。

 

 

 

 

ちょっとややこしい話が続きましたので、最後はクリスマスネタで。

 

 

 

 

昨晩、無事サンタさんがあらわれ、プレゼントを置いていってくれたようです。長男の方は希望通り「ワニのおもちゃ」

 

 

2016-12-25-14-25-06

 

 

この写真は、危うく私がワニに食べられそうになっている瞬間です。

 

 

 

 

こんなモン、何が楽しいのかよく分かりませんが、男ですのでね。バカなんでしょう(笑)

 

 

 

 

そして、本日は娘の誕生日と言うことでプレゼントを買わされたのですが、欲しがったのが「瓶」。ビンです。何故か彼女は「瓶」を収集する癖があるのです。

 

 

 

 

ほんま変なヤツ・・・

 

 

 

 

ちょっとまとまりのない話になりましたが、クリスマスなのでご勘弁下さい。それでは!


Updated: 2016年12月25日 — 4:59 PM
住宅売買取扱専門店 (有)ランド・プラン Frontier Theme