不動産(住宅)を探す時、私が一番大事にしている事。(牡蠣ビール理論)

昨日は「(公社)富山県宅地建物取引業協会高岡支部」の通常総会がありまして、その後、弊社にて中古住宅の売買契約を交わしておりました。

 

 

T様におかれましてはご契約誠にありがとうございました。また引き続き頑張っていきますので、最後までよろしくお願い致します。

で、突然話は変わります。唐突ですが私は

 

 

 

 

「牡蠣」が食べられないのです。というか嫌いです。恐らく「食べ物」の中で唯一「ガチで食べられない食材」です。

 

 

 

というと「えー!?あんな美味しいモノを?勿体ない!!」と言われることが殆どですが、好き嫌いは人それぞれ。どうかそっとしておいていただければと思っています。

 

 

 

これは「カラオケ」も一緒ですね。

 

 

 

私も他人様が「牡蠣を食べる事」や「カラオケで歌うこと」は一切邪魔立てしませんし、そういう事を好む人を変な目で見たり思う事は一切ないので、是非「そうじゃない人もいる」という事は理解していただきたいと切に願っております。

 

 

 

で、「何故こんな話をしているのか?」ですが、不動産業なんていう仕事をしていますと「人それぞれだなあ」と言う事を日々思うからです。

 

 

 

ある方は「賑やかな所がいい」といい、

 

 

ある人は「静かな所がいい」といい、

 

 

ある人は「庭が欲しい」と言いますし、

 

 

ある人は「庭なんていらないから駐車スペースが欲しい」と言われます。

 

 

ある人は「対面キッチンがいい!」と言いますが、

 

 

ある人は「背面式じゃないとイヤなんです」と言われます。

 

 

ある人には「和室は嫌いです。何で和室があるのか意味分かりません」と言われるのですが、

 

 

ある人には「和室が一番落ち着くので、和室のある家が良いんです」と言われます。

 

 

「明るい内装が好き」という方がいれば

 

 

「ダークな内装が好き」という方もいます。

 

 

まあさすがに

 

 

 

「汚い家が好きです」という方には今までお目に掛かった事はありませんが、

 

 

 

「掃除は好きなんで、自分で綺麗にします。その分安いんで全然構いません」という方もいます。

 

 

 

大きい敷地と大きい家がお好きな方もいれば、そんな大きい家は管理も掃除も大変だからイヤという方もいます。

 

 

 

と、一個一個挙げていくとキリがないのですが、不動産業者をやっていると、本当にワケ分からんようになってきます。「一体、何が良い不動産(住宅)なのか!?」と。

 

 

 

しかし私の答えは決まってまして、それは

 

 

 

「その人に取って良い不動産(住宅)」が「良い不動産(住宅)」という事です。

 

 

 

高かろうと安かろうと、人気があろうとなかろうと、新しかろうと古かろうと、価格も含め「自分の好み・考え方・生き方」に合っていれば、それこそが「良い不動産(住宅)」と思います。

 

 

 

なので、大勢の方を対象に一律で「これはオススメ物件です!」というのは出来ないはずなのです。何故なら人それぞれで

 

 

 

「好み・考え方・生き方が違うから」です。

 

 

 

少なくとも私はやりません。やるとしたらお客様の情報(好み・考え方・生き方)をしっかりお聞かせいただいた上で

 

 

 

「これが貴方に最適だと思います!」という事しか出来ません。

 

 

 

とにかく「人に合せた」選択と判断が必要で、私が目指す不動産業はそれです。「美味しい牡蠣だから薦める」のではなく

 

 

 

「牡蠣好きな方には美味しい牡蠣を薦め、ビール好きな方には美味しいビールを薦める」と言うことです。(これが世に言う「牡蠣・ビール理論」です。ウソ)

 

 

 

なので皆様、またお話お聞かせ下さいませ。貴方の好み・考え方・生き方が分かれば、それに合せた「最良の不動産」はご紹介出来ます。

 

 

 

・・・

 

 

 

出来るはずです(笑)

 

 

 

ちなみに、今日明日は高岡市角の方におりますので、会社は留守にしております。ご注意下さいませ。