中古住宅で「ハマる住宅」に出逢えるのは「奇跡に近い」という話

このブログ、だーれも読んでないようで、ちゃんと読んで下さる方がいらっしゃいます。

 

 

昨日も、思わぬ方からご連絡いただきました。その際はお伝え出来ませんでしたが、お読みいただき、誠にありがとうございます。

 

 

でその際「個性的」というのが一つのキーワードになりました。「プライベートタイムっす」とか言うウチの娘の話ですね。

 

 

個性的と言うと、ウチの娘はアイパッドで「ツイッター」を見るのが好きです。しかし、自分ではそこに書き込みません。書き込んでいるのは「紙」

 

 

「A4のコピー用紙」に、なんかずらずらとツイートしているのです。もとい、書き込んでいるのです。その数数十枚。

 

 

大体、何かにツッコミを入れている内容です。娘の名誉に関わるので、細かくは書きませんが。

 

 

 

あと、「都市伝説」が大好きで、そういったページを探して嬉々として私に報告してきます。昨日は

 

 

 

「となりのトトロは死者の話」という不気味な話を笑顔満載で話しておりました。

 

 

 

で、結局今日は何を言いたいのかと言うと、人間にはこのように一人一人全く違う「個性」があるのですが、不動産、特に「中古住宅」も、実はすんごい個性の詰まった存在なんです。

 

 

 

地域もそうですし、場所もそうですし、方角もそうですし、大きさも、土地の性質も、建物の質も、築年数も、間取りも、設備状況も、それぞれ全然違います。

 

 

 

逆に言うと、その「個性たっぷりの」中古住宅がちょうど「ハマる」というのは、すんごいラッキーな事なんですよ。

 

 

 

私のお客様の中でも、「ずーっと中古住宅を探しているけどハマらない」という方は多数いらっしゃいます。どうしても「ぴったりな個性」に出逢わないのです。

 

 

 

ですから貴方がもし「これ、自分にハマりそうかも!」と少しでも思ったら、それは相当幸せな事です。なかなか、自分にハマるモノが自分の思う価格で出る事なんて、現実問題として非常に低い確率なのですから。

 

 

 

 

ちなみに私、娘は「個性的で良かった」とは思ってません。個性的であろうと人並みであろうと、与えられ、引き受けた運命です。

 

 

 

 

相手するしかないじゃないですか(笑)

にほんブログ村 住まいブログ 中古住宅へ
にほんブログ村