住宅というのは、買ってからが勝負なのです。

という、ノーガキっぽいタイトルにしてしまいましたが・・・。読んで下さるでしょうか?

 

 

先日、あるお客様から以下のようなメッセージをいただきました。

 

 

物置の方も無事手配が終わり、年内には設置が出来そうです。
家の方は、私なりに住みやすいよう工夫するのにハマっています。要所にセンサーライトを設置したり、壁寄せテレビスタンドを置いて省スペースの有効活用など、いろいろ工夫することに楽しみを感じています。
家を持つのは幸せなことですね。

 

 

はい!感動ポイント来ました!!ここは住宅関連の仕事をしている人間にとって「泣くところ」です!!

 

 

「家を持つのは幸せなことですね」

 

 

不動産屋冥利に尽きますね!!!!!!

 

 

住宅というのは、シンプルに言うと「売り手と買い手のコラボ作品」です。売り手だけでは不十分で、実際に住まわれる「買い手」のお客様の力が非常に重要です。とにかく、どちらかだけの力ではダメなんです。「双方で」良くしていかなければなりません。

 

 

「売り手と買い手」と書くと、何やら対義語のような、敵対関係にあるような感じがするかも知れませんが、私はやはり「お互い同じ方向に向かって」力を合わせていくイメージが大事と思います。

 

 

・・・思うだけで、特にオチはありません(笑)

 

 

ということで、皆で力を合わせて、頑張って行きましょうよ~

 

 

と、言う事です。私も「完璧」ではありません。どうかお助け下さいませ <(_ _)><(_ _)><(_ _)>