住宅売買取扱専門店 有限会社ランド・プラン

高岡市、小矢部市、射水市、氷見市、砺波市の不動産(中古住宅・新築一戸建)売買専門店 ℡(0766)28-5670

住宅も不動産屋も、問題は「後継者不在」という話&しりとり話

現在「空き家」の問題がよく取り上げられています。空き家。いろいろ問題はありますが、結局のところ「後継者不在」という話です。

 

 

 

誰も住まないので、だれも管理しない。管理しないので、劣化するし、何かあったとき、すぐに対応出来ない。売ろうにも誰が後継者(相続人)かよく分からない。後継者自身も、その家をどうこうしたいという気持ちもない。

 

 

 

親が家を建てても、お子さんがその家を必ずしも引き継ぐとは限りません。最近多いのは「二世帯住宅を建てたけど、ワケあって別居したい」というケースです。気持ちは分かります(笑)

 

 

 

あと、バブル頃(平成初期)に建てられた住宅は、結構大きいものが多いです。大家族(というか5,6人程で住むような家)も、現代から見ると「大きい」場合が多いです。

 

 

 

これも、子供が大きくなったらそこに住んで貰おうと思っての事なんですが、やはりお子さんはお子さんで考えがありますので、出ていかれるケースも多いです。少なくとも私の周囲では。

 

 

 

後継者なんですよ。問題は。

 

 

 

私も、この会社でいうと「後継者」です。「後を継がない」という選択肢もありましたし、当初完全にそっち寄りの考えだったんですが、何の因果かズッポリと後継してます。

 

 

 

人生、何があるか分からないものです。タイムマシンがあったとして、小学校の時の私に「お前は将来不動産屋になるんだ」と教えたら、ショックで寝込むと思います(笑)

 

 

 

私が小学校の頃はバブル全盛で、「不動産屋」というと、なんだかダーティな、ヤ○ザ的なお仕事だと思っていたのです(笑)

 

 

 

話は変わりますが、私は今40歳です。初代から引き継いで二代目になったばかりですが、既に三代目をどうするか考えております。

 

 

 

別に自分の子供に継がせる気はありませんが、「能力があれば」継がせても良いなとは思います。「やる気」はどうでもいいんですが「能力」が必要だと思っています。

 

 

 

そして不動産屋に必要な「能力」は、私が思うところ以下の二点です。

 

 

 

1.「想像力」

お客様が「何を望んでいるのか?」把握出来ないと意味ありません。どれだけ頑張ろうと。そして「何を望んでいるのか?」把握するためには「想像力」が欠かせません。

 

 

 

2.「人間関係で悩む事から逃げない」

不動産業というのは結局のところ「人間関係」に行き着きます。つい逃げ出して後回しにしたり他の人に頼ったりしてしまいますが、逃げたり頼ったりしているだけでは、成長も成果も生まれません。

 

 

 

と思います。話が難しくなりましたが、ウチの三代目は、「想像力」だけはあるかもしれません。こんな「しりとり作品」を創るくらいなので(笑)

 

1

 

最後を「ウコン」で締める所なんかは秀逸です。ガキ大将がサングラスを掛けているところも素晴らしい想像力です(笑)

 

 

 

とにかく、家であろうと仕事であろうと「自分一人」で出来る事は限られます。親子であれ上司と部下であれ「人の繋がり」無くして物事は進みません。連綿と続いていくのです。

 

 

 

それこそ「しりとり」みたいなモンですよ(笑)

 

 

 

 

お互い「ん」で終わりにならないように、頑張って受け継いでいきましょう(笑)


Updated: 2016年12月2日 — 5:01 PM
住宅売買取扱専門店 (有)ランド・プラン Frontier Theme