住宅売買取扱専門店 有限会社ランド・プラン

高岡市、小矢部市、射水市、氷見市、砺波市の不動産(中古住宅・新築一戸建)売買専門店 ℡(0766)28-5670

住宅ローンがとんでもないことに。北○銀行の思い切り。

今回は住宅ローンの話です。本日の朝刊は読まれましたかね?

 

 

 

と、その前に。相模原で飛んでもない事件が起こりまして。

 

 

 

うーん・・・。やはりやめておきます。

 

 

 

住宅ローンの話にします。皆様もご存知の通り、現在住宅ローンの金利が異常に安いです。例の「マイナス金利」も当然影響しているのですが、とにかく歴史的な安さです。

 

 

 

で、本日の朝刊(北日本新聞第5面)ですが、そこにはこうあります。

 

 

 

住宅ローン金利一律0.3%下げ

北國銀

北國銀行は、27日から固定型の住宅ローン金利を一律0.3%引き下げる。期間2年の最優遇金利は0.4%、同3年は0.5%、同10年は1.1%とする。

日銀のマイナス金利政策に対応した。

同行によると、北陸の金融機関で最低水準という。

 

うーん、北國銀行さん、思い切った積極策ですね!2年で0.4%って・・・。0.4%って・・・。とんでも無い数字ですよ・・・

 

 

これは恐らく、他の金融機関も追随せざるを得ないでしょうね。本当は「金利」だけではなく、色々な要素を検討しなければならないのですが、やはり「金利」は住宅ローン選びのいわば「本丸」です。どうしてもその点の勝負は避けられないでしょう。

 

 

いやしかし、0.4%って。(しつこい)

 

 

 

うーん。私が心配するのもオカシイのですが、これで銀行さんはやっていけるのでしょうか?やっていけるのでしょうね。恐ろしい・・

 

 

 

しかしまあ、今から住宅を購入しようとしている方にとっては、金利が低いというのは嬉しい事です。たーだ、

 

 

 

固定金利という事を、しっかり把握して住宅ローンを選んで下さいね。今回の「0.4%」もそうですが、この場合は「2年間はこの金利で行きますよ」と言っているのですが、逆に言うと「その後の金利はどうなるか分かりませんよ」という事です。

 

 

 

この時に「優遇金利幅」が問題になってくるのです。ここがしっかり取れていれば、市中金利が高くなってもある程度の緩衝材になってくれます。

 

 

 

 

まあとにかく、世の中というのは「目に見える所」はちょっとだけです。そのウラ側や側面も見て、全体的に把握しなければなりません。

 

 

 

 

私も日々研鑽ですが、何かありましたお気軽にご相談下さい。それでは!


Updated: 2016年7月27日 — 11:05 AM
住宅売買取扱専門店 (有)ランド・プラン Frontier Theme