何故仲介手数料が掛らないのか?意外と知らない「不動産取引の裏側」

(有)ランド・プランの「自社売主住宅」には、購入に当たって「仲介手数料」が掛りません。が、これは何故かお分かりでしょうか?

 

 

不動産取引を少し知っている方すれば「売主だから当たり前だろ」と思われる方もいらっしゃるかも知れません。また「その分価格に上乗せしてるんだろ」と思われる方もいらっしゃると思います。本日はこの「仲介手数料の本当の所」をお伝えしたいと思います。

 

 

まず、不動産取引にあたっての「仲介」とは、簡単に言えば「不動産の売主」と「不動産の買主」の間に入り、円滑な不動産取引に必要となる様々な作業を行う事になります。ごく簡単に言いますと。

 

 

 

ここで、「じゃあ、直接取引すればいいじゃん」という声もあろうかと思います。が、例えば、私は今現在使わなくなった「時計を売りたい」と考えていますが、直接その時計を買ってくれる人を探すのは、結構面倒です。

 

 

今はネットを使った「オークション」等もありますので、昔に比べると非常に「個人間売買」は簡単になったと思います。が。そこには「自分でお客さんを見つける労力」と、取引に関して色々と出てくる「雑多な事務作業」が必要です。

 

 

 

特に、「自分でお客さんを見つける」というのは、結構大変な事です。何故なら、貴方だって高額な商品を買う時は、色々検討しますよね?「もっと良いのが無いか?」とか「もっと安いのが無いか?」とか「この会社、本当に大丈夫な会社なのか?」とか。

また、不動産取引には色々な知識や情報というものが必要です。不動産を売るにしても買うにしても、それなりに「勉強」しないとちゃんとした取引は出来ません。

 

 

 

という事で登場するのが不動産業者、特に「仲介業者」という存在なのですが、そういった「知識や情報」を常日頃から蓄積してノウハウ化し、不動産を売り買いする為の設備投資を行い、そして実際に不動産取引に関するあらゆる事務作業を行う仲介業者には、一定の「対価」を支払わなければならないのは当然の事です。

 

 

 

ですから、弊社自身も、仲介業者さんから不動産を購入する時は、ちゃんと仲介手数料を払っています。不動産情報を提供してくれて、不動産取引に当たって骨折ってくれる仲介業者さんには、感謝の気持ちを込めてちゃんと仲介手数料を払っています。

 

 

 

 

要するに、「仲介業者さん」に「仕事をして貰う」と、仲介手数料が発生するのです。当たり前の事を言っているようですが、これは非常に重要な点です。

 

 

 

 

という事は、仲介業者さんに不動産取引に関する仕事をして貰わなければ、仲介手数料は発生しないわけです。そうなんです。(有)ランド・プランの自社売主住宅は、私が頑張ってお客さんを発見し、私が汗を書いて取引事務に当たれば、私も仲介手数料を払う必要はありませんし、ここが大事な所ですが、貴方も、仲介手数料を払う必要がないのです。(仲介業者が関係してませんので)

 

 

 

 

さてここでもう一つ補足ですが、弊社が売主でも、ちょっとした裏技で「仲介手数料」を貰える方法があります。それは

 

 

 

 

「不動産会社をもう一つ」作れば良いのです。(有)ランド・プランと、そうですね、(株)ホームプランとでもしましょうか。こういう会社を作って、ランド・プランが売主、ホームプランが販売事業者となれば、ホームプランが販売活動を行い、そして貴方から仲介手数料を貰う事が出来るのです。実体が「同一会社」であろうと、法人格が違えば別に何の問題もありません。

 

 

 

 

ただ、貴方は余計な「仲介手数料」を払う事になりますね。ちなみに、仲介手数料は対象不動産が2,000万円の場合、712,800円となります。消費税込で。

 

 

 

 

とにかく、弊社との直接取引であれば、この仲介手数料がいらないわけです。結構大きいメリットと思いませんか?

 

 

 

 

という事で「仲介手数料の知識」でした。貴方はどう思われたでしょうか?ご縁がありましたらまたご意見お聞かせください。それでは!


コメントを残す