先日、某銀行の方と話しておりましたら。

 

 

 

「最近はインスタ(グラムとかいう写真投稿?)とか、ラインとかのSNSが重要な営業ツールになってますんで、苦手だけど頑張って毎日更新している方が多いですよ!」

という話になりました。

 

 

 

なるほど・・・

 

 

 

とはいえ、私も結構この不動産ブログやライン等を更新してますが、全く「頑張って」いる積もりはありませんし、「仕事に繋げよう」とは思ってません。

 

 

 

まあ、

 

 

 

少しはいつか繋がればいいな」とは思いますが(笑)

 

 

 

 

しかしほぼ、書いている内容は私のストレス解消ですし、「書かないと」という義務感は全くなく、

 

 

 

 

「つい書いてしまう」という、いわば中毒症状です。

 

 

 

 

ということで、本日も不動産とか営業とは全く関係ない話を。

 

 

 

 

中毒症状と言えば、今は夏休み。夏休みと言えば

 

 

 

 

 

ラジオ体操

 

 

 

 

ではないでしょうか?

 

 

 

 

夏休みの始まりにカードを渡されると、つい毎日ラジオ体操に行ってスタンプを押して貰い、「全日程コンプリート」したくなります。

 

 

 

 

そういえば私の子供時代は、ラジオ体操の後に「1.5㎞ランニング」というのがありました。

 

 

 

 

 

朝6時半に広場に集合し、ラジオ体操。終わった直後、「よし行け!」という号令の下、近所の子供達と約1.5㎞の道路を走るのです。

 

 

 

 

 

1.5㎞とはいえ、小学生ですし、何より「朝っぱら」ですから、そりゃ疲れます。暑いですしね。正直イヤです。なので、一度弟と示し合わせて

 

 

 

 

 

「サンダル」

 

 

 

 

 

でラジオ体操に行った事がありました。

 

 

 

 

「間違ってサンダル履いてきてしまったので走れません!」

 

 

 

 

という言い訳を作って。しかしその時の監督の人に

 

 

 

 

 

「すぐ履き替えて来い!!走れ!!!」

 

 

 

 

と一喝され、一旦自宅に帰って靴に履き替え、それからまたいつも通りの行程を走った事がありました。

 

 

 

 

なんたる二度手間(笑)

 

 

 

 

 

ちなみにこの時の監督者こそが

 

 

 

 

 

私の父親でした(笑)

 

 

 

 

こういう事もあり、この時期はいつも弟と

 

 

 

 

 

「いつかお父さんをやっつけようぜ!」と語り合っていたものです(笑)

 

 

 

 

 

てことで、夏休みが来ると、毎年この(しょーもない)エピソードを思い出します。

 

 

 

 

 

しかしよく考えると、当時の父親は今の私(41歳)よりも年下。(当時37歳位)

 

 

 

 

 

 

37歳って(笑)自分で思い出しておいて吹き出してしまいました(笑)

 

 

 

 

 

 

しかしまあ「家族」というのは特別なものです。好き嫌い・愛憎はともかくとして。そしてその「家族」を守り支えるのが

 

 

 

 

「家(住宅)」

 

 

 

 

と、私は思ってます。なので私は頑張りますよ。

 

 

 

 

毎朝6時20分頃、ラジオ体操がある事を知らせるベルの音を聴くと、そういうノスタルジックな感慨にふけってしまう私でした。ま、

 

 

 

 

それから二度寝するんですけどね(笑)さ、

 

 

 

 

寝ようっと・・・。

 

 

 

 

 

明日こそは小矢部市上野本の追加記事を書きます!

儲けの為のブログは、良くないでしょう。かと言って・・・