住宅売買取扱専門店 有限会社ランド・プラン

高岡市、小矢部市、射水市、氷見市、砺波市の不動産(中古住宅・新築一戸建)売買専門店 ℡(0766)28-5670

北玄関は本当にダメなのか?現代の「呪」 不動産屋が語る「家相」話(つまり素人話)

先日ある本を読んでいると、私がとっても「嫌われる人」である事が分かりました。というのも何でも「根拠を求めてしまう」性格だからです。

 

 

 

「昔からそういうモン」というノリには、どうしても着いていけないのです。

 

 

 

「そもそも何故そうなのか?」という事を考えてしまうので、こういう思考法の人は「他人から嫌われる」のだそうです。(ま、ウザい事は間違いないでしょうね)

 

 

 

ところで本日は「家相」の話です。不動産屋をやっていると、どうしても「家相」とか「風水」の話題になる事が多いです。

 

 

 

 

そしてその中でも私が個人的に良く言われるのが「北玄関(特に北東)だけはイヤ!」というお言葉です。北東、いわゆる「鬼門」てヤツですね。

 

 

 

 

あ、ちなみに、「イヤ」というのは「生理的に受け付けられない」という場合もありますので、「北玄関はイヤ」と言われれば、私の方もちゃんと「そうじゃない住宅」を探しますので、どうかご安心下さい。

 

 

 

 

「家相・風水なんか何の根拠もないんですよ!?そんなの気にしてたら住宅なんか買えませんよ!?」

 

 

 

 

などとは絶対言いませんので、何卒ご安心下さい。だって

 

 

 

 

「家相・風水には何の根拠も無い」という発言自体、何の根拠もないんですからね。

 

 

 

 

気になってしまう場合は仕方ないじゃないですか。

 

 

 

 

そもそも家相・風水にしても手相・顔相にしても何でも我々が「言葉」として認識してしまった以上、我々には「呪(しゅ)」が掛かってしまっているのです。

 

 

 

 

厄年なんかもそうですよね。丑の刻参りなどもそうです。要するに

 

 

 

 

「悪い事が起きるかも知れない、いや、きっと起こる」などと思っていると、精神的な安定を欠き、咄嗟の判断を間違えたり、自信を持って正しい決断をする事が出来なくなる可能性が高まるわけです。

 

 

 

 

だからこそ、気になるのなら、それを防ぐ、あるいは躱す方法が必要になるわけです。なので家相的に「北玄関がイヤ」というのなら、それはそれで良いのです。しかし問題は

 

 

 

 

「その家が北玄関かどうかは、地図上でパッと見ただけでは分からない」という事です。例えば

北玄関例1

 

 

上の図で、道路の灰色(下側)の区画は、いわゆる「北向き」の敷地となります。しかし「北向きの敷地」と「北玄関」はまた話が別です。

 

 

 

 

 

そもそもですが、「家相」を調べる時は「住宅の中心から見た方角」が問題となります。道路が南にあるとか北にあるとかが問題なのではありません。

 

 

 

 

 

ちなみに、北向きの敷地でも、東玄関や南玄関にする事は可能です。(下図参照)

 

 

北玄関例2

 

しかし本当の事を言うと、東を向いているから東玄関、南を向いているから南玄関というわけでもありません。

 

 

 

 

 

何度も言いますが家相は「家の中心から見た方角」で吉凶を診るからです。

 

 

 

 

 

では、上記の住宅の「中心とは?」となると、話が長くなりますし、ネットで探せばその辺は色んな情報がありますので、私の方では触れません。

 

 

 

 

 

ただ一応結果だけ載せておくと、ここです。(赤線の交点部分)

北玄関例5

 

で、私の手作業なのでキッカリ正確ではないですが、大きな方位磁針の中心がこの住宅の「中心」で、北玄関とか東玄関とか、いわゆる「鬼門」とか「裏鬼門」も”この点を中心に”判断します。

 

 

 

 

 

となると、右の方に玄関ドアを配してみますと、この玄関は「北向き」ではありますが実は「東玄関(卯の方角)」という事になっているのが分かっていただけるかと思います。

 

 

北玄関例6

 

 

ちなみに「卯の方角」というと、一説によると「玄関、門戸構えて良し」となります。

 

 

 

 

まあ、この図だけで考えれば、素直に「東に向けて玄関作れば良いだけ」なんですけけどね(笑)

 

 

 

 

ちなみにこれも皆さんご存知と思いますが、地図では「その土地が本当に北向きかどうか」は分かりません。

 

 

 

 

地図上の北(真北)と、実際の北(磁北)は、ちょっとズレているのです。

 

 

 

 

地図上の北は、実際の北(磁北)よりも6.7度東に偏っています。(富山県の場合)

 

 

 

 

ですから、地図から「磁北(家相・風水の方位基準)」を割り出す場合は、地図上の北から西側に6.7度傾けてやらないといけないわけです。不思議ですね~。やはり地球は面白い。

 

 

 

 

あ、今回の話は、私独自の解釈も混じっているかも知れませんので、あんまり真に受けないで下さい。あくまでも私は「不動産屋」であって「家相診断師」とか「風水師」とかではありませんので。

 

 

 

 

とにかく今回私が言いたいのは

 

 

 

 

「自分自身、どれだけ納得出来るか」だと思うのです。私もこんな仕事してますと、本当に色んな住宅(ご家庭)を見ます。

 

 

 

 

家相的に問題ないのにそうでも無い家庭、家相的に問題ありそうなのに幸せそうな家庭、色々ありますが、そこで大きな影響を持つのは

 

 

 

 

「自分(達)に出来る事をどれだけやっているか」だと思っています。

 

 

 

 

どんなに良い家相でも、努力なく幸せになれるわけありません。最後は「運」という事も多々ありますが、「運」の前にやるべき事は、本当に多々あります。

 

 

 

 

「人事を尽くして天命を待つ」とは、そういう事なのではないでしょうか。

 

 

 

 

ということで、

 

 

 

 

「家相に徹底的に拘る」もよし、

 

 

 

 

「色んな対策を施す」もよし(先に挙げた「北向きの東玄関」とか風水グッズとか)

 

 

 

 

「そんなモノには頼らない!自分の人生は自分自身で切り開く!」

 

 

 

 

というのも、また良しです。

 

 

 

 

要は

 

 

 

 

 

「自分自身が納得出来ればそれでいい」のですから。

 

 

 

 

 

さ、自分自身が心から納得出来る物件探し、自分自身が心から納得出来るお仕事の為、お互い頑張っていきましょう。それでは!


Updated: 2017年5月10日 — 7:40 PM
住宅売買取扱専門店 (有)ランド・プラン Frontier Theme