基本に戻りましょう。中古住宅のメリット・デメリット・リスク・チャンス

昨日、私の近しい人間から「家を持とうかと思っているが、新築は高いし、中古住宅で探そうかと思っている」というような話がありました。

 

 

それに伴って「中古住宅を買う時に気を付けないといけないことは?」と言う事も。

 

 

ふむ。まずもって、新築はこう、中古はこう、と、簡単に言う事は極めて難しいのです。血液型判断のようなものです。

 

 

A型は几帳面、B型は自由人、O型は大らか、AB型は変わり者

 

 

 

というような括りが世間一般にはありますが、必ずしもそんな事もないですよね。何故なら人間は「一人一人固有の個性がある」からです。

 

 

 

不動産も、かなり個性があるモノになります。ですので、新築するのが高いとは必ずしも言えません。大きさにもよりますし、施工会社でも全然違います。

 

 

 

中古住宅も、必ずしも安いとは限りません。場所にもよりますし、大きさにもよりますし、管理状態にもよりますし、売主の考え方にもよります。

 

 

 

まあそういった諸々がありますが、それでもそれぞれに「メリット・デメリット」「リスク・チャンス」はありますので、その辺ちょっとまとめて行こうと思います。

 

 

・・・

 

 

こんなん、面白いかな?(笑)

 

 

 

ちなみに先の「近しい人間」というのは現在「それなりの都会」に住んでいる人間なのです。そして「それなりの都会」となると「土地の値段」というのも大きく影響してきます。

 

 

都会が良いのか田舎が良いのかという所も、考えどころかも知れませんね。

 

 

しかしこれまた、「都会」と言っても色々ありますし「田舎」と言っても程度問題があります。

 

 

 

こう考えると不動産と言うヤツもかなり「奥が深い」分野ですな。「家族」「人生」にも大きく関わってきますし。

 

 

 

んーーーーー。難しい・・・・。

にほんブログ村 住まいブログ 中古住宅へ
にほんブログ村