先日、ある不動産に絡んで「道路」が問題となる事がいくつかありました。結構分かりやすい事例ですのでご紹介致します。滅多にないように感じますが、結構あるんです。「道路」の問題って。

 

 

 

先日、あるお客様からこういうご相談がありました。「すごく気に入っていた中古住宅があったんですが、銀行で住宅ローンを借りようと思ったら”ダメ”と言われてしまいました。なんででしょう?」

 

 

 

当然、これだけの情報で私が何も言える事は無いのですが、よくよく聞くと、結構な田舎で、接している道路も舗装されておらず、幅員(道路幅)も狭いという事でした。ははーん。です。

 

 

 

 

いわゆる「無接道建物」ですね。これはそもそも・・・・

 

 

 

 

長くなりそうですね(笑)ごく簡単に。

 

 

 

 

そもそも日本の法律では、「建築物」は幅員4メートル(地域によっては6m)の道路に2m以上接してないと建てちゃダメ!という規定があります。ご存知「建築基準法」ですね。

 

 

 

 

しかし問題は「幅員4メートル」という所もそうなんですが、それよりも「道路」の定義です。我々が普通にクルマで走ったり歩いたりしている道路が、必ずしも「建築基準法上の道路」にはあてはまらない場合があるのです。

 

 

 

 

ここは、結構重要です。ややこしいです。私も当初、ワケが分かりませんでした。簡単に言います。

 

 

 

 

今現在、普通に、現実に「幅員4m以上道路に2m接して」いるからと言って、これがそのまま「建築基準法に則っている」とは言えないのです。その道路がどんな道路なのか、ちゃんと調べる必要があります。

 

 

 

 

道路を調べる際も、その道路が「国道」なのか「県道」なのか「市道」なのか「私道」なのかで、調査相手も変わってきます。

 

 

 

 

相変わらず何を言いたいのか忘れていってますが・・・。つまり道路は大事という事なのです。下手をすると住宅ローンも借りれませんし、建物を建てる許可が出ない場合もあります。

 

 

 

 

また富山県の場合、公道(国道・県道・市道)には「除雪車が入る」が、それ以外の道路には「除雪車が入らない」という問題も出てきます。

 

 

 

 

ほんの一本、道を入ってくれれば良いだけなのに、除雪車は入ってくれません。自分達(国・県・市)の管理道路じゃないからです。

 

 

 

 

まあこれは原則であって、住民の皆様からの要望があれば、場合によっては入ってくれることもあります。(が、我々業者から言ってもダメ。あくまでも”住人の皆様が”協力しないと聞いてくれません)

 

 

 

 

さて、あなたのお住まいに接している道路は誰の所有で、誰が管理している道路でしょうか?ご興味あれば調べてみて下さい。それでは!

実はすんごく重要。「道路」の話