住宅売買専門店 (有)ランド・プラン

高岡市、小矢部市、射水市、氷見市、砺波市の不動産(中古住宅販売・中古住宅買取・新築住宅販売)専門店 ℡0120-08-5670

射水市手崎ご契約いただきました。&私の住宅ローン失敗談

射水市手崎、本日ご契約いただきました。

無題

毎日色々ありますが、物件を気に入っていただけるのは、本当に嬉しいものです。

 

 

 

毎日毎日、「なんでこんな事してんだ?」と思ってしまう日々ですが、とにかく「物件を気に入っていただけると」本当に嬉しいです。

 

 

 

やってきた甲斐があると言いますか。

 

 

 

ところで「苦労する身は厭わねど、苦労し甲斐のあるように」って言葉をご存知ですかね?幕末の雄・高杉晋作の名言ですが、本当にその通りです。

 

 

 

ラクしたいとは思いませんが、とにかく「苦労し甲斐のあるように」生きたいものです。

 

 

 

さて。

 

 

 

先日の住宅ローンの続きをお話致しましょう。不動産取引のプロでファイナンシャルプランナーで元消費者金融マンのくせに「1.8%」という高い金利で住宅ローンを組んでいる、私の話でした。

 

 

 

で、結論から申し上げますと、金利1.8%から、0.8%への引き下げは可能でした。が。

 

 

 

「やってもやらなくても同じ。むしろ損」という結果となりました。具体的にいきましょう。

 

 

 

 

私は「10年固定・1,8%」で住宅ローンを組んでいるのですが、金利を下げるには、これを例えば「2年固定」等のローンに切り替える必要があるのです。しかし。

 

 

 

 

10年と言う固定金利期間の途中で契約内容を切替と、「違約金」が発生してしまいます。これが10,800円。

 

 

 

 

で、10,800円を払って契約内容を切り替えると、年間返済額で約9600円得します。ですから、10,800円払っても、1年以上払い続けないと「得」は出ません。

 

 

 

 

では、その次の年も払って「9600円浮いた!」と思っていると、「2年固定」なので、更新の時期が来てしまいます。この更新手数料が10,800円。

 

 

 

 

・・・・

 

 

 

 

分かります?「全く意味ない」のです。金利が下がって2年間で19,200円返済額が下がるのですが、その為には21,600円払わないといけないのです。

 

 

 

 

勿論、これはH銀行さんの場合で、しかも私の場合「借入残高」が少ないのでメリットが出ないのであり、場合によってはすごくメリットが出る場合もあります。

 

 

 

 

 

とにかく、私の場合は「10年固定」という安心感と「その間手続き不要」という、面倒の無さを重視して選んでしまったので、仕方ありません。

 

 

 

 

こういう事があるんで、私は最近個人的に「○○○○○○」さんの「短期固定」の住宅ローンをお奨めしているんです。

 

 

 

 

さて、ここから導き出される結論はなんでしょうか?それは

 

 

 

 

 

「人は失敗からしか学ばない」と言う事です。さあ皆さん、私の失敗を乗り越えて、「勿体無くない」住宅ローンを組んでくださいね!!


Updated: 2016年6月18日 — 2:10 PM
住宅売買専門店(有)ランド・プラン Frontier Theme