住宅売買取扱専門店 有限会社ランド・プラン

高岡市、小矢部市、射水市、氷見市、砺波市の不動産(中古住宅・新築一戸建)売買専門店 ℡(0766)28-5670

年間50万円!?気になる「住宅維持費」と住宅火災保険の真実。

これは個人情報の開示でもなく、何かに対する批判でもありません。ただ「事実」を述べたいだけです。

 

 

 

本日、ある中古住宅の売却相談の為、某中古住宅にお邪魔させていただいていたのですが、そこで「住宅の維持管理費が大変」という話になりました。

 

 

 

確かに住宅という「不動産」である以上、固定資産税は掛かりますし、住んでいれば当然、水道光熱費も掛かります。

 

 

 

 

で、今回の場合、「固定資産税」は、年間10万円程という事でした。

 

 

 

年間10万円。まあまあ、安いとは言いませんが、良くある話です。

 

 

 

ちなみに、昨日お邪魔した住宅の固定資産税は「年間50万円」でした。いや、それはキツいでしょう・・・

 

 

 

話は戻ります。

 

 

 

 

固定資産税も、色々問題はあるかも知れません。不動産が「ザ・財産!」であった時代には、それ相応の意味を持っていたとは思います。「売ればお金になる」という財産ですからね。

 

 

 

 

しかし、

 

 

 

 

今は「売れない(お金にならない)不動産」というのも、普通にあります。そういった不動産(所有者)に一律の固定資産税を課すのは、可哀想な(逆に不公平な)事もあるのですが、

 

 

 

この辺は「民主主義」という所で決められた事ですし、そもそも私は政治家ではありませんので、この辺でやめておきます。

 

 

 

 

問題は、「民主主義」ではなく「自分自身で」決められる分野です。具体的に言うと、今回の場合は「火災保険」です。

 

 

 

 

固定資産税は、自分の力では変えられません。行政と協議したり、司法に訴える事で適正な数値に下げる事は不可能ではないのですが、やはりかなりのハードルがあります。

 

 

 

 

 

しかし、「自分の住宅」の火災保険は、「自分の意思で」変えられます。

 

 

 

 

といっても、私も、「年間数万円」という火災保険までどーのこーの言ってるんじゃありません。今回のは

 

 

 

 

 

「一年間40万円超」の火災保険なのです。

 

 

 

 

繰り返しますが、これは批判ではありません。年間40万円の火災保険ともなれば、補償も厚いですし、いわゆる「掛け捨て」ではない、「返ってくる」火災保険とは思います。しかし

 

 

 

 

それが「その住宅に住んでいる人の」ニーズに合っているかどうかは、全然別問題です。そして

 

 

 

 

「もしニーズに合ってない保険」に年間40万円も負担させているとすれば、これはゆゆしき・・・

 

 

 

 

やめておきましょう・・・。それも正当な商行為であって、私が咎めるべきものではありません。

 

 

 

 

ただ、あくまでも「私」個人とすれば、「年間40万円」の火災保険は、払えません。「私なら」ですけどね。(私がケチくさいだけなんでしょうね)

 

 

 

 

さて、本日は少々生々しい話でしたので、最後に可愛い写真で納めましょう。私の長男作の本です。

 

 

2017-01-31 20.49.49

 

ちなみに、さっき娘の所に行ったら「おとうさん、あっち行って」と冷静に言われました。

 

 

 

 

なんとなくここでは「子供に好かれているイイお父さん」を演じてますが、実際はそうでもないのです。

 

 

 

 

別にいいけどさ!!!!


Updated: 2017年1月31日 — 8:58 PM
住宅売買取扱専門店 (有)ランド・プラン Frontier Theme