住宅売買取扱専門店 有限会社ランド・プラン

高岡市、小矢部市、射水市、氷見市、砺波市の不動産(中古住宅・新築一戸建)売買専門店 ℡(0766)28-5670

敵は本能寺にあり。不動産購入にあたっての最大の敵!

今日は私の話を致します。(大体いつもそうですが)

 

 

 

私、今真剣に「新居」を検討しております。新築住宅でも中古住宅でも、私の甲斐性(安月給)で買える住宅なら何でも良いのですが、とにかく新居が欲しいです。

 

 

 

先日、インフルエンザで寝込んでいた件はお伝えしておりましたが、その際の「母のダンス」でかなり精神的に追い詰められました。

 

 

 

「このまま、この家で死んでいくのか・・・」と思うと、死んでも死にきれないと思った次第です。しかしここで問題が。

 

 

 

ウチの娘が、「この家がいい!」と言うのです・・・。何が良いのか分かりませんが、ウチの娘はとにかく「変化」をイヤがるんです。

 

 

 

「今までと違う事」が嫌いなので、「今までと違う家」となると、嫌悪感が先立つわけで。

 

 

 

普通、「新しい家」となると、女性は喜ぶものと思ってましたが、ウチの娘は、私に似ずかなりの変わり者なので、全くテンションが上がらないのです。娘の部屋も用意してやるというのに。

 

 

 

しかし、イヤなものはイヤというのも分かります。しかし、私は今の家がイヤ。なんとも苦しい所です。

 

 

 

 

不動産取引に携わっていると、こういう場面に良く出会います。さすがにウチみたいに「父と娘」のガチ対決!というのはあまり無いですが、「ご夫婦での意見の衝突」「親子の意見の衝突」は、日常茶飯事です。

 

 

 

 

しかし「同じ屋根の下」に住む以上、やはり「家族皆満足」というのが理想ではあります。

 

 

 

 

でもねえ・・・

 

 

 

 

お客さんの意見衝突の妥協案作成やトラブル回避案の作成、意見のすり合わせは苦手ではないのですが、「自分の家族」となると、とたんに苦手意識が先にきます。

 

 

 

 

特に娘と議論するのは、本当にイヤなんですよね。不毛ですし(笑)

 

 

 

 

まあとにかく色々問題はありますが、私も次の3月で41歳。そろそろ「自分の為の」決断をしても良いんじゃないかなあと、自分で勝手に思っています。

 

 

 

 

死ぬときは、やっぱり「自分の好きな家で」死にたいなあと思うようになりました。早いですかね?(笑)

 

 

 

他人様の住宅ばかりお世話してきて、自分の住宅には無関心だったのですが(キッチン半年以上水漏れ中w)、最近ヒジョーーーに「自分の家が欲しい!」と思うようになりました。

 

 

 

なので、住宅ローンとかも真剣に勉強しております。今までよりも(笑)

 

 

 

てことで、皆様と同じ立場で、よりよい提案が出来るようになっていると自負しております。中古住宅も新築住宅も、色々見たり携わってきましたし。

 

 

 

何を言いたいのか忘れてしまいましたが、とにかく、私も頑張ってますので、是非、一緒に頑張りましょうよ!楽しく、充実した人生を送る為に!それでは!


Updated: 2016年12月23日 — 9:02 PM
住宅売買取扱専門店 (有)ランド・プラン Frontier Theme