住宅売買取扱専門店 有限会社ランド・プラン

高岡市、小矢部市、射水市、氷見市、砺波市の不動産(中古住宅・新築一戸建)売買専門店 ℡(0766)28-5670

日本人なら知っておくべき。歴史から考える不動産の特殊性。と、私の覚悟。

なんだか小難しそうなタイトルにしてしまいましたが・・・。果たしてこんなタイトルで読んでいただけるのでしょうか・・・?

 

 

先日、富山県呉西地区を中心とした約85の不動産関連業者で構成された不動産業界団体「不動産流通ネットワーク コアネット」の定例会が行われました。

11392886_859401564154128_1562365016431048114_n

写真右から二人目が私ですが・・・。こう見ると、足は広げてますし一人だけお茶置いてますし、なんだか態度が悪いですね。心より反省致します・・・

 

 

今回は「結果を出す人の生き方に学ぶ「覚悟」のすゝめ」というテーマにて、吉田松陰の生きざまを通じた「覚悟」に関する講演会とパネルディスカッションが行われました。私はパネラーの一人です。

 

 

 

内容の方は、長くなりますので紹介は控えますが、確かに人生において「覚悟」というのは非常に大切な事です。そして、住宅を購入するという事にも「覚悟」が必要です。

 

 

 

「住宅が欲しいな」「住宅を持ちたいな」「何か良い住宅が出ないかな」と考えているだけでは、当たり前ですが住宅は買えません。

 

 

 

と言っても、不動産業者が「これは良いですよ」「これは買っておかないと後悔しますよ」と覚悟を迫っても、覚悟というのは他人から与えられるものでは無いのであんまり意味はないでしょうし、私も、他人から覚悟を迫られるのは好きではありません。

 

 

 

と、私はこんな話をしたかったわけでは無かったのでした(笑)本日は「不動産の特殊性」のお話です。

 

 

 

日本という国は、国土が非常に狭いです。世界地図を見れば一目瞭然ですよね。で、その狭い国土に比較的大勢の人が居住してきました。何故なら、日本は海産物にも気候にも恵まれ、「人間の生存に適した地理的環境」であり続けてきたからです。

 

 

 

それなのに、この狭い国土の中には「山岳」が沢山あります。山岳というのは、基本的に「大勢が居住するには適さない場所」です。

 

 

 

となると、平地、しかも「耕作」に適した、大きく開けた場所に人が集まるという流れになります。するとどうなるか?

 

 

 

狭い国土の中で多数の人が「良い土地」を欲しがりますので、ここに「競争」が生じます。弥生時代辺りの「水争い」や戦国時代の「国取り」も、突き詰めれば「良い土地の取り合い」です。

 

 

 

有名な話なので書くのも面倒くさいですが「一所懸命」というのは「一所」に命を懸けるという事です。

 

 

 

 

・・・土地の為に「命を懸ける」んですよ?それだけ日本人にとって「土地」というのは特殊で重要な財産なのです。

 

 

 

ということは。

 

 

 

我々不動産業者というのは、その日本人が昔から大切にしてきた「土地」を扱う専門家ですので、その仕事は、とても重要なものであるという事になります。

 

 

 

だからこそ。

 

 

 

「やっぱり真面目に仕事せんなんなー」という覚悟を固めました(笑)

 

 

そういえば先日、パネルディスカッションを終えた後、ある方に「高野さんは”直球勝負”の人だから」というような事を言っていただきました。

 

 

 

決してそんな事はなく、私だってカーブやフォークも(時にはナックルも)投げるのですが、「手を抜かない全力投球」という事では、間違いないと思います。手を抜けないのです。怖くて(笑)

 

 

 

と言う事で、私はこの仕事で頑張って行く覚悟を固めましたので、貴方も、もし良かったら「ランド・プランの住宅を買う!!」という覚悟を固めていただければありがたいです。

 

 

 

 

という、いかにも不動産業者的な「覚悟のすゝめ」でした(笑)

 

 

 

 

 

 

 


Updated: 2015年6月14日 — 12:12 PM
住宅売買取扱専門店 (有)ランド・プラン Frontier Theme