本日私、断筆宣言致します。

 

 

あ、ブログじゃないですよ。じゃあ何を断筆するかって?(娘の言い回しのマネ)

 

 

・・・

 

 

図面です。

 

 

 

私もう、不動産に関して図面(住宅プラン等の事)触りません。コンセプトだけお伝えして、後はプロ(専門職)に任せます。

 

 

 

理由は

 

 

昨日述べた通り

 

 

私に

 

 

空間把握力と立体的センスがないから!

 

 

 

に尽きます。(センス自体は悪くないと思ってますので、敢えて「立体的センス」と限定しています)

 

 

 

この旨、現在一緒に仕事している建築業者さんに言ったら

 

 

「高野さんの言葉は具体的で明確なので、そっちのほうがありがたいです」

 

 

続けて

 

 

「図面ですと、正直、意図がわかりにくいです(笑)」

 

 

 

と言われてしまいました。ガツーン・・・↓

 

 

 

しかし、ハッキリ言ってくれてありがたいです。人間も住宅(不動産・物件)も

 

 

 

一長一短

 

 

 

がありますからね。しゃーないです。無理しても仕方ありません。私は「私に出来る事」を淡々とやっていきます。なので今後、

 

 

 

一切図面触りません!

 

 

ヘン!!

 

 

 

さ、気を取り直して。本日は「不動産(住宅)のお値段」のお話です。先日、あるアンケートで

 

 

 

「価格は少し高いと思いましたが、場所が良いので割と早く決めました」

 

 

 

と頂いた旨をご紹介しました。この点、少し説明が必要だと思ったので補足です。

 

 

 

 

この時は、私が値付け(価格設定)をした住宅ではなく、他に売主様がいて、既に不動産市場に出ている物件だったのです。

 

 

 

正直私も「ちょっと相場から考えると高めだな」と思いましたので、正直にその旨をお客様にもお伝えし、比較となるような住宅もご紹介しました。

 

 

 

私としてはそっち(私が紹介させていただいた方)で取引いただいた方が”ビジネス”としては旨味があったのですが、とにかくこういうのは

 

 

 

「正直に情報提供して、お客様自身に決めて貰う」のが一番だと信じてますので、全てさらけだして、後はお客様の判断に委ねたケースでした。

 

 

 

まあ、結果としてお客様は

 

 

 

「価格は少し高いと思いましたが」

 

 

 

「駅から近い割に静かで買物も便利で満足しています」

 

 

 

とありますので、私としては「良かった~」と思っております。で、とにかく本日お伝えしたいのは

 

 

 

私も不動産業のプロですので、「ちょっと高いな」というのはすぐ分ります。

 

 

 

分りますが、売主様には売主様の事情がありますので、私の力を持ってしても、無理な事もあるのです。でも!

 

 

 

そんな中でも、ちゃんとその辺もご説明し、ギリギリ取れる、最大限の努力はしたと思っております。(なので、それも含めてお客様の「満足」に繋がっていると自負しております)

 

 

 

何を言われようと、お客様には少なくとも

 

 

 

「納得の行く不動産取引」をしていただきたいですからね。その為なら私、自分の持つ能力を全力で出し切りますよ。

 

 

・・・

 

 

どーせ図面作製はヘタクソですからね。

 

 

 

ヘン!!

 

 

 

 

さ、明日も、出来る事を頑張ります。それでは!

緊急言い訳。「この住宅、ちょっと高くない?」とお感じの貴方に。