住宅売買取扱専門店 有限会社ランド・プラン

高岡市、小矢部市、射水市、氷見市、砺波市の不動産(中古住宅・新築一戸建)売買専門店 ℡(0766)28-5670

雪が降ると、「融雪装置」のありがたさを感じるでしょう?

雪が積もりましたね。今年は非常に(異様に)雪が少ないので何か新鮮です。ちなみに、私はスキーをしないので、特に雪は、好きではありません。

勿論、富山県の場合は特に、雪が降る事によって色んな恩恵があるという事も事実ですので、「降るな!」とは思ってないのですが、やはり「あんまり積もらないでね」とは祈っております。

 

 

それはさておき。

 

 

雪が降ると、やっぱり思いますよね。「融雪装置が付いている道路って、なんてありがたいんだ!」と。

 

 

逆に言うと。

 

 

「融雪装置が無い道路って、こんな大変な事になるんだったな!」

 

 

 

という事を思い出す事にもなります。

 

 

 

ちなみに、福岡町矢部のリフォーム済み住宅は、融雪装置付いてますよ。角地なんですが、二方向とも。

 

 

 

富山県は、なんと言おうと、残念ながら「自動車社会」です。一家に一台ではなく、一人一台。

 

 

 

駅から徒歩圏内、スーパーまで徒歩圏内

 

 

というのも勿論良いのですが、電車を余り使わない世帯にとっては、価格が高いだけで、あんまり魅力が無い住宅もあります。スーパーも、良く考えると結構荷物を持って移動する事になります。スーパーだけで終わらず、他の所へ回らなければならないケースもあるでしょう。

 

 

その場合は、自動車を中心に考える方が、何かと合理的な場合もあると思います。

 

 

 

「トシを取ったらクルマの運転はしないと思うし・・・」

 

 

 

というご意見も分かりますが、何年後でしょう?そこまでのトシになるって?その時に資産の組み換えをすることも考えられます。資産の組み換えとは、例えば、その時住んでいる住宅を売却して、そのお金でもっと便利が良いが、小さい住宅に移るなどです。

 

 

 

あと、その時になると、社会がどうなっているかはサッパリ分かりません。自動車も「自動運行装置」が普通に実用化されているかも知れませんし、「お買い物宅配サービス」も、めちゃくちゃ発展しているかも知れません。

 

 

 

要するに、20年後30年後の事は、誰にも分からないのです。が、ここでハッキリ分かっている事があります。それは

 

 

 

融雪装置がないと、結構大変(笑)

 

 

 

という事です。融雪装置があるこの住宅、是非ご健闘下さい(笑)

 

 


Updated: 2016年3月11日 — 8:08 AM
住宅売買取扱専門店 (有)ランド・プラン Frontier Theme