これだけは言わせて。何故人は自分の人生を無駄にするのか?

人生は、有限です。

終わりまで、あと何秒なんでしょう・・・

当たり前ですが、人はいつか終わりを迎えます。その終わりの際に

楽しかった

と思うか

楽しくなかった

と思うか。

幸せな人生だった

と思うか

不幸な人生だった

と思うか。ここは、もしかすると人生にとって一番重要な事かも知れません。

不動産業という仕事をしていると、人の「生き様」というものと対面する事が多く、その時に

「この人は本当に”自分の人生”を生きているなあ」

と思う人と

「この人は”他人の人生”で生きてしまっているなあ」

と思う人がいます。当然、私がお薦めするのは「自分の人生」を生きる事です。

これは上から目線で文句を言っているわけではありません。私自身、どちらかというと「他人の人生」で生きている人間なので、なんとか、お互い、

「自分の人生で生きていきましょうよ!」という事を言いたいのです。

不動産に何の関係があるのか?とお思いの方もいらっしゃるでしょうが、この問題、「不動産探し」にこそ如実に表れます。具体例を挙げましょう。

ある不動産(中古住宅でも新築住宅でも)を売りに出します。お客様がお見えになります。大変気に入って下さっています。

お勤め先との位置関係、家族構成、価格、間取り、外観・内装の好みも条件にピッタリで、住宅ローンもご本人の力で全く問題ありません。

しかし、現実社会においては、ここで大きな障壁が出てきます。

ご家族(特に親御さん・お祖父ちゃんお祖母ちゃん)の存在です。

大抵、このような方々は、若い人(子供・孫)をとても大事に思っています。当然です。しかし、とても大事に思うからこそ

「大きすぎないか?」
「小さすぎないか?」
「家から遠すぎないか?」
「早すぎないか?」
「高すぎないか?」
「家なんか持って大丈夫なのか?」
「不動産屋に欺されているのではないか?」

等々、ありとあらゆる事で心配を増幅して下さいます。

しかし

その家に住むのは誰なのか。その家で家族を養っていくのは誰なのか。そして

お金を払っていく人は誰なのか。

その辺を原理原則に基づいて考えれば、「誰の言葉に最も耳を傾けるか」は明かではないでしょうか?

お父さん?

お母さん?

お祖父ちゃん?

お祖母ちゃん?

それとも

不動産屋?(笑)

そんなのはある程度聞き流していいんです。大事なのは

「自分がどうしたいのか?」

です。と、もし一緒に住む方(配偶者とか、お子さんとか)がいるのなら、当然その方達の幸せも考えて。

何度も同じような事言いますが、誰も貴方の人生を生きてはくれませんし、責任も取ってくれません。

自らの気持ち

というものを、どうか大事になさって下さいませ。

LINEで送る

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください