• 高岡市、射水市、砺波市、小矢部市、氷見市の中古住宅・リフォーム済み住宅・新築分譲住宅の事ならお気軽にご相談下さい。富山県高岡市の住宅売買専門不動産ショップ。有限会社ランド・プラン

去る3月29日は不肖・私の誕生日でした。

あ、そんな!そんなにも多数の「おめでとう!」をいただけるとは!わたくし感激です!!

という、一人芝居はその辺にしておきまして。

誕生日を気に、超久しぶりの家族旅行に行っておりました。

不動産業なんていう仕事、土曜も日曜も祝日もありません。なので、誕生日くらいは家族サービスしないとなという事で、ちょろっと名古屋方面に行っていたのですが・・・

まず良かった所から。

岐阜城・旧稲葉山城

始めて岐阜城見たんですが、やはりスゴイですね。何がスゴイと言って、

「良くあんな所に城を建てようと考えて、実際に建てたな!」

という事です。普通反対されるでしょうし、反対される事も分かるから、空気読んで作らんでしょ。

その辺はさすが織田信長です。

実際には、最初にこの地にお城(稲葉山城)を建造したのは斎藤道三だったはずですが、その時はこんな天守閣は無かったのです。天守閣を作ったのは、やはり織田信長。

そしてやっぱり岐阜城は

山の頂上に天守閣があってナンボ

です。当時、この城を見上げる庶民は本当に神々しく感じていたのではないでしょうか。

岐阜城天守閣付近を徘徊する代表者とそのネネ(長男)

天守閣自身はそんなに大きくないですし、後から復元したものですが、とにかく「山城」なんですよ。

織田信長の視点を再現する代表者とネネ

織田信長はここで国盗りの戦略を考えていたのだろうな、と、容易に想像出来る風景です。本当に周辺の状況が一望できます。天下国家を考える時、こういった

俯瞰して物事を見ることが出来る立ち位置

というのは本当に大事なのだと思いました。全体的に考えられますからね。

最後に

とはいえ、あんまり調子に乗っていると・・・

思わぬ攻撃を受けてしまうので、足元も、しっかり固めておかないといけません。

調子に乗りすぎると・・・

四方八方から、攻められっぞ!!

絶体絶命の図(笑)

という事で、岐阜城からはかなりのパワーを貰いました。

最後の最後に。岐阜城は「金華山」という名称の山に建っているのですが、金華山の標高ってご存知ですか?なんと

329メートル。ん?

何か見覚えのある数字。

全くの偶然ですが、私の誕生日が3月29日。

これは・・・

なんかあるのでは?天下取りの第一歩??

3.29

忘れられない数字になりそうだぜ・・・(誕生日だから忘れるわけないですが笑)

LINEで送る


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください