• 高岡市、射水市、砺波市、小矢部市、氷見市の中古住宅・リフォーム済み住宅・新築分譲住宅の事ならお気軽にご相談下さい。富山県高岡市の住宅売買専門不動産ショップ。有限会社ランド・プラン

不動産業という仕事をしていると「良くいただくご質問」というのがいくつかあります。そのうちの代表的なものがこちら

「広すぎると思うんですが・・・?どうですかね?」

ズバリ一言で言いましょう。

住むと、そうでも無くなりますよ(笑)あるお客様の例を挙げましょう。

このお客様は、ご夫婦お二人だけでお住まいの住宅をお探しでした。

が、私がご紹介した中古住宅は、砺波にあるファミリー向けの一軒家。

建物は49坪。確かに、普通に考えればお二人でお住まいになるには贅沢な広さと言えます。お客様も、そこは正直に「やや家が広すぎるのでは無いか」と一瞬悩みました。とあります。

しかし実際にお住まいになると

「二人暮らしですが広すぎるとは感じなくなった。”自分の家”に寄り道せず帰りたいと思うようになった。」

とあります。そう、実際に住むと、家というのは「住んでいる人に丁度良く」なるのです。また、

私の経験上、住宅に入ってから

「もっと収納スペースが欲しかった!」という方は多数いらっしゃいますが

「もっと狭い方が良かった!」という方は、皆無です。

あとは、これは私の考え方ですが、モノが居住スペースに溢れている家って、なんかイヤじゃないですか?まあ

我が家がそうなんですけど(笑)

スペースがあれば、趣味の間にも使えますし、お客様がおいでになった時も安心ですしね。とにかく日本には古来、このような名言があります。

大は小を兼ねる

正に至言。

だって、ねえ・・・。頑張って仕事して、クタクタになって家に帰ってきて

「ちらかっていると」テンション下がりません?

快適な住空間を継続させるには、やはりそれなりのスペースは必要ですよ。

実際に住んでみたら、「思ってたより広くないな」と思うモノですよ(笑)

LINEで送る


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください