人生には、忘れられない唄が、三つある。という話。(不動産全く関係無し)

皆さんお疲れでしょう。私も疲れてますが、皆さんも、本当に日々お疲れでしょう。

本日も、本当に日々頑張っているお母さんのお話を聴き、思わず泣きそうになって顔を隠してしまった私です。でも私は、絶対に人前では泣きません。

私が思うに、プロは

泣いちゃイカンのですよ。心で泣いても、そんなモンをオモテに出してはいけないのです。

本当に泣きたいのは大変な目にあっている「その人」であって、その話を聴いている「外野」ではないのです。つまり

飾りじゃ無いのよ涙は

ハッハー♪ です。

とかグダグダ考えていると。昔、ガチで涙を流してしまった曲の数々を思い出してしまいました。皆さんにも無いでしょうか?思い出の曲の二つや三つ

こんな、しがない不動産屋の私でも、人生で思い出に残る曲が三つあります。

一つは!

パッヘルベルの「カノン」

です。いきなり変わった所かも知れませんが、事実なのでしゃーないです。カノン。皆さんもご存知でしょうけど、

何百年も前に、

あんな曲が地球上に存在したとは

驚きです。作った人、当時ソートー色々言われたでしょうね。

カノンに関してはもっと色々言いたく、思い出もあるのですが、ある意味しょーもない話ですので、またいつか機会があればお話し致します。

そして二つ目は!

バッハの「G線上のアリア」

です。この旋律。この流れ。この存在感。「バッハって天才やろ!」と思ってしまいます。この曲にも、色々な想いはありますが、またいずれ。

そして三つ目は!

正に

私の人生を変えた曲

なんですが、

これは

また

別の

話・・・

(昔懐かしい「王様のレストラン」の森本レオの真似でした。若い方は知らんよねえ・・・)

恐らく日本一「売り込まない」不動産営業マンです。そして完璧に「日本一しょーもないブログ」を書き続けている不動産会社社長です。
投稿を作成しました 189

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください

関連する投稿

検索語を上に入力し、 Enter キーを押して検索します。キャンセルするには ESC を押してください。

トップに戻る