こ・の・う・ら・み・は・ら・さ・で・お・く・べ・き・か (副題:住宅にグリーンは必要か)

私は元々、「草木」とか「花」に全く興味のない人間です。

人によってはそれが「ロマンティック」なんでしょうが、それならば

恐竜とか、化石の方がロマンがあって良いです。男の子なんでね。

しかし

不動産業という仕事で「新築住宅・中古住宅」と関わるようになり、また先般

自分の家

を持った事によって、草木・花に対する考え方が変わりました。

何が変わったかというと、

これら「草木・花」が住宅にあると、とってもイイ!

という事です。イイと言うのが曖昧な表現ですが、住宅が明るくなると言うか、柔らかくなると言うか、華やかになると言うか。

元々私自身が殺風景な男なので、これらの草木・花(グリーンと総称します)が住宅にあると、雰囲気が、とても穏やかな明るさに包まれるんですよね。

さて、ここで一つ問題が出てくるのですが・・・

最近はグリーンも、「フェイク」のものが色々あります。フェイク、つまり「本物ではない」という事で、簡単に言えばまあ

ニセモノのグリーン

です。しかしこのニセモノ、最近はパッと見ても「ニセモノ」と思えないのがたくさんあります。そりゃ、近くでしっかり見れば「本物じゃないな」と分かりますけどね。

しかし、色彩的には「グリーン」ですし、水やりや温度、陽当りなんかの「管理」が全く不要で、非常に気軽に取り入れる事が出来ます。

私も、自宅にいくつか置いてますし、商品としての新築住宅や中古住宅にも置いています。

本物は、水を切らしたら枯れてしまってダメ、水をやりすぎたら根腐れを起こしてダメ。

陽当りが良すぎると葉焼けを起こしてダメですし、陽当りが悪すぎると枯れてしまってダメ。

熱すぎてもダメ、寒すぎてもダメなので、結構大変です。

が、

本物のグリーンは

「変化」が楽しめるんですよねえ。

ここで本題の恨み節。私、昨年自分の住宅を新築した事はお伝えしてある通りですが、その際に施工担当の営業マンから紅葉をいただきました。

在りし日の紅葉


大きく立派な紅葉で、私としては大変気に入っていたのですが、ある日、自宅に帰ると

伐られている

・・・

バッサリと

見事に伐られているねえ

なんで!?!?!?!?

ちょっとしたパニックですね。生まれて初めて

「ああ、俺は夢を見ているんだ」と思ってしまった瞬間でした。

が、現実。

後から判明した事ですが、私の母が

「あらあら、枯れてるじゃない!」といって、勝手に伐ってしまったのだそうです。

スゴイ事するなあ。だから「親」って怖いんですよ。一種の児童(?)虐待ですよ。これは。

しかしまあ、伐られる所に置いていた私も甘かったと諦めて約半年!

ちょっと良く分からないと思いますが、新芽が出ているのです!!!

生命の力強さ。

季節の移り変わり。

いずれ生命が尽きてしまうという儚さ。

この辺を感じられる所が、本物の良さだと、私は思います。

と、穏やかに書いてますが、人の家の木を勝手に伐るとは・・・

こ・の・う・ら・み・は・ら・さ・で・お・く・べ・き・か

ですよ!本当に!!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください