耳が良すぎるというのも、中々厄介で。家屋内の物音・話し声が気になる場合はこれ。

こう見えて(どう見えて?)私は「顔相」というのを結構参考にしています。

と言って、別に体系立てて勉強したわけでは無いですが、人間の「顔」には、結構色んな情報が詰まっています。

それで言うと人間の

口癖

も、実に面白い情報の宝庫なのですが、それはまたいずれ。今日は

の話です。私と面識がある方はお分かりかも知れませんが、私は結構

耳が大きいのです。

だからか分かりませんが、やたらと

色んな声・物音に超敏感

なんですよねえ。ちなみに、中古住宅や新築住宅のオープンハウスなどしている時、私は基本的には

お客様に近づかないようにしているのですが、正直に言うと、

お客様同士でお話している内容は、大体全部聞こえております。

遠くても、小声でも、なんとなくお話している内容って、分かるんですよねえ。

まあ、結構、これは私の「特殊能力かな?」とも思っています。不思議と会話の内容が聞こえてしまうという。

営業マンとしては、結構「良い才能」と言えるかと自負しています。

でもねえ・・・

家にいても、色んな物音・声が聞こえてしまうのですよ。家族が口喧嘩してたり、不満を言っていたり、私の

文句を言っていたり(笑)

全部聞こえとるぞ!!もっと分からんように言うか、

なんなら

直接言わんかい!!

と思いますが、世間のお父さん方と同じく、私も

家庭内には波風を立てたくない

ので、努力して

「聞き流して」

おります(笑)

 

ムリムリ。無理ですって。

 

そんな完璧なお父さんになんか、なれないですって。そもそも人間に

 

完璧な人

 

なんていないんですから。

 

ふー・・・

 

あと9日か・・・。

 

早く休みよ

 

終わってくれ・・・

 

てことで「耳が良すぎるってのも、本当に疲れますよね」という話でしたが、不動産屋的に言うと、「防音ドア」ってのを付けると、結構室内の音はシャットアウトされます。

 

最近の住宅は「ペアガラス」なので案外「家屋外」の音はかなりシャットアウトされるのですが、気密性が上がっている分、「家屋外」の音は逆に良く聞こえます。家屋内に響くというか、こもると言いますか。

 

最近はあんまり「窓を開けっ放し」にする事もなく、締切っている事が多いので、余計に室内の物音・話し声は聞こえやすいです。ここで重要になってくのは

 

「壁」

 

ではなくて「ドア」です。引き戸よりも開きドア、開きドアでも「防音ドア」だと家屋内の音・声は全然違います。

 

普通のドアよりも数万円お高いですが、気になる場合は(どこか一部だけでも)導入を検討されても良いかも知れません。

恐らく日本一「売り込まない」不動産営業マンです。そして完璧に「日本一しょーもないブログ」を書き続けている不動産会社社長です。
投稿を作成しました 189

関連する投稿

検索語を上に入力し、 Enter キーを押して検索します。キャンセルするには ESC を押してください。

トップに戻る