花の咲かせ方は人それぞれ

ちょっと前、イチローの現役引退の話題に触れました。で、先般、天皇陛下の生前退位がありました。

・・・

「出処進退」

と一口に言いますが「退く」が、一番難しいのかも知れません。

客観的に見て

「もう、本当に大変でしょう?後進に任せた方が・・・」

と、思っても、中々「その人」には言えません。「退く」とは

自分自身で自分を”客観的に見て”決断するしか無いのです。身を切るような覚悟が必要なので、それが難しいのです。

そこで思うのが

「高齢者の免許返納」

です。

ちょっと前も、そういった事故が続けて起きましたよね?本当に痛ましい事故でした。

しかしこう書くと

「若者だって事故を起こしている!高齢者ばかりに免許返納を迫るのは高齢者いじめだ!」

という声もあるそうです。確かに、事故を起こすのに高齢も若年も無いのかも知れません。しかし。

「自分は若い時と比べて体力も瞬発力も集中力も低下してしまった」

という合理的判断は、

若者には出来ないのです。人生の酸いも甘いも経験し、あらゆる苦難を乗り越えてきた「高齢者」だからこそ、そういった

「一段階上の考え方」が出来るのです。

イチローしかり、天皇陛下(現・上皇陛下)しかり。

自分の、現時点での能力をしっかり見極め、自分で考え、決断する。そうする事が結果的に人を活かし、自分をも活かすのではないでしょうか?

現役の野球選手・現役の天皇陛下・現役のドライバー

それぞれ、ある意味「花形」と言えるかも知れません。それらの立場が無くなると、自分の存在意義が無くなると思う人もいるかも知れません。

しかし。

どんな状況になろうと、「今の自分が出来る事」を精一杯やっていれば、必ず「新しい花」が咲きます。

このバッサリ伐られた、

モミジのように!!


しつこかったですかね(笑)

しかし、これが

こうなって(されて)

こうですからね。

私も日々、身を切られるような事ばかりですが、それでも、その過酷な環境の中でも、出来る事をやりますよ。淡々と、このモミジのように。

芽が出て、花(?)開くまでは時間は掛かりますし、大勢の人から賞賛を浴びる事も無いですが、そんなのカンケーネー!です。

身も心も切られるような事ばかりで、心折れそうな時もありますが、頑張りましょうよ。

お互いひっそりとでも、花を咲かせましょう。誰かは、きっと見ているはずですから。

・・・

でも、あんまり頑張りすぎると疲れるので、淡々と行きましょう(笑)

LINEで送る

“花の咲かせ方は人それぞれ” への2件の返信

  1. 紅葉も、紅葉なりに頑張っていきてますよね!
    思わず、笑いなから楽しみにブログ拝見させております。
    高野さんのおかげで、幸せになれたものですが、最近色々事件みていて、高野さんに世の中変わって経済もどうなるん?
    とか、高野さんなら、面白い見解してくれそうと免許証返納!!の話。
    キメキメより、自動運転も発達してきましたしね。
    ダメダメとかより、なんとかならんもんかと
    思いました。
    長々失礼しました!

    1. 田川さん、お久しぶりです!新居でお幸せそうなご様子なので、私としても大変嬉しく思っております!
      私もひっそりとですが、モミジのように頑張って生きております。

      ただ、モミジは復活しましたが、残念ながら、田川さんにいただいた花は枯れてしまったのです⤵

      が!

      土壌と鉢も大変良いものでしたので、現在再利用させていただいております。今度またブログで紹介させていただきますね。

      そして免許証返納の話ですが、私も「自動運転が発展し、高齢者も安心して運転が出来る世の中」になればいいなあと思っております。
      「来た道・来る道」で、高齢というのは、生きている限り避けられない課題です。

      私も、将来クルマが運転出来なくなると仕事上困ってしまうのです。まさか

      運転手付き

      で仕事出来る身分じゃないですからね。本当に、安全な自動運転、早く実現して貰いたいです。

      ただし、やっぱり何事も「最悪のケース」は、想定だけはしておかないといけません。AIも間違いを起こさないとは限りませんし、私だって失敗します。要は

      「もしかしたら・・・」という可能性を、常に脳裏に描きながら生きる事でしょうか。ただまあ、そんな事言いつつ

      モミジをバッサリ伐られる

      なんて事は、私にとっても本当に想定外だったんですけどね(笑)

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください