どうせ死ぬのに、何故頑張って家を持たないといけないのでしょうね?という話。

小学校五年生のある晩。

親に強制的に通わされていたソロバン教室からの帰り道。

真っ暗の寂しい道路。

といいつつ、19時30分過ぎなので、今から思うと別にどうという事も無い、フツーの夜の道です。

が。何故かその日は

月が、

凄惨な程明るくて。

子供心に、何とも本当に恐ろしい夜でした。自転車を漕いでも漕いでも

月が追いかけてきて。

・・・

日中は太陽があって明るいのに、夜は暗い。

当たり前の事なんですが、当時10歳の私はそこに

「生き死に」

という事を、何故かガツーンと感じてしまったのです。何でか知りませんが、その時の月を見て

「人はいつか、必ず死ぬんだなあ」

と思った事を、43歳の今でも、本当に鮮明に覚えています。

で、当時の私は少々アホだったので、こう思ったものです。

「人間、どうせ死ぬ。」とすれば

「勉強しても意味なくね?よっしゃ!ファミコンしよ!!」と・・・

今から思うとアホですが、当時は本当にそう思ってたのでしゃーないです。

最近、いや、ここ20年程。

不況・不景気・右肩下がり

というワードばかりです。お客様と話していても

「将来が不安」

という言葉が多いです。確かに不安でしょう。私だって不安です。バブルの時と違いますからね。

でもねえ・・・

不安だからといって、余りに消極的・慎重になるのは、どうかと思います。だって、どんなに慎重になっても

どーせいつか死ぬんですよ?(笑)

家・住宅も永遠なものではありませんし、不動産(土地)も、地震や噴火、色んな災害があると

無くなる可能性はゼロではありません。

何が正解なんて分かりませんが、私は結局

「時間」だけが最後に残るのでは無いかと思っています。

「記憶」と言ってもいいかも知れません。

私は未だに、10歳の時に見た「凄惨な程の月の美しさ」と、その時に感じた

「生と死」

という記憶を、鮮明に心に残してますし、多分死ぬまで忘れないでしょう。ま、

だからどうしたという話ですが・・・

何が正解か分かりませんし、確かに老後の事も勿論大事ですが、私は

「今」

が一番大事だと思ってます。

損得ではなく、

「今」を充実していきたいなあと、思った今日でした。

・・・

よく分かりましたね?

ちょっと呑みすぎました(笑)

LINEで送る

“どうせ死ぬのに、何故頑張って家を持たないといけないのでしょうね?という話。” への2件の返信

  1. よく、若いんだから頑張って!

    また、若いうちならなんでもできる!

    っていう言葉がありますが、

    何歳であろうが、

    「今」

    が、、、

    その人の人生で1番若い時!

    だから、

    「今」

    かけがえのない、今に最大限の努力と充実を追求することこそが、その方の最高の人生を創造してゆく鍵だと信じています。

    共感したので、ついついコメントしてしまいました。

    1. コメンテーターHさん、ありがとうございます。実際の所

      「将来」

      ってのは誰にも分かりませんからねえ・・・。分からないのに

      あれは大丈夫かな?これはどうなるのかな?

      と心配し過ぎるのは勿体ないと思います。何故ならそれらを心配しても

      「その時」

      になってみないと実際の所は分からないのですから。人間

      打てる手

      というのは大体決まっていますし、限界があります。全てに備える事は不可能なんですからね。

      であれば、その時その時で、

      頑張って生きるしかないでしょう(笑)

      という、ごくごく当たり前の話でした・・・

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください