新・不動産神話

ちょっと前、新聞でこんな小話(?)が紹介されていました。うろ覚えですが、覚えている限りで書いてみます。

ある船に、アメリカ人とドイツ人とイタリア人と日本人が乗っています。

貴方は船長(という設定)なんですが、船にトラブルがあり、乗客を、船から海に飛び込ませないとマズい状況になりました。

しかし、船から海に飛び込むのはかなり恐ろしい行為です。では乗客に、

どう言えばすんなりと飛び込んでくれるでしょうか?

というような話です。さっさと答えを書きますが、

アメリカ人には「ここで飛び込めば貴方は英雄です!」と言えば良くて、

ドイツ人には「こういう場面では海に飛び込むのがこの船の規則です!」と言えば良くて、

イタリア人には「ここで飛び込むと女性にモテますよ!」と言うのだそうです(笑)

まあ、各国のお国柄を茶化した冗談なんですが、では日本人にはどう言えば良いか分かりますか?

答えは

「みんな飛び込んでますよ!」と言えば良いのだそうです。

なるほどね・・・。

かつて、日本には「バブル」という時代があり、「不動産は、持っていれば必ず値上がりする」という「不動産神話」がありました。

「みんな」欲しがるから、必然的に値上がりしたわけですね。そして現代は

「日本は少子高齢化で空家問題も激増している。だから不動産価格は今後益々減少していく(だから不動産は持たない)」という「逆・不動産神話」がまかり通っているような気がします。

最近、どこに行っても結構な確率で

「将来が不安」

というような話が聞こえてきます。最近ホント、新聞でもニュースでもネットでも

不安を煽るような・日本が沈没するような話

が多いですからね。しかし私からすると

「皆が不安がっているから、自分も不安になっとかないと!」

というノリに見えてしまいます。「乗り遅れるな!」って感覚ですかね。

確かに、我々の将来というのは、夢のような、バラ色の未来では無いかも知れません。でも、真実は最近再放送されている「水戸黄門」の

オープニングテーマの通りですよ。

「人生楽ありゃ苦もあるさ♪」

てことで、周りは周りとして、落ち着いて行きましょう。

最後に不動産の話に戻しますが、不動産は今後、ますます「個別性」が重視される時代になると、私は思っています。

が、そのテーマを書き出すと本当に超大作になる(水戸光圀の「大日本史」とほぼ同レベル ※大嘘)ので、ここでは遠慮しておきます。いずれ機会があれば!

恐らく日本一「売り込まない」不動産営業マンです。そして恐らく「日本一」しょーもないブログを書き続けている不動産会社社長です。
投稿を作成しました 174

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください

関連する投稿

検索語を上に入力し、 Enter キーを押して検索します。キャンセルするには ESC を押してください。

トップに戻る