安全な場所とは?不動産屋が思う「立地」の話

タイトルを見ていただければ、私が何を言いたいのかというのは大体お分かりと思います。

また痛ましい事件が起きてしまいまして

なんの言葉も出せません

しかし

それでも

我々は生きていかないといけません。

とは言いつつも、この無力感。

いくら災害に強くて治安が良い場所に住み

いくら安全対策を施しても

ある日「何か」が飛び込んできます。

こんなもん、イチ不動産屋がいくら考えても答えは出て来ません。

昨日、たまたまですが弟から貰った本「人が死なない防災」を読んでいました。

災害にも色んな種類がありますが、どんな災害であれ

命を守る

事が最大の目的で、その為には「あらゆる事を想定」しておかなければならないのですが・・・

まさか子供に

「クルマは飛び込んでくるものと思え」「人は襲ってくるものと思え」などとは言えません。

そんな世界に住んでいるとは、私は、思って欲しくないからです。

(この辺は個人的見解なので別意見もあると思います。あくまでも個人的見解なのでお許し下さい)

クルマは便利でカッコイイもの、人は優しくて助け合うもの、自然は美しいもの 

と、子供には思っていて欲しいなあと。

しかし

「クルマも人も自然も、残念ながら暴走することがある。」

という事実は、厳然として我々の前に横たわっています。

不動産業という仕事で考えると、私に何か出来る事があるんですかねえ?

「比較的」安全と思われる不動産を探し、「比較的」安全と思われる防災対策をご紹介する事は出来ますが、それらは全然

完璧

ではありません。しかし

完璧な対策は無い

という事をお伝えするだけでも、ちょっとは違うのかも知れません。

それにしても

なんとも苦しいニュースが続きます・・

恐らく日本一「売り込まない」不動産営業マンです。そして完璧に「日本一しょーもないブログ」を書き続けている不動産会社社長です。
投稿を作成しました 189

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください

関連する投稿

検索語を上に入力し、 Enter キーを押して検索します。キャンセルするには ESC を押してください。

トップに戻る