最悪な不動産屋

先日、自宅に高岡ケーブルテレビの方が来てました。

私も良く知りませんが、光回線になるとかするとかで、一時間程の工事がありました。

15時頃からの工事でしたので、途中、長男(小六)が学校から帰ってきました。

最近、ウチの長男は「ユーチューブ」を見るのを日課にしているのですが、この日はネット工事がありましたのでユーチューブが見られません。

ネットが使えない。それを知った長男がこう言い放ちました。

「あー!最悪や!!」

それを聴いた私は瞬時に発声しました。

「ちょっと待てーーーーーーーい!!!!」

昔ありましたね。

「ボクと、付き合って下さいちょっと待ったーーーーー!!!」というヤツです。

多分私、史上最高レベルの「食い気味」で「ちょっと待ったコール」を突きつけたと思います。その時のやりとりがこちら

「おいオマエ、今なんて言った?」

「え、最悪。」

「最悪って言葉の意味知ってる?」

「え、最も悪い。」

「そう。最も悪い。それが最悪。キミにとって、たった30分程の間、ネットが使えない事が最悪なんだね?」

続けて

「色んなイヤな事、苦しい事もある人生で、キミにとっての最も悪い瞬間が”今”なんだね?ということは、キミはこの最悪の気分を味わった以上、もうこれからの人生でツラいとか苦しいと思う事は無いだろう。おめでとう!!」

と。

そうじゃないです?だって「最悪」なんですから。それ以下は無いという事です。

もうね、ちょっとした事で「サイアク」とか「サイテー」って言うのやめましょうよ。そして

「今の30分の工事が」

今後のネット生活を担保してくれるんだぜ?今の30分をガマンする事で、今後の快適なネットライフが手に入るんだぜ?別にいいよ、今工事やめて貰って、すぐネットに繋げて貰っても。でも今後、突然ネットが切れても俺は知らないよ。

という事です。当たり前の事じゃないですか?

言っておきますがこれは

言葉による児童虐待ではありません。ただの

理屈っぽい不動産屋の、

最悪な説教

です(笑)

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください