不動産会社だけではありませんが。「会社の本質」を見たければ〇〇〇を見ろ!

という話です。私も、こう見えて(どう見ても?)43歳。

警備会社を皮切りに、住宅メーカー、消費者金融、行政書士、そして不動産業者として様々な

職場

を見て来ました。そこで私が「強く」思う事があります。

それは

「会社業績の真の善し悪しは、決算書では分からない。」

分かるのは

「トイレの状態だ!」

という事です。私の経験上、経営が上手くいっていて、今後も伸びていく会社というのは、例外なくトイレが綺麗。

スッキリしてますし、清潔感があります。そしてもう一つ言うと!

トイレットペーパーがイイ感じ♪

イイ感じというのは、柔らかかったり、良い香りがしたり。たまにありません?

カッチカチのトイレットペーパーが!!

嫌なんですよ・・・。私、カッチカチのトイレットペーパー嫌なんですよ・・・。

トイレというのは、誰もが使う所です。人間、使わないと生きていけないでしょう?(少なくとも現代の日本社会では)

そして大事な事は!

「会社の」トイレは従業員も使うし、お客様も使う事がある

と言う事です。百歩譲って、

自宅のトイレが汚い

のは、まあ良いとしましょう。私はイヤですが、使っている本人が「これでいい」と思うのなら、それは致し方のない事です。しかし

「会社のトイレ」となると話は別です。使う人は「自分だけ」ではありません。繰り返しますが、従業員も使えばお客様も使う。

皆さんは、どこかの会社のトイレに入って

「うわっ!」

と思った事はありませんか?そして

「うわっ!」と思って、その会社の事を好きで居続けられますか?私には無理です。

トイレは、汚れるものです。汚れてしょうがないとはいえ、綺麗にも使えます。そしてそれこそが、私のような

「トイレ好き」

な人間のハートを掴むのです。なので会社のトイレは、絶対に

清潔にしておかないといけません。

私も、会社のトイレには「無駄なもの」は一切置いてません(処分した)し、一回使えば、便座の蓋をあげて、消毒液や洗剤を使って、出来る限り掃除します。

断言しましょう。

トイレを綺麗に使う会社は伸び、トイレを綺麗に使わない会社は滅びる。

私は、そう信じています。

LINEで送る

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください