休んだ方が良いのか・・・。高岡市金屋町住宅用土地、昨日お引渡し完了致しました。(副題:ギリギリ理論)

休暇中の決済第二弾です。休んだ方が仕事が進むというこの矛盾。はさておき、今回も誠にありがとうございました。

高岡市金屋町・・・。伝統ある町です。伝統ある町という事は、古くからの町という事です。

当たり前ですが。

しかし、古くからの町という事は、区画割も昔風、道路(得に幅員)も昔風で、中々

現代にマッチした住宅用地というのは難しいのです。

現代にマッチした住宅用地とは、端的に言えば

自動車

そもそも、自動車を駐車出来るスペースがないと不便ですし、自動車の出入りに苦労する所も不便です。昔(江戸時代等)は、自動車なんて無かったですからねえ・・・

 

これまた当たり前ですが。

 

今回も、いわゆる高岡の「まちなか」物件だったのですが、道路が狭いのでセットバックが必要で、おまけに角地の為、道路隅切りが必要。

 

土地も台形のような形で、いわゆる「住宅が設計しづらい」形状。

 

新興住宅団地のように、綺麗な四角形ではありません。

 

道路が狭い、敷地も狭い、形状も悪い。加えて準防火地域・現状駐車場。建ぺい率は超絶ギリギリ。地域性を考えても、結構(かなり)大変な土地だと思います。

 

が!

 

本田宗一郎だったか松下幸之助が言ってましたが、

 

アイディアというのは「制約(制限)の中から生まれる」のです。

 

 

人間、「自由に、好きなようにやって」と言われると、中々画期的なアイディアというのは生まれません。

 

「これは現実的に不可能、これは金銭的に不可能、これは法律的に不可能」と言われると

 

「ワシにどうせい言うんじゃ!!」

 

とキレそうになりますが、一旦冷静になって、ある程度時間を掛けて考えてみると

 

「こうすれば意外と出来るんじゃね?」というアイディアが生まれて

 

来る事もあります。(来ないときもある)

 

今回は、私ではなく、完全に

 

「買主様の方が」画期的なアイディアを出してきてくれましたので、それで何とか形になった案件でした。

 

「諦めたらそこで終わり」と言うセリフも良く聞きますが、

 

「ギリギリまで、一滴の雫も落ちない程度まで脳味噌を振り絞った後じゃないと」

 

諦めてはいけないのだなあ。と、改めて認識した次第です。

 

てことで今日も、ギリギリまで考えて生きていきます。ギリギリでいつも生きていたいから~♪

恐らく日本一「売り込まない」不動産営業マンです。そして完璧に「日本一しょーもないブログ」を書き続けている不動産会社社長です。
投稿を作成しました 189

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください

関連する投稿

検索語を上に入力し、 Enter キーを押して検索します。キャンセルするには ESC を押してください。

トップに戻る