「親切・丁寧・心温まる不動産屋」と言われつつも、いつもそうとは限らない。

残念ですけどね。今日も裁判所へ行ってました。例の

「不動産売買契約に違反された件」

です。

そりゃ人間、色んな事情がありますからね。「契約(約束)」をしていても、どうしても守れない時はあります。

現実的に、物理的に無理な事もあるじゃないですか。それはしゃーないです。でも

「対話」は出来るじゃないですか。「対話」さえ出来れば「信頼関係」は継続出来ます。でも

「対話」が出来ないと、信頼関係は・・・

あ、別に

日本と〇国の事を言っているのではありませんよ?あくまでも不動産売買の話です。

とりあえず私も、何度も裁判所に足を運び、慣れない書類を作り、超迷惑してます。

「対話」さえ出来ればしなくて良かった苦労です。でも「対話」が出来ないなら、あとは

法とルールに則り、第三者(この場合は裁判所)を通じて、粛々と物事を進める他ありません。

信頼関係さえあればなあ・・・

私は基本的に「良い人」ではありません。しかし、本当に仕事上関わって下さる方が

良い方ばかり

なので、その信頼に応えているだけです。私の事を

「親切・丁寧・心温まる」

というお客様こそ、実は「親切・丁寧・心温まる」方々なわけです。

ということで、私は常に「親切・丁寧・心温まる」わけでは無いのです。残念ですが、これが

正直な所なのです・・・

恐らく日本一「売り込まない」不動産営業マンです。そして恐らく「日本一」しょーもないブログを書き続けている不動産会社社長です。
投稿を作成しました 174

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください

関連する投稿

検索語を上に入力し、 Enter キーを押して検索します。キャンセルするには ESC を押してください。

トップに戻る