不動産査定。何故「一括査定」は危険なのか?

不要な不動産がある場合、大体の場合は「不動産査定」から始めることが多いのではないでしょうか。

 

最近ではネットでも「不動産一括見積り査定!」みたいのがあって、それはそれで別に良いのですが、一つだけ気を付けていただきたい事があります。

 

いや、二つ。

 

一つは、「不動産査定」というのは「査定額か買取額か?」という点。

 

 

これは、「査定」だと、まあ正直「絵に描いた餅」みたいな数字なわけです。理論値というか、机上の空論というか。なのでその査定額で本当に

 

 

売れるのか?

 

 

となると、これは誰にも分かりません。売れるかも知れないし、売れないかも知れない。絵に描いた餅が食べられないのと同様、机上の数字(金額)がいくら高くても、意味ないでしょう?

 

 

しかし、それが「買取額」なら話は違います。「この金額で買います」と言ってるんですから、それは少なくとも

 

 

絵に描いた餅

 

 

ではありません。あとは、その餅が

 

 

オイシイかどうか

 

 

判断すれば良いだけです。美味しいなと思えば話に乗ればいいし、美味しくないなと思えば、スルーすれば良いわけです。

 

 

でもまあ、「餅」に食べ頃があるのと同様、不動産にも「食べ頃」があるので、それを「どこまで耐えるか」というのは重要なポイントでもあります。(この辺デリケートな所なのでここでは述べません。紙面が足りない)

 

 

で、不動産査定で気を付けて貰いたい所、第二点は

 

 

一括査定だと

 

 

「とりあえず高く付けておいて、後から何だかんだ言って値下げさせよう」

 

 

という、不動産屋ならではの悪い考えが、結構強く出てしまう事です。

 

 

なんというか・・・。「釣った魚にエサはやらない」というか、「釣るためにまずはエサを大量にばらまけ!」的な、「とにかくこちらの領域に取り込め!!」という思考が、どうしても強くなると思うんですよね。

 

 

競争の原理も働いて。

 

 

ちなみに私の場合は、どれだけでも相見積もりというか、一括査定していただいて構わないのですが、やはりそうなると、結構気力が抜けて、

 

 

「そんならまあ、他の不動産業者でやってもらいましょうかー」

的な感じになってしまいがちな所はあります。

 

 

生来の「負け犬思考」なのもので・・・(負けても全然OK)

 

 

しかし

 

 

「これは御社を信じて相談している案件です。どうかよろしくお願いします!」と言われると

 

 

そりゃ

 

 

「よっしゃ分かりました!全力で、覚悟を持って貴方の為に仕事します!!」となりますよね。

 

 

とはいえ、これは「私」のケースであって、世の中には

 

 

「これは競争なんですよ!ちゃんとしてくれないと他に言いますからね!」と言われないと性根が入らない業者も

 

 

いるようないないような・・・(私には分かりません笑)

 

 

でも私はイヤですね。

 

 

とにかく、今日は何を言いたかったのかといいますと、「数字」というのは恐ろしい武器です。数字で表わされると、なんだか

 

 

具体的!

 

 

と感じてしまうのですが、逆に言えば「たかが数字」。

 

 

なんとでも付けられるという事です。

 

 

 

今日の話は、知っておかれて損は無いと思いますよ。

 

 

・・・

 

 

得にもならないでしょうが。

恐らく日本一「売り込まない」不動産営業マンです。そして完璧に「日本一しょーもないブログ」を書き続けている不動産会社社長です。
投稿を作成しました 189

検索語を上に入力し、 Enter キーを押して検索します。キャンセルするには ESC を押してください。

トップに戻る