不動産無料相談会&グーグルマイビジネス!(相談の極意)

昨日は富山県宅地建物取引業協会高岡支部にて「不動産無料相談会」があり、私が「相談員」として会場に詰めておりました。

 

「私が相談員て!」と、自分自身でも思いますが、しょうがありません。

 

一応「実務者」ですからね。

 

で、昨日は朝から天気が荒れていたので「相談は無いだろう」と

 

気楽~に出席

 

したのですが、その思いに反して早々に二件のご相談がありました。内容は、当然ながらお伝え出来ませんが。

 

不動産の事ですから、「これで万事、スピード解決!」という事はほぼあり得ません。一話完結型のミステリードラマじゃあるまいし。しかし・・・

 

実際に相談いただいた方が帰り際

 

「お話出来た事で、胸のつかえが下りた気持ちです。」

 

と言われたのには、「確かにそうだろうなあ」とは思いました。

 

というのは、私自身、夜中に

 

「あー、この件どうしよ。ああやってこうやって・・・。いや!そうするとこうなるかも知れん!いや、でも、そもそもそれが一番良い方法かな?上手くいけばいいけど、もし〇〇になったらマズいし・・・。あ、マズいで思い出したけど、もう一件マズい話があったな。あれはどうしよ・・・。ああやってこうやって・・・。いや!それは今すぐ考えんでもいいやん。今すぐで思い出したけど、すぐにでも何かしないといけない案件があったな!あれはどうしよう・・・」

 

と、ぐるぐるぐるぐる「無限ループ」のように悩んでいる時に

 

「あー、すぐ誰かに相談出来たらなあ!」

 

と思う事があるからです。でも、さすがに夜中には聞けませんからね。で、一晩明けて、その方面に詳しい不動産業者さんに聞いたり、建築業者さんに聞いたり、司法書士や土地家屋調査士、弁護士といった「専門家」に聞いたりすると、少しスッキリします。

 

まあ、実際には相談するだけでは「解決」にはならず、そこから「ある程度の努力」が必要になるのですが、とにかく「今ある困難」を

 

誰かと共有出来る

 

というのは、結構精神衛生上良い事だと思います。

 

ちなみに「相談」の極意ですが、私は「3ポイント」あると思っています。

 

①「聞く相手」を間違えない事

②「現状」を全て正しく伝える事。

③出来るだけ「関係する資料」を揃えておく事。

 

逆に言うと、聞くべき人を間違え、現状をオープンにせず、資料も無く「口頭」だけで相談すると、解決には程遠いという事です。お気をつけ下さいませ。

 

そう言えば、先程の「ぐるぐるぐるぐる」で思い出しましたが、グーグルマイビジネスで評価いただきました!ありがとうございます!

 

一つ星か二つ星か、はたまた三つ星か・・・。気になる評価はこちら!

恐らく日本一「売り込まない」不動産営業マンです。そして完璧に「日本一しょーもないブログ」を書き続けている不動産会社社長です。
投稿を作成しました 189

関連する投稿

検索語を上に入力し、 Enter キーを押して検索します。キャンセルするには ESC を押してください。

トップに戻る