高岡市城東中古住宅ご契約、高岡市井口本江住宅お引き渡し報告と、専属専任媒介契約

昨日、高岡市城東中古住宅、無事ご契約いただきました。誠にありがとうございます。

 

本日、高岡市井口本江未入居住宅、無事お引き渡し終了致しました。誠にありがとうございます。

 

いつもですが、お取引いただき、本当にありがたく思っております。

 

 

さて。

 

 

・・・

 

 

なんの話しましょうかね(笑)

 

 

 

前回はバカな日記でしたので、今回はちょっと役に立つ情報をお伝えしましょう。あっ!

 

 

 

思い出しました。最近、何件か立て続けにいただいたご質問ですので、この機会にお伝えしますね。

 

 

 

 

最近、お客様から「この物件が気になるんですが・・・」と、「別の不動産会社から出ている物件」のお問合せをいただく事が増えております。

 

 

 

 

そういった時。

 

 

 

 

「では私の方で手配しますので、一緒に見てみましょうか?」と言うと

 

 

 

 

「えっ!専属専任契約と書いてあるのに、高野さんにお願いして良いんですか?」と言われる事が多いです。

 

 

 

というか、かなりの高確率で。

 

 

 

 

私としては

 

 

 

 

「いーんです!」

 

 

 

 

と、〇天カードマンのように答えるしか無いのですが、この辺誤解があるようですので正確にご説明致します。

 

 

 

そもそも「専属専任媒介契約」というのは、確かに

 

 

 

 

「その不動産業者から買わないといけない」と言う雰囲気がありますので、私のような

 

 

 

 

「無関係な不動産業者」は介入してはいけない感じがしますが、そうではないのです。

 

 

 

 

専属専任媒介契約とは、あくまでも「売主と不動産業者」の契約です。簡単に言うと、

 

 

 

 

売主「この不動産売ってよ。アンタ(不動産業者)にしか頼まんし、もし知り合いが欲しいって言ってきてもアンタん所通すから!」

 

 

 

 

という感じなのです。つまり!!

 

 

 

 

買主側にすれば「全く関係無い」という事です。その不動産業者を通して購入しても良いですし、私のような

 

 

 

 

「どこの馬の骨か分からないような」不動産業者を通じても良いのです。その辺は買主の

 

 

 

 

「ご都合次第!」です。

 

 

 

 

要するにネットで例えれば「〇マゾン」で買おうが、「〇天」で買おうが、どっちでも買主さんの都合で大丈夫なわけです。

 

 

 

 

分かりにくかったですか?(笑)

 

 

 

 

話は変わりますが、明日は「不動産流通ネットワーク コアネット」の定時総会です。私の会長任期もあと3ヶ月。

 

 

 

 

次期会長は果たして誰になるのか・・・?

 

 

 

 

 

まあ当然、私は知っているんですけど(笑)しかしとにかく

 

 

 

 

 

「貴方にお任せ致します!」という人じゃないと、「専属専任」でお願いは出来ませんよね。つまり「専属専任」とは、

 

 

 

 

非常に強い信頼関係で結ばれた契約関係であり、逆に言うと

 

 

 

 

そこまで強い信頼関係が無いなら、結んではいけないものなんです。ま、この辺は機会を改めまして。

 

 

 

 

 

てことで私は、

 

 

 

 

明日に備えて

 

 

 

 

 

 

ビール呑んで寝ます。それでは!!


高岡市井口本江 住宅詳細情報

高岡市井口本江 1,650万円(消費税込)

18432

■土地詳細情報
■土地面積 宅地 ■用途地域 第一種住居地域
■建ぺい率 50% ■容積率 80%
■道路・幅員 東側3.45m、西側公道5.3m ■舗装・融雪 有/無
■私道負担面積 ■設備 公共上下水道・北陸電力
■建物詳細情報
■構造 木造合金メッキ鋼板葺2階建 ■現況 空家(未入居)
■新築 平成27年2月    
■設備  ★全室LED照明  ★カラーモニターインターホン(録画機能付)
★スマートキー玄関 ★全窓ペアガラス
★IHヒーター&エコキュート&200Vエアコンの「オール電化」住宅
★ビルトイン食洗機付き対面式キッチン
★追い焚き機能付1坪タイプ浴室 ★節水型トイレ
★電動自動車用充電器 ★駐車場/2台
■その他

★高気密高断熱高耐震。安心の「HPシステム」の家

■周辺環境
■交通 ●バス停「総合庁舎前」徒歩4分
●北陸新幹線「新高岡駅」徒歩20分
●高岡駅徒歩20分
■小中学校 下関小学校 徒歩12分
芳野中学校 徒歩11分
■スーパー ●アルビス駅南店徒歩12分
●イオンモール高岡徒歩20分
●サークルK徒歩8分
■その他 ●最高30万円の「すまい給付金」支給対象住宅
 

6 5 9 8

お問い合わせはメールまたはお電話でお気軽にご相談下さい。売りつけるような事は、致しませんので。
(有)ランド・プラン 933-0842 富山県高岡市横田町3−7−1 TEL:0766-28-5670

toi


不動産業界の大先輩に言われた怖い言葉。(副題:恐怖の竜と書いて「恐竜」という話)

前回はやや偉そうなお話でしたので(決してそんな積もりではなく、お互いの為の”お願い”という事なんですが)、今回はやや軽いお話に致します。

 

 

 

私は一応「不動産屋」なんですが、以前、同じ不動産業界の大先輩からこんな事を言われた事があります。

 

 

 

 

「あんたが高野くんか。なんか、ワシらのやり方と全然違う事しとるみたいやの」

 

 

 

と。

 

 

 

 

これが「好意的な意味で」言われたのか、それとも「否定的な意味で」言われたのかは分かりませんが、私としては

 

 

 

 

1,業務の無理無駄を無くし

 

 

 

2,お客様の立場(実需)に沿う

 

 

 

ことだけを考えて仕事してますので、それが「誰かと一緒かどうか」は、全く考えた事はありません。

 

 

 

カッコ良く言うと

 

 

 

 

「誰の真似もしていない」となりますし、普通に言うと

 

 

 

 

 

「業界の常識も知らずにやっているバカなヤツ」とも言えますね(笑)

 

 

 

 

しかし実際に、そんなそんな常識外れの事をしているわけではなく、ただ単に

 

 

 

「無駄な事はしない(業務の効率化・省力化)」と、

 

「無理な事はしない(冒険性・賭博性の排除)」と、

 

「顧客目線(供給者的思考の排除)」を大事にしようと思っているだけです。

 

 

 

 

話は変わるようですが最近、私の(無駄な)宣伝活動のお陰で「変わり者の娘」の存在も浸透してきており、よくお客様や業者さんに

 

 

 

 

「あの面白い娘さん、最近どうですか?(笑)」と聞かれます。

 

 

 

 

皆様大人ですからね。「あの変わった」とは言いません。素晴らしい(笑)

 

 

 

 

ちなみにウチの娘は、中学生になって、益々変わり者に磨きが掛かっておりますよ。

 

 

 

 

例を挙げようかとも思いますが、本気で引かれそうな事が多数ありますので、伏せておきます。

 

 

 

一方、息子の方ですが。こっちはヒジョーーーに分かりやすい男子。ただのボクチャンです。そういえば先日、私にこんな紙を持ってきました。

 

最近「恐竜」にハマってまして、自分なりの「強い恐竜ランキング」を書いて持ってきたわけです。

 

 

 

小学校男子と言えば「恐竜」でしょう(笑)

 

 

 

 

私も大好きでしたしね。(一歩間違えば今頃は不動産屋なんてしてなくて、どっかで恐竜研究していたかも知れない所です)

 

 

 

 

ちなみにですが、結構これを言うと皆さんにビックリされるんですが、我が家の子供達は

 

 

 

 

一切、何の習い事もしてません。別に「習い事をさせない」というモットーがあるわけでもありませんし、「お金が勿体ないから」という理由でもありません。

 

 

 

 

お金は、ちょっとはあるかも(笑)

 

 

 

 

というのは冗談で、「〇〇したい!」というモノがあれば、どんどんさせる積もりですが、今の所「特にやりたいものがない」という事なので、そのまま放置しております。

 

 

 

 

 

不動産も同じだと思いますが、欲しがってない人・必要としていない人に「これいいでしょう!?絶対お買い得ですよ!!」と言っても意味ありません。

 

 

 

 

あと、勉強でも習い事でも一番大事なのは「本人のやる気」です。

 

 

 

 

まあ、本当は小さき時に「やる気スイッチ」を入れてやって、その勢いで人生を過ごしてくれれば一番安心なんでしょうけど、やる気スイッチは

 

 

 

 

「入る瞬間が人それぞれ」ですので、無理に入れる必要もないかと。

 

 

 

 

ちなみに私の「やる気スイッチ」が入ったのは28歳くらいでしたからね。それからでも十分人生はやり直せます。

 

 

 

 

まーとにかく、私は「無駄な事」が苦手なんですよ。なのでお店に来られる際に事前にご連絡下さいと言っているわけです。

 

 

 

 

折角足を運んでいただいてお話出来ないと、私も本当に残念ですし、来て頂いた方自身に「時間と労力の無駄」を強いてしまうわけですからね。

 

 

 

 

あと、無理もしません。「恐竜強いやつランキング」にもありますが、一位のティラノサウルスと最下位のケツァルコアトルスが普通に戦ったって、ケツァルコアトルス(書きにくいな)が勝てるわけありません。

 

 

 

 

しかし、ケツァルコアトルスは「飛ぶ」という能力があるのです。それなら、その飛行能力を活かした戦い方をするしかないじゃないですか。

 

 

 

なので、私のやっている事は単なる「弱者の遠吠え作戦」に過ぎないのです(笑)

 

 

 

 

という話なんですが、簡単にする積もりが、結局回りくどい内容になってしまいましたね(笑)とにかく

 

 

 

 

 

無駄な営業はしませんし、無理強いもしません。常に「お客様目線」で頑張っていきますので、ちょっと恐竜みたいな顔してますが、今後ともよろしくお願い致します!

 


にほんブログ村


不動産屋の(正直過ぎる)ボヤキ

最近、家に帰ると大抵娘が

 

 

「お母さんといっしょ」の歌を熱唱しています。

 

 

鼻歌

 

 

とか

 

 

口ずさむ

 

 

というレベルではなく、

 

 

 

「熱唱」なのです。真剣に、一所懸命歌っているのです。

 

 

 

しかし私は基本、いつも何かで悩んでますので

 

 

 

「うるさ!」としか思いません。(思考の邪魔)

 

 

 

ま、本当の本音を言えば、ちょっと笑ってしまいますけどね(笑)

 

 

 

そういえばガラリと話はかわりまして。先日「辛島の百匹目の猿」のお話を書きましたら、あるお客様から「それはシンクロシニティでは?」とのご意見をいただきました。

 

 

 

シンクロシニティ。「意味のある偶然性の一致」ですね。「意味のある」という所がポイントです。

 

 

 

まあそれはそうと、

 

 

 

こんなしょーもない(し、理屈っぽい)ブログを、良くお読み頂いているなあと感心、じゃなくて、心から感謝致します。

 

 

 

このお客様、「不動産を探している」わけではなく、既に

 

 

 

「弊社から不動産を購入いただいた方」なんです。つまり

 

 

 

私なんかもう用なし(笑)なのに続けてブログをお読みいただき、なおかつ連絡までして下さる!なんと嬉しい事でしょう!!

 

 

 

と、それもさておき

 

 

 

最近「不動産の勝ち組・負け組」という言葉が私の脳裏から離れません。

 

 

 

売れる不動産は、売れます。しかし

 

 

 

売れない不動産は、売れません。まさに「負動産」でも、

 

 

 

「不動産は価値あるモノ」という概念も、非常に強く残っています。

 

 

 

・・・

 

 

 

この板挟み・・・

 

 

 

不動産を売る方からは「そんな安いの!?」と言われ、不動産を買う方からは「そんな高いの!?」と言われる因果な商売。それが

 

 

 

REAL ESTATE AGENT

 

 

 

人呼んで

 

 

 

不動産屋(笑)

 

 

 

 

でもまあ、だからこそ面白いと言えますよね。「売る人も満足・買う人も満足」という境地を目指せばいいわけですから。

 

 

 

・・・

 

 

 

・・・

 

 

 

これが難しいし、神経使うんですよ・・・

 

 

 

私が太る事が出来る日は、まだまだ訪れそうにありません・・・


不動産あるある。「百匹目の猿現象」は、不動産取引では成立する。

突然ですが皆様は「百匹目の猿現象」をご存知でしょうか?私も専門家ではないので、上手く説明する自信がありません。てことでWikipediaから引用

 

百匹目の猿現象(ひゃっぴきめのさる げんしょう、: Hundredth Monkey Effect

は、生物学現象と称してライアル・ワトソンが創作した物語である。疑似科学又はオカルトに分類されている(疑似科学#自然科学に関するもの)。

宮崎県串間市幸島に棲息するの一頭がイモを洗って食べるようになり、同行動を取る猿の数が閾値(ワトソンは仮に100匹としている)を超えたときその行動が群れ全体に広がり、さらに場所を隔てた大分県高崎山の猿の群れでも突然この行動が見られるようになったというストーリーであった。

このように「ある行動、考えなどが、ある一定数を超えると、これが接触のない同類の仲間にも伝播する」という、実際には存在しない現象を指す。

 

ということで、結局は「実際には存在しない」という風に否定されているのですが、不動産取引では、ままあることです。

 

 

 

ある不動産があります。売りに出してますが、全く売れません。声すら掛かりません。それなのに。

 

 

 

「ある日」突然!

 

 

 

二つも三つも申し込みが入る事があるのです。この現象は、不動産屋さんであれば「あるある!」と分かってくれる事と思います。

 

 

 

それまで誰も気にもしていなかったのに!

 

 

 

その時ならさらっと買えたのに!!

 

 

 

いざ購入しようと思うと!!!

 

 

 

「実は、ちょっと前に申し込みが入りまして・・・」

 

 

 

となるのです。不可思議な現象のようですが、一定の理屈はあります。というのは、そういうときは大抵

 

 

 

「なんらかの外的要因が存在する」のです。何らかの外的要因とは、例えば

 

 

 

 

■すぐ近くで似たような性質の不動産が出たが、意外と高い。

 

 

■すぐ近くで同じような価格帯の不動産が出たが、意外と良くない。

 

 

 

等と言った場合です。そしてその外的要因が

 

 

 

複数の方々へ影響を及ぼし、その結果同時期に

 

 

 

 

「あ、そういえば○○っていう不動産あったな。」と想起させ、

 

 

 

 

「よく考えてみると、結構魅力的な不動産だな」と意識付け、

 

 

 

 

「これにしておこう!」

 

 

 

 

と判断する方々が続発する現象に繋がるわけです。ちなみに私はこの現象を!!

 

 

 

 

・・・

 

 

 

 

特に名付けてません(笑)

 

 

 

しかしこの現象、お世話させていただいている身としては、本当にツラいのです。

 

 

 

お客様としても、折角色んな事を検討し、覚悟を決め、そして意思表示を行ったのに

 

 

 

「すみません・・・」と言われてしまうのですから。

 

 

 

正直、私も「ガクッと」来ます。やっぱり色んな準備してますからね。

 

 

 

とまあ、こういう現象は本当に多々ありますので、どうぞご注意下さいませ。

 

 

 

 

それにしてもこの現象、なんと名付けましょう。ちょっと考えます。皆様も是非お考え下さい。それでは!


不動産屋というのは、天然記念物か○のような存在なのです。

先日、ある「営業職」の人にこう言われました。

「不動産会社の社長とお会いするのは、本当に難しい」

 

 

 

と。

 

 

 

そうなんです。(零細)不動産屋の(零細)社長というのは、大抵「会社にいない」ものなんです。

 

 

 

 

ちなみに私の場合は「ゴルフ」とか「なんか偉そうな会合」で会社にいないわけじゃありません。もっと切実な問題です。

 

 

 

 

私で考えてみると、「不動産査定」となれば私自身がその「現地」に行かないといけませんし、「不動産取引に関する打ち合わせ」も、大抵私自身が「現地」へ行くわけです

 

 

 

 

不動産取引につきものの「法務局調査」とか「市役所調査」にも当然私自身が「現地へ」行く事が多いですし、コアネットとか色々なお付き合いに行くのも

 

 

 

 

 

私自身(週刊誌みたいになってきましたが)が行くしかありません。

 

 

 

 

で、今回私、何を言いたいかと言いますと。「だから私は忙しい」という事ではなく、(何度も言いますが「忙しい」というのは「無能」の同義語なんです)

 

 

 

 

基本的に不動産屋の社長などという存在は、「会社にはいない」という事なんです。実際、私が会社にいる時間は、

雨が降った後に「虹が出て、そして消える」くらいの時間でしかありません。

 

 

 

 

なんという儚さ。(「たとえが分かりにくい!」と文句を言う人が多いでしょうね。フフ)

 

 

 

 

ですから皆様是非!

 

 

 

 

弊社に足をお運びいただく際は、是非事前にお電話下さいませ・・・

 

 

 

 

お互いもったいないじゃ無いですか。時間が。

 

売れっ子みたいな事言って、本当に申し訳ありません(*σ・ω・`*)てへぺろ

 

 

しかし、これがお互いの、利益の為と信じております。(*σ・ω・`*)てへぺろ(二回目)

とにかく私は会社にほぼいませんので!本日は是非、そこだけはご理解下さいませ!!(>Д<)


ゴルフ完了報告 弁護士様と日当と壱万円

終わりました・・・。あ、ゴルフの事です。そういえば、昨日の「コアネットゴルフコンペ」で私のブログが「案外色んな人に読まれている」という事が分かりましたので、今後はもうちょっと控えめに書かないといけないなと

 

 

 

 

思うような私なら、もうちょっと良い人生を送っていたことでしょうね。という事で今後も、普通に、正直に書いていきます。

 

 

 

 

とにかく、ようやく終わりました。疲労困憊です。中古住宅を丸々一軒掃除したくらいの疲れです。

 

 

 

日当として15000円くらい貰いたい所ですが、残念ながらゴルフは

 

 

 

 

「こちらがお金を払わないといけない」という理不尽なスポーツです。体力と時間を使うのに、なおかつお金まで払わないといけないとは・・・。

 

 

 

 

ちなみに私は「ゴルフが嫌い」なわけでもありませんし、ゴルフを軽く見ているわけでもありません。「みんなのゴルフ」なんかは本当に楽しいですしね。むしろ私は、

 

 

 

 

ゴルフを(やる人を含め)、心からリスペクトしているからこそ、やりたくないのです。私みたいのがいても、邪魔なだけでしょ(笑)

 

 

 

 

とにかく、今回のゴルフコンペの準備運営をして下さった交流促進委員会の皆様には心より御礼申し上げます。「交流促進」の名前の通り、素晴らしい「きっかけ作り」になったと思います。

 

 

 

 

また、参加いただいた協賛企業の皆様にも、心より御礼申し上げます。特に私とほぼ同じ成績(179)だったH弁護士様。

 

 

 

 

貴方様の勇姿に、どれだけ励まされた事か。今後私が問題を起こしてしまったら、絶対に貴事務所に相談致します。

 

 

 

 

さーとにかく終わった終わった!仕事すっぞ!!

 

 

 

・・・

 

 

 

急遽「会長賞」という事で「現金壱万円」払ってしまったので、益々頑張らないといけないのです。皆様どうぞ、ご協力下さいませ・・・


不動産取引後のトラブル回避について

先日、大阪の方からご連絡をいただきました。

 

 

 

聞くと、自宅を売却されたそうなのですが、取引後、その買主さんからクレームの連絡が頻繁に来るのだそうです。

 

 

 

この時の具体的なクレーム内容はトイレがすぐ詰まる!(排水が悪い)治してくれ!」という事だったらしいんですが、

 

 

 

 

これって売主の責任になるんですか!?」というご相談でした。

 

 

 

 

ふむ・・・

 

 

 

なんとも難しいのですよ。それだけの情報では、なんとも判断出来ないのです。現地を確認して、売買契約の中身も確認して、双方のお話を聴いてみない限り、何とも言えないのです。

 

 

 

 

ここは本当にビミョーーーな所ですから、中途半端に書くと勘違いされるので、詳しくは書きませんが、私のアドバイスとしては

 

 

 

 

①その時仲介してくれた不動産屋さんに相談して下さい。

 

 

 

でした。しかしその方が言うところでは「その仲介業者さん自身がこっちに問題をスルーパスしてくるんです!」という事でした。

 

 

 

「ウチはもう関係ないんで」みたいに言われたそうです。

 

 

 

 

なるほど・・・

 

 

 

 

という事で私からの二つ目のアドバイスは「その不動産業者の所属団体に相談してみて下さい」という事でした。

 

 

 

 

日本の不動産業者は、大抵「宅地建物取引業協会」という所か「全日本不動産協会」の協会員になっています。(なっていない場合もあり)

 

 

 

 

そして大抵、そういった団体では「無料相談会」というのを頻繁にやっています。ですから一度、そういった所に相談してみれば良いのです。

 

 

 

 

そういった団体であれば、その時の取引に係わった不動産業者にも顔が利きますし、その不動産業者としても「所属団体」から話が来れば、放置は出来ないでしょう。

 

 

 

 

しかしそもそも

 

 

 

 

不動産を購入する場合は「物件ありき」なんで仕方ない部分もありますが、不動産を売却する時は「本当に任せられる業者」に頼まないとダメでしょうね。

 

 

 

 

トラブルに巻き込まれたり、今回のように「放置」されてしまうと本当に困ってしまいます。

 

 

 

 

色んな事ありますよ。不動産売買って。頭痛くなります。

 

 

 

 

私も、実は今ちょっと問題抱えてまして、

その解決方法考えるのに眉間にシワ寄せすぎて、気付いたらいつの間にか「アザ」になってしまってました。

 

 

 

 

どんだけ眉間にシワ寄せてたのか・・・。

 

 

 

 

でもまあ、アザならいずれ消えるからいいんですけどね。

 

 

 

 

 

考えすぎて「ハ○」になるのだけはイヤだなあ・・・


不動産業界用語。「すべった、ころんだ」とは? オマケ「読者への挑戦状」

不動産業に限らず、仕事をしていると毎日毎日毎日、なんかかんか「事件」がありますよね。

 

 

毎日毎日毎日、同じような事繰り返しているようで、実際は「突発的な事」があり、「想定外の事」があります。つまり

 

 

 

「今日は昨日の繰り返しでは無い」という事です。

 

 

 

そしてアクシデントがある都度、「以前の」解決方法を参考にしたり、人に相談したり、死ぬほど考えたり、試行錯誤を繰り返し、一つずつ乗り越えていくものです。

 

 

 

不動産業界ではこういうような事を「滑った、転んだ」と表現します。(ただし「起き上がった」とは言わない)

 

 

 

この具体的な内容は、本当に多岐にわたるので逆に書けませんが、要するに「滑った、転んだ」とは、「仕事がスムーズに行かず、どこかで引っかかってしまうこと」を指します。

 

 

 

色んな「滑った転んだ」がありますよ~。生々しくなるので、とても書けませんけどね(笑)

 

 

 

とにかく本日申し上げたい事は「今日は昨日の繰り返しでは無い」という事です。

 

 

 

今日は今日、明日は明日。「歴史は繰り返す」と言いますし、それも間違いではないですが、それでもやはり「歴史は常に更新」されているんです。

 

 

 

 

だから長男よ。こんなアホな失敗をしてはいけないよ(笑)

 

 

S__14786562

 

 

分かります?(笑)是非「間違い」を探して下さいね!それでは!!


不動産の価値と秘密と情報

先程、某「家具・インテリア・生活雑貨」のお店にて、今年春に弊社中古住宅をお買い上げいただいたお客様と遭遇致しました。

 

 

 

ちょっとだけ立ち話させていただいてましたが、「お陰様でいい感じになりました!」というような事を言っていただけました。

 

 

 

このお客様の場合は、弊社中古住宅を購入いただき、「ご自分でリフォーム」という形だったので、私も「売却後」どうなったのか分かっておらず、非常に気になっていた住宅だったのです。

 

 

 

「バタバタしてて、本当は完成後の写真とか送ろうと思ってたんですが」との事でしたので、これを見ておられましたら、是非送って下さいませ。やはり私としてはヒジョーに気になるモンなんですよ(笑)

 

 

 

ちなみに、このブログは、実は「ヒジョーーーーに」気をつけて書いてるんですよ。読んだ方が不快になられると困りますし、あんまりお客様の事を書くと、「そんな事書かないで!」と思われるかも知れません。

 

 

 

もちろん、どなたの話か分からないようにしているのですが、書かれたご本人には、分かりますのでね。

 

 

 

 

ってことで、どうしても「家族」の話が多くなるんですよ(笑)決して私が「家族好き」という事ではないのです(笑)

 

 

 

 

そういえば先日、心優しい方から「娘さん、ビンが好きなんですね」的な感じで、非常にありがたいメッセージをいただきました。ちなみに、私が買わされた「ビン」はこちらです。

 

2016-12-26-20-05-51

 

 

中身はどーでも良くて、「ビン」が大事なのです。

 

 

 

ちなみに、こういうのも好きなんです。

 

2016-12-27-11-42-52

 

スクイーズとかという、ふにゃふにゃのおもちゃ(?)です。

 

 

 

不動産もそうなんですが、「相場」というのはあくまでも「相場」で、実は「それを欲しいと思う人」がいないと、「価値」にはなりません。たとえば私は、ビンやおもちゃに全く興味がないので、その辺にお金を出そうという気はありません。

 

 

 

何を言いたいのかというと、誰もが「欲しい!」と思うモノなら価格が付くし、誰も「欲しがらない」モノなら、いかに良いモノでお金が掛かってようと、「価格は付かない」という事です。

 

 

 

とか言ってる間に、たった今、某不動産業者の方から面白い情報が入りました(笑)

 

 

 

 

「情報」というのは、形がないので「価値」と思われる事が少ないです。が、私は「情報」こそがビジネス社会の中では一番大事だと思っています。どうしても「目に見えない」のでないがしろにされてますが。(特に日本では)

 

 

 

 

私は不動産業者として、今後も「情報」をしっかり大事にしていきたいと思っています。「情報を制するモノは全てを制す」です。

 

 

 

 

とにかく、そこまで「情報」を大事にしますので、個人情報は、絶対に保護致します。

 

 

 

 

ということで、その分曖昧なブログになることもありますが、どうかご容赦下さいませ(笑)それでは!!

 

 

 

 

補足:「情報」と「信頼」ですね。一番大事なのは。クルマの両輪です。どっちが欠けてもいけません!!