久しぶりに真面目に考察。2017年度富山県基準地価特集

昨日、日本経済新聞にて

 

 

 

「17年基準地価特集」という特集が組まれていました。その見出しがこちら

 

 

 

「地方の地価 回復続く」

 

 

 

ふむふむ・・・と思って読んでみると「地方」と言ってもここで言及されているのは

 

 

 

「札幌・仙台・広島・福岡」という事で、確かに東京から見れば「地方」なんですが、我が富山県から見れば立派な

 

 

 

 

「大都会」

 

 

 

 

で、この四都市の上昇率が、いわゆる「三大都市圏」よりも大きかったという事でした。という書き方で分かる通り、三大都市圏も今回は

 

 

 

 

「地価が上昇した」という事だったのですが、全体的なオチとしては

 

 

 

 

「地方四市以外の地方でみると、調査地点(全用途)の約7割で下落しており、上昇地点は1割強にとどまる。」

 

 

 

 

ということで、結論としては「都会部以外の”地方”では、未だ地価の下落が止まらない」というような内容でした。

 

 

 

 

つまり

 

 

 

 

「都市部と地方の二極化は解消していない」という事で、まあ、

 

 

 

 

 

当たり前と言えばごくごく当たり前な結果となっておりました。

 

 

 

 

ちなみに、ちょっと面白かったのが「住宅地の都道府県別の価格指数」というヤツなんですが、東京の住宅地の平均単価を基準として、各都道府県の平均地価を算定した指標が出ておりました。

 

 

 

 

 

これによりますと「東京を100」とすると、富山県は「8.9」という事でした。なんと10分の1以下。

 

 

 

 

ちなみに、東京の住宅地の平均単価は342,600円/㎡(!)という事ですから、富山県で考えると

 

 

 

 

342,600円×8.9%=30,491円/㎡≒100,797円/坪

 

 

 

 

正直

 

 

 

 

 

そんなもんだろね~

 

 

 

 

 

という数字です。それにしても東京高っ!!

 

 

 

 

 

ついでに書いておきますと、お隣石川県は「12.3」、新潟県は「7.6」,福井県は「9.0」で、これまた何となく

 

 

 

 

「そうやろね~」

 

 

 

 

という数字です。それにつけても最近良く感じますが、我が富山県内でも

 

 

 

 

 

「売りやすい土地」と「売りにくい土地」が二極化傾向にありますね。

 

 

 

 

 

平均単価にかかわらず、

 

 

 

 

需要がある地域は高い価格出しても買えません(そもそも物件が出ない)し、需要が無い地域は、安い価格でも売れません。

 

 

 

 

まあこれも、当たり前と言えば当たり前な結論なんですけどね。

 

 

 

 

 

いずれにせよ、これからの”富山県における”「不動産探し」や「不動産処分」には、正しい知識と最新の情報、そして(過去や偏見に囚われない)冷静な判断力が益々重要になると思います。

 

 

 

 

・・・

 

 

 

 

 

色々疲れます(;´∀`)が、頑張りましょう!


訂正が二点あります。一つは水道代、一つはジャニーズ系です。

ありがたいことですね~。

 

 

 

・・・何が?

 

 

 

「教えて貰える」事ですよ~。

 

 

 

先日私、「ある情報」を得る為、友人から話を聴かせて貰ってたのですが、そのお礼に食事を奢りました。友人は

「本当にいいん!?」と言ってましたが、私の答えは一つです。

 

 

 

「情報は、タダじゃ無いから。」

 

 

 

情報は「価値あるもの」ですから、決して「タダで貰ってはいけない」と思っております。少なくとも私は。まあそれはさておき。

 

 

 

 

昨日の記事(井戸と上水道)をお読みになった方から、素晴らしいご指摘をいただきました。

 

 

 

 

「上下水道代では・・・?」とのご指摘。

 

 

 

 

・・・

 

 

 

 

ハッ!!!

 

 

 

 

確かに私、「上水道代」と思ってたのですが、実は「上”下”水道代」でして、「下水道代」の事をすっかり忘れていたのです!!

 

 

 

 

てことで結局、昨日の「上水道代」には実は「下水道代」も含まれてますので、

 

 

 

 

「上水道代が高い!勿体ない!!」という私の指摘は、インパクトとしては

 

 

 

「ほぼ半減」してしまうわけです。

 

 

 

 

でもまあ、それでも私は「井戸水」の方が好きですけどね。

 

 

 

 

訂正のついでにもう一つ。以前私、間違えて

 

 

 

 

「娘がセクシーゾーンのファン」と書いてしまったのですが、正しくは「Hey! Say! JUMP」のファンでした。

 

 

 

 

この点は、娘からも強く訂正を求められていましたので、ここで改めて訂正してお詫び申し上げます。

 

 

 

 

ちなみに。

 

 

 

 

最近娘と盛り上がるのが「ジャニーズの〇〇くんが言いそうなセリフ」ごっこ。

 

 

 

 

 

細かく書くとバカにされるので書きませんが、まあ、「アイドルらしい事」を言い合うのです。

 

 

 

 

しかし私、誰がどんなキャラ(性格)かなんかサッパリ分かりませんので、常にテキトーなんですけどね。

 

 

 

 

まあ、その辺はテキトーでも良いとして、仕事やこのブログは、しっかり練ったものにしなければなりません。

 

 

 

 

ということで、昨日のブログでは誤った情報を与えてしまい、大変申し訳ありませんでした。今日はそれだけ!


リアルに書きましょう。井戸と上水道、結局どっちが得なのか。

前提条件として。今回は「井戸と上水道」をテーマにお届けしますが、あくまでもこれは「私が」

 

 

 

不動産業者として、また「イチ利用者として」経験したり見聞した事を書いた内容です。

 

 

 

なので正直に「どちらの味方をするわけでもなく」ただ素直に書きます。なので結局、どちらが良いかは貴方の

 

 

 

 

ひらめき次第!

 

 

 

 

・・・言ってみたかっただけです。では。

 

 

 

 

 

先日、我が家に水道代の請求が来たのですが、36000円。一瞬「えっ!?」と思いましたが、間違いなく36,000円。二ヶ月分とは言え、たっか!!

 

 

 

 

で、以前の請求も確認したのですが、まあ大体3万円前後。とすると、一ヶ月平均で大体15000円~18000円という所。

 

 

 

 

まいつきいちまんはっせんえん・・・

 

 

 

 

ねんかんにじゅういちまんろくせんえん・・・

 

 

 

 

まさに天文学的数字。水に、年間216,000円も払っているなんて・・・。そしてこれは!

 

 

 

 

私がこよなく愛する飲み物、「ビール代と比べてどうなのか!?」と考えてしまいますよね。

 

 

 

 

 

で、本題から超脱線しますが、とりあえず計算してみました。私が呑むビールは、一ケース約4600円。

 

 

 

 

24本を、大体一週間で呑みますので、(一日平均3.4本)計算は分かりやすいです。てことで、一ヶ月に4ケース飲み干すのですから、計算式は次の通り。

 

 

 

4,600円×4=18400円。なんと・・・

 

 

 

 

「高い!」と言っていた水道代とほぼ同じ・・・。

 

 

 

 

しかし、ビール代は高く感じない私ですが、水道代は非常に高く感じます。というのも、我が家は本来

 

 

 

 

井戸水

 

 

 

 

仕様の家なのです。しかし、井戸の水圧の関係上、私が住む「二階」にまで引っ張る事が出来ず、井戸水の使用を断念した経緯があるのです。

 

 

 

 

ちょっと水道のマイナスイメージばかり言ってしまいましたので、そろそろ井戸の事も触れましょう。

 

 

 

 

 

井戸水の最大のメリットは、やはり「経済的」という事でしょう。私が年間支払っている「216000円」が、丸々浮くわけですからね。

 

 

 

 

 

次に、「夏冷たく冬温かい」という点も特筆すべきでしょう。過去の話になりますが、学校の帰り、暑くて死にそうな時に飲む井戸水は、それはそれは美味しいモノでした。

 

 

 

 

 

ま、今はこれが「ビール」になっているわけですけどね。

 

 

 

 

 

あと井戸水は、我が富山県のような「降雪地帯」だと、融雪の為に大活躍してくれます。敷地に井戸水があると本当にラクチンです。

 

 

 

 

 

ただし井戸水にもデメリットがあります。私が経験したり見聞したりした感じでは以下のような所でしょう。

 

 

 

 

■トイレや浴槽が変色する事がある。(どういう化学変化か知りませんが、水質により、一定期間放置していると、これらの部位が赤茶ける場合があります)

 

 

 

■洗濯物の仕上がりが綺麗にならない場合がある。(これはお客様に指摘されたのですが、水質により、洗剤の成分が井戸水の方に取られてしまって、肝心の「衣服」の汚れが落ちにくい事があるようです)

 

 

 

■設備が壊れやすい傾向がある。(エコキュートなどは「井戸水は使えない」場合もありますし、使えても、どうしても上水道に比べると、故障が生じる可能性は高いのだそうです。ま、これも水質によるようですが)

 

 

 

■水圧が、上水道に比べると弱い場合がある。(だからこそ我が家も使えなかったのですが。しかし、ポンプを強力にすれば対応は可能です。)

 

 

 

 

■いつか出なくなるかも。(こればっかりは誰にも分かりませんが、一応可能性として。あと、そんな事言い出すと、上水道だって管理の関係や本管の老朽化などでどうなるかは分かりませんけど。)

 

 

 

 

 

でもなあ・・・。やはり私は

 

 

 

 

「水に年間216000円」も払いたくないのが本音ですねえ・・・。設備の故障の可能性が高いのかも知れませんが、「年間216000円」も浮けば、備えは出来ます。

 

 

 

 

しかし悲しいかな、私の家は井戸は使えないのです。

 

 

 

 

ちなみに、現在計画中の新居も「上水道」です。井戸にしたいんですけど、お金がね・・・(掘削にもお金が必要ですから。カツカツの私には無理)

 

 

 

 

 

という事で今回「井戸水と上水道」について書いてみましたが、私情と個人的見解ばかりの内容になってしまいました。

 

 

 

 

 

あんまり気にせず、とにかく「双方メリットデメリットがある」という事でお考え下さいませ。それでは!

 

 

 

 

・・・

 

 

 

 

ビール代も、やっぱ結構使ってますなあ・・・アハハ


高収益物件をご検討の方へ。理想と現実のはざま

弊社は主に「お客様自ら居住」の為の不動産(リフォーム済み住宅・中古住宅等)を扱っているのですが、それでも結構

 

 

 

 

「手頃な収益物件ありませんか?」というお客様からのお問合せも多いです。中でも良くいただくのが

 

 

 

 

安くて(1000万円以下、出来れば500万円以下)

 

 

 

 

利回りが良く(最低10%以上、出来れば15%以上)

 

 

 

 

なおかつ

 

 

 

 

「将来的に値下がりしない物件」があれば紹介して下さい。

 

 

 

 

というお問合せです。

 

 

 

 

まず、結論から言ってしまいますが、そういう物件は

 

 

 

 

ありません。そして、もしあったとしたら

 

 

 

 

弊社が自分で買ってしまいます(笑)

 

 

 

 

これに関連して。

 

 

 

 

本日の日本経済新聞で「マンション投資の注意点」という記事がありました。非常に分かりやすい内容でしたので、ご興味ある方は閲覧してみて下さい。

 

 

 

 

簡単に内容をご説明すると

 

 

 

 

■低金利で金融商品の利回りが低下している中、マンション投資を始める個人が増加。

 

 

 

その結果

 

 

 

■2016年度の投資用マンションの契約件数は前年度の2.7倍にまで膨らんだ。

 

 

 

 

しかし、

 

 

 

 

■「物件による収益格差は広がる傾向」

 

 

 

 

とあります。ちなみにですが、そもそもマンション(不動産)投資のメリットとは、

 

 

 

まずは家賃収入。

 

 

 

です。しかし本日の記事によりますと

 

 

 

「表面利回りは低下傾向」で、ある調査によると

 

 

 

現在の表面利回りの平均は

 

 

 

「7.06%と、2005年の調査開始以来最低の値となった。」

 

 

 

とあります。しかもこれは「表面利回り」ですから、そこから「修繕費・税金」を差し引くとその値はさらに下がり、なおかつ

 

 

 

 

空室リスク

 

 

 

 

にも備えないといけないので、実質的な収入は益々下がります。

 

 

 

 

 

実質利回りは7.06%より、更に下がるわけです。(本日の記事では「実質利回りは表面利回りよりおおむね3割低い」と書いてありました。とすると

 

 

 

 

平均的な実質利回りは4.94%となります。

 

 

 

 

ちなみにこの数字であれば、不動産屋である私から見ても、ヒジョーに現実的な数字です。そしてまた

 

 

 

 

 

「将来的に値下がりしない物件」という点ですが、本日の記事でも

 

 

 

 

「日本は人口が減り、地価は下落傾向。物件の売却時は損失を覚悟したい」と書いてあります。

 

 

 

 

これまた非常に現実的。

 

 

 

 

 

なので私としても

 

 

 

 

 

実質利回り5%程度で、将来的に値下がりする物件ならご紹介も可能かも知れませんが、

 

 

 

 

 

実質利回り10%で、将来的に値下がりしない物件は、ご紹介はほぼ不可能という結論になります。

 

 

 

 

何度も言いますが、不動産業者も、そういった「オイシイ物件」はノドから手が出る程欲しいワケで、

 

 

 

 

わざわざそういう物件を、どなたかに譲る。というのは考えにくいでしょうしね。

 

 

 

 

 

(よほど高価で手が出ないとか、会社の事情やルールで買えないというケースでも無い限り)

 

 

 

 

という事で何とも夢の無い話かも知れませんが、「現実とリスク」は正しく把握していただきたいのです。

 

 

 

 

良質な不動産は、誰からも人気がありますので手に入れるには高い初期投資が必要になります。しかし初期投資が高いと、必然的に利回りは低くなります。

 

 

 

 

一方、価格が低い不動産は

 

 

 

 

「人気が無い」物件となり、空室リスクや家賃値下がりリスク、将来の価値下落リスクも抱えてしまいます。

 

 

 

 

右肩上がりの時代はともかく、現代のような「縮小社会」では、不動産投資というのはよっぽど工夫しないと難しいと思います。

 

 

 

 

 

てことで「この物件なら絶対儲かりますよ!」という甘い言葉には、十分お気をつけ下さいませ。

 

 

 

 

・・・うーん・・・

 

 

 

 

 

今日はかなり真面目過ぎる内容でしたね。暑いんで頭がぼけーっとしているのですよ(笑)


ビールと仏壇と私

近頃私の「ビール好きアピール」もかなり浸透してきまして、今日も「物件案内の際」ビールをいただいてしまいました。思わず

 

 

 

 

そこで呑んでしまいたくなる程でしたが、ちゃんとガマンし、今晩の楽しみとしたいと思います。お気遣いいただき、本当にありがとうございました。

 

 

 

 

と、これで終わると私(及びこのブログの)存在価値が無くなってしまいますので、本日も、何かお役に立つ事をお伝え出来ればと思、い、ます、が・・・

 

 

 

 

何を書きましょうかね。この仕事(不動産業)していると色んな事があるのですが、その殆どが「特殊」なので、なかなか「誰にでも役に立つ」というのは難しいんですよ。

 

 

 

 

何かご質問があれば、それに答えるという形をとれるんですが、中々、そういうわけにも行きませんしね。お、そういえばこの間。

 

 

 

 

 

「中古住宅を買ったら仏壇が付いてきて、それが結構キレイだったので使おうかなとも思っているのですが、問題ないですかね?」というお電話をいただきました。

 

 

 

 

恐らくですが、不動産業者を介さずに取引されたんでしょうかね?そういった質問があれば、通常は取引に入ってくれた不動産業者に聞けば良い事ですので。

 

 

 

 

それにしても仏壇ですか・・・。中々微妙な所かも知れませんが、私はこういう男(目的主義者)ですので、それで双方が幸せになれるんなら、それで良いんじゃ無いですかね?と思っております。

 

 

 

 

弊社は良く中古住宅を購入させていただく(リフォーム転売用)のですが、その際、売主さんから「仏壇も処分して下さい」というご希望があるケースは良くあります。私としても

 

 

 

 

「こんなに立派なのに勿体ないなあ」とは思う事もあります。しかし、

 

 

 

 

 

「仏壇付き」で住宅販売するわけにもいかないので、通常はリフォームの前に処分してしまいます。しかし今回のご相談の内容は

 

 

 

 

 

住宅を売る方が「この仏壇は不要なので置いていきます。処分するにもお金が掛かるので、貰っていただけると助かります。」

 

 

 

と言っていて、

 

 

 

 

住宅を買う方も「仏壇を用意しようと思っていたが、使って良いなら買わずに済むので、助かると言えば助かる」という感じでした。

 

 

 

 

 

ふむ。なら、双方お得なんじゃ無いですか。で、以下は私の解釈ですが

 

 

 

 

 

「仏壇」自体は、「箱(容器)」と考えれば、それで良いのではないですかね?それこそ「仏様の家」と考えれば。

 

 

 

 

 

大事なのは「ご先祖様を大事にしよう。ご先祖様に感謝しよう。」という精神性でしょうから、あまり「形」に拘らなくて良いのではないですかね?

 

 

 

 

 

という事をお伝えし、あとは「お寺さんにご相談下さい。」とお伝えしました。私も仏事の専門家ではありませんので、最終的には専門の方に相談されるのが一番です。

 

 

 

 

 

私は目的主義者で、結構ドライに観られるので「仏壇とか全く興味ないんでしょ?」という風に言われますが、決してそんな事はありません。

 

 

 

 

特に「子供」が出来てからですが、神様でも仏様でも天でも自然でも、何でも良いですから「感謝の気持ち」を表す場が自宅にあるというのは、スゴく良い事と思っております。

 

 

 

 

別に、それが「仏壇」でも「神棚」でも良いですし、御札でもご先祖の写真でも何でも良いのですが、とにかく

 

 

 

 

「自分達が今生きていられるのは、自分達だけの努力ではない」という事を自覚して欲しいんですよね~。

 

 

 

 

ちなみに私自身は全く宗教に無縁な男ですが、常に感謝してますよ。自然とか、私と関わって下さっている(過去未来含む)方に対して。

 

 

 

 

 

と、なんだか抹香臭い感じになってしまいましたので、最後に実務的なお話を。

 

 

 

 

 

不動産売買、特に中古住宅の場合、原則としては「不動産以外のモノは売主側にて撤去」というパターンが多いです。

 

 

 

 

しかし、それはあくまでも「まあ、大抵はそう。」という感じであり、「不動産以外のモノも付けて取引」という場合も多々あります。

 

 

 

 

この辺は全て「話し合い次第」です。その条件によって売買価格が変わる事もありますからね。(中のモノが価値あるものなら売買価格はアップ。中のモノがほぼ”ゴミ”なら処分代の為に売買価格ダウン)

 

 

 

 

 

と、役に立つような立たないような話でしたが、とにかく大事なのは「自分の心」でしょう。自分で「これで良い」と思えば、それはそれで良いんじゃないですかね。

 

 

 

 

あ、でも!

 

 

 

 

 

仏壇の件もですが、こういった事は「その家全体」の事になりますので、是非お一人で決めず、ご家族の意見を聞くことを忘れないで下さいね。

 

 

 

 

 

精神性の高い分野は、ただ割り切って考えるだけではダメなのです。人それぞれの、精神の拠り所というものがありますので。

 

 

 

 

 

さ、もう一仕事したら帰って、今日いただいたビール呑もうっと!いつもよりも大目に感謝しながら!!


引っ越しで痛い目に合わない為に。(私の引越失敗談)

先日、「ビールを1400㎖呑まないと眠れない」と書いてしまった所、本日、たくさんのビールを頂いてしまいました。しかも、「お子さんに」と言ってカルピスまで付けていただいて。

 

 

 

いや、本当に恐縮です。なんとか仕事の方でお返ししますので、しばらくお待ち下さいませ。

 

 

 

それにしても暑いです。本格的ですな。梅雨もう明けたんじゃないですか?これはさぞビールが美味しい・・・

 

 

 

 

と、ビールの話ばかりするわけにもいきませんので、最近の状況等お伝えしようかと思います。

 

 

 

そうですね・・・。じゃあ、引越の話でもしましょうかね。

 

 

 

 

皆様は「引越」をどのように考えておられますでしょうか?まず、お好きな方はいらっしゃいますかね?

 

 

 

 

ちなみにですが、私は嫌いです。とにかく疲れますし、この時期は汗だくになります。そして

 

 

 

 

住宅が、傷つくからです。私も13年前、賃貸から現在の住まい(実家)に引っ越したのですが、その際大きな物を運んで家中

 

 

 

 

傷だらけ

 

 

 

 

にしてしまいました。リフォームして綺麗になってたのに。(その当時は全く住宅に愛着がなく、テキトーに、特に養生もせず、だーっと運び入れてしまったんです)

 

 

 

 

一番凹んだのは「階段天井部分にソファをぶつけてしまった事」ですね。階段を上り下りする度にキズが見えて、しばらくは「なんでここに養生しなかったのか」と落ち込む毎日でした。

 

 

 

 

机を運び入れた際、引き出しが落ちて「床を凹ませてしまった」のにも凹みました。新品フロアだったのに。

 

 

 

 

そしてあの労力たるや。当時は私も20代後半で元気でしたが、今はもう41歳となり、そんな重い物は持てなくなりました。具体的には

 

 

 

 

「不動産契約書」以上の重い物は持てません。(推定300グラム)

 

 

 

 

とか言いながら、今日いただいたビール(ケース)&カルピスは、ラクラクと持てるのですが(笑)

 

 

 

 

話を戻しまして。

 

 

 

 

引越は本当に大変ですし、とにかく「住宅がキズを負うリスクを抱える最大のイヴェント」と言っても過言ではありません。

 

 

 

とにかく慎重に、しっかりした準備を持って進めていただければと思います。

 

 

 

 

ちなみに私なら、今なら絶対に引越屋さんに頼みますね。移動もさることながら、「不要物の撤去」をお願いしたくて。

 

 

 

 

引越は「不要なモノを片付ける大チャンス」でもあります。人生をリセットする最大のイヴェントと言っても過言ではありません。

 

 

 

 

ちなみに引越は「時期」によって全然値段が違ってきます。その辺で損したく無い方は、是非弊社までご相談下さいませ。

 

 

 

 

 

今、我が家も「転居計画」があるのですが、本当に面倒くさいですよねえ・・・。あと業者さんに家を見せると「こ、こんな状態!?」と引かれるのもイヤですね・・・

 

 

 

 

 

でもまあ、そこは開き直りですな。見栄張ってもしゃーないですし。

 

 

 

 

 

てことで引越屋さん!我が家は汚いですが、是非「綺麗に」よろしくお願い致します!


不動産屋と新築住宅と共謀罪

最近「新築住宅」をお考えのお客様からもお声掛けいただく事が多くなりました。

 

 

 

 

「建築業者」は決まっているけど、肝心の「適当な土地が見つからないので探して!」というケースです。

 

 

 

 

否、(アンズではありません。「いな」です。)

 

 

 

 

「適当な土地が見つからない」というより「土地情報はたくさん知っているけど、どれが一番良いのか分からないから教えて!」というケースが多いですね。

 

 

 

 

(あとは「掘り出し物の物件無いですか?」というケース)

 

 

 

 

ところで私は

 

 

 

 

「不動産屋」と言いつつ、ほぼ「中古住宅屋」なので、「自社物件の土地(商品)」というのを全くと言っていいほど持っていません。となると

 

 

 

 

「売り込もうにも売り込む土地がない」

 

 

 

 

という、とっても情けない状態に(笑)

 

 

 

 

しかしその分!

 

 

 

 

「第三者的に、冷静に、中立的立場で」その方(ご家族)にどんな土地が最適なのか、また、その価格が妥当なのか、お買い得なのか、止めておくべきなのかをお伝えする事が出来ると自負しております。

 

 

 

 

正直な所、私は積極的に「土地のご紹介」をしたいワケではありませんが、とにかく相談されたからには、私の培ってきた若干のノウハウ・情報・人脈等を通じて、なんらかのお役には立つと思っております。

 

 

 

 

何の役にも立たない場合も、ままありますが・・・

 

 

 

 

まあ、全盛期のイチローでも「打率4割程度」なんですから、その辺は大目に見て下さいませ・・・

 

 

 

 

それにしても沢山土地(売地)ありますね。私が地主ならね・・・。

 

 

 

 

「たくさん土地はあるけど、ウチの土地が一番ですよ!」などと言って大儲け出来るのですが、そんな土地など全くなく。結局は

 

 

 

 

 

「土地の所有者と買主様を繋ぐ役目」。それにしか過ぎません。

 

 

 

 

しかしまた、そんな事言いつつ、これが楽しいんですよね!!なんとなく

 

 

 

 

「家づくり」に参加している気持ちになりますし、家づくりという想いが

 

 

 

 

「無から有に」変化していくのが、なんとも嬉しいです。

 

 

 

 

自分が携わった「話」が、実際に目に見える「住宅」として残るんですからね。

 

 

 

一緒に色々考えて悩んで協議して、その結果が形になっていくんですから。

 

 

 

 

これはもう、共謀罪を適用されても本望なレヴェル・・・

 

 

 

 

という、ヤヴァそうな話はスルーしていただいて。

 

 

 

 

真面目な話ですが、住宅営業マンの方であれば、もっともっとそういった(一緒に家づくりをしていく・楽しむ)という想いが強いと思いますから、私みたいな「しがない不動産屋風情」があんまり偉そうな事を言ってはいけないですね。

 

 

 

 

あ!

 

 

 

 

 

それで思い出しました!今日私が「本当に書きたかった事」を!!

 

 

 

 

 

しかし、紙面が無くなってきましたので、明日に致します(笑)それでは!


不動産屋的「AKB48の理論」

今年も、待ちに待ったAKB総選挙がやってまいりました!

 

 

 

嘘です(笑)私には一切関係ありません(笑)

 

 

 

今日はそういう話ではなくて。

 

 

 

私は、この仕事(不動産業、特に中古住宅買取再販業)を通じ、常に

 

 

 

AKB理論

 

 

 

というものを提唱しています。私とお付き合いいただいている方にはもう「耳にタコ」かも知れませんが、一応お付き合い下さいませ。

 

 

 

人間でも不動産でも同じですが「魅力的な人・物件」は、基本的に誰にでも人気があります。当然ですね。

 

 

 

しかし

 

 

 

「一見して魅力がない」物件の中にも

 

 

 

 

磨けば光る!!

 

 

 

 

と思える物件があるのも事実です。確かに地味で、野暮ったく、暗く、しょーーもないような物件かも知れません。

 

 

 

 

しかし!

 

 

 

 

そんな物件も、「何か一工夫」を加えると、途端に光り出すモノがあります。この「何か」ですが、

 

 

 

 

「リフォーム」の場合もありますし、

 

 

 

 

建物を壊して「更地にしてしまう」という場合もありますし、

 

 

 

 

「隣の土地と併せて」なんかゴチャゴチャっと整える場合もありますし、

 

 

 

 

色んな手法があります。とにかく今回私が言いたいのは

 

 

 

 

「誰からも人気のある物件」というのは、「手が届きにくい」というデメリットがあるという事です。

 

 

 

 

不動産の場合は、「価格が高い」であったり、「他の人に買われてしまって買えない」というケースですね。

 

 

 

 

 

とか書いていたら!

 

 

 

 

 

ウチの娘が、やたら可愛らしい格好してました。

 

 

 

 

 

「なんで?遅れてきたAKB総選挙?」とか思っていたら、今日は御印祭(「ごいんさい」という地元高岡市金屋のお祭り)なんだそうで。

 

 

 

 

 

全く、一切、気にもしてなかった・・・

 

 

 

 

 

「AKBの理論」とか

 

 

 

 

ワケの分からん事を言っている場合ではありませんでした。

 

 

 

 

 

しかし私、何が苦手といって「お祭り」程苦手なモノもなくて・・・。

 

 

 

 

 

娘よ、お父さんは行かないが、頑張って(楽しんで)来てくれ!

 

 

 

 

 

人混みが苦手な父でゴメンナサイ!!


不動産購入戦略論(最も合理的に不動産を購入する方法)

私は娘から「こんなに理屈っぽい人はいない」と言われています。

 

 

 

まあ、私も娘に向かっては「おい!そこの変わりモン!」と呼んでますので、どっちもどっちなんですが。

 

 

 

ちなみに私は自分のことを「理屈っぽい」とは思っていません。ただ「筋道を守りたい」と思っているだけです。ですから

 

 

 

 

「筋道さえ通っていれば」私は大抵の事はしますよ。そしてここで言う筋道とは

 

 

 

 

 

「合理性」と言えると思います。その方法が一番良い。つまり

 

 

 

 

理屈にあっている

 

 

 

 

という事であれば、私は何でもしますよ。(この辺、やはり理屈っぽいですな)

 

 

 

 

さて本日は「戦略」の話です。私は研究者ではありませんし、専門家でもありませんので「戦略」の正式な定義は知らないのですが、私は単に戦略とは

 

 

 

 

「戦いを省略する方法」と思っています。

 

 

 

 

戦いとは、基本的に「犠牲」が出るモノです。

 

 

 

 

本当の戦いなら「人命」が犠牲になりますし、「街」も犠牲になりますし、「お金」も犠牲になります。そして当然「時間」も犠牲になります。

 

 

 

 

戦いなんか、時間の無駄使いですからね。しかし、どうしても避けられない戦いもあるわけで、それを「いかに犠牲少なく、スムーズに終わらせるか」が戦略の役目です。

 

 

 

 

 

ということで私は「戦略」を以下のように定義付けます。

 

 

 

 

 

戦略とは

 

 

 

 

 

「自らの目的を達成する為、限られた資源(選択肢)の中で選び得る、最良最善の方法を探る技術」

 

 

 

 

うーん・・・我ながら、確かに理屈っぽい・・・

 

 

 

 

気を取り直しまして、ここで大事なポイントは二つです。一つは、戦略とは「自らの目的を達成する為」の行為である事。

 

 

 

 

そして二つ目は「限られた資源(選択肢)の中で」という点です。

 

 

 

 

ここで私の本業「不動産売買」で考えてみますと、我々に無限の資源があれば、戦略など必要ないのです。例えば「無限にお金を持っている」という場合です。

 

 

 

 

無限にお金を持っていれば、戦略など必要ありません。とりあえず「良さそうな不動産を」買えば良いのです。

 

 

 

 

また、無限に時間があるのなら、「本当に良い不動産」が出るまで待てば良いのです。ずーーーーっと待っていれば、本当に良い不動産が出てくるかも知れません。

 

 

 

 

しかし悲しいかな、我々が持っている「お金」も「時間」も有限なのです。

 

 

 

 

 

限られた予算、限られた時間(人生)の中で生きていくしか無いのです。ここで大事なのは!

 

 

 

 

 

「自らが選びうる、最良最善の方法を探る事」です。

 

 

 

 

 

「自らが選びうる」という所が最重要です。何を言いたいのかと言いますと、

 

 

 

 

 

「予算2000万円」なのに5000万円の不動産は買えませんし、「大体80年」という我々の寿命を、極端に伸ばすことは出来ません。

 

 

 

 

 

限られた予算の中で、限られた時間の中で、最良の選択をしていかなければならないわけです。

 

 

 

 

 

そうなると

 

 

 

 

 

「ベストでは無いけれども、ベター」

 

 

 

 

 

な方法を選択しなければならない場面が、当然出てきます。

 

 

 

 

 

限られた資源(予算・時間)を最有効に活用する為には「ベスト」を選ぶと逆に失敗してしまう可能性があるのです。

 

 

 

 

 

「ベストなのに失敗」とは、本当に良い不動産だけど、無理な資金計画を組まないといけない場合、あるいは

 

 

 

 

 

「待っていれば安い不動産が手に入るかも知れないけど、その時には十分にその不動産を活用する元気がない」という場合です。

 

 

 

 

 

とりあえず。

 

 

 

 

 

孫子でも諸葛孔明でも「完璧な勝利」は不可能です。ある程度の犠牲は出てしまいます。

 

 

 

 

 

私も一所懸命やってますが「完全無欠の勝利」は不可能です。

 

 

 

 

 

 

どこかに「犠牲(我慢していただかないといけない事)」は出てしまうモノです。てことで、どうかご理解下さいませ・・・

 

 

 

 

 

単なる言い訳ブログでした(笑)


高岡商業ナイス戦い!副題:孫子の兵法から考える「不動産取引で失敗しない秘訣」

弊社は、高岡市横田町にあります。先日、会社で仕事してますと、会社の前を「数十人の」男子高校生が歩いていきました。

 

 

 

そう、ご存知高岡商業高校野球部メンバーです。学校から、有磯神社に参拝していたのでしょう。(弊社は高岡商業高校から有磯神社へ向かう道の途中にあるのです)

 

 

 

以前、高岡商業高校野球部”元”キャプテンの会計士さんが「そういう風習がある」と言っていたので、恐らく間違いないはずです。

 

 

 

まあとにかく本日の甲子園での戦い振りは、非常に立派なモノでした。

 

 

 

 

あの10回表のタイムリーヒットと本塁へのヘッドスライディングなど、神がかっていましたね!

 

 

 

本当に素晴らしいプレイでした!!(あのスライディングは、中々出来ないですよ・・・)

 

 

 

勝負としては残念ながら惜敗してしまいましたが、「勝敗は兵家の常」。負ける事から得ることもありますし、そんなのは別に良いんです。さて。

 

 

 

 

勝敗は兵家の常で思い出しましたが、人生の全ては「勝負」です。

 

 

 

 

私は「不動産流通ネットワーク コアネット」で、本年のスローガンを「競争から協奏へ」としましたが、社会の現実として「競争(勝負)」というのは、ある意味避けて通れないとは分かっています。

 

 

 

 

それでも。

 

 

 

 

「こっちが勝って相手が負ける」「こっちが負けて相手が勝つ」というのは極力避けて、「双方負けない」戦がしたいなあと思っております。

 

 

 

 

やや理屈っぽくなってきましたが、本日言いたいことはこれです。

 

 

 

 

「智者の慮りは必ず利害を雑う(ちしゃのおもんぱかりはからなずりがいをまじう)」

 

 

 

 

賢い人は、必ず物事の「両面から考える」ということです。不動産探しで考えてみましょう。

 

 

 

 

「陽当りの良い場所」は即ち「夏、暑い場所」です。「陽当りの悪い場所」は即ち「夏涼しい場所」です。

 

 

 

 

利便性の良い場所は、即ち「地価が高い場所」です。利便性の悪い所は、即ち「地価が安い所」です。

 

 

 

 

小さい家は、管理が簡単な家です。大きい家は、管理が大変で、維持費も掛かる家です。

 

 

 

 

こだわりの、独自性ある家は、転売するときに需要が限定される家ですし、ありきたりな家は、万人受けする、転売しやすい住宅と言えます。

 

 

 

 

とにかく

 

 

 

 

「良い面を見れば良く見えるし、悪い面を見れば悪く見える」そういう事です。

 

 

 

なので

 

 

 

 

「完璧な不動産(住宅)」は存在しません。全てのプラスにマイナスが混在している以上、これはしょーがありません。逆に言えば

 

 

 

 

「全くダメな不動産(住宅)」というのも無いはずです。見方を変えれば、何か良い所があるはずです。(理論上)

 

 

 

 

智者の慮りは必ず利害を雑う。

 

 

 

 

「利」だけを見ると、失敗する事もあるでしょう。「害」ばかり気にすると、人間、何も出来ないでしょう。

 

 

 

 

メリットもデメリットもある。その上で、メリットの方が大きいと判断すれば前に進めばいいのですし、デメリットの方が大きいと判断すれば、やめればよいのです。大事な事は!

 

 

 

 

「完全なメリットなど無い」という事です。探せば、絶対にデメリットやリスクはあります。

 

 

 

 

なので皆様、「これはイイ!絶対買う!!」と思っても、ちょっと冷静に考えなおして下さい。逆に

 

 

 

 

「えー、こんなんイヤだな~」と思っても、ちょっと冷静に考え直して下さい。メリットは、絶対隠れてますので。

 

 

 

 

 

さて高岡商業高校野球部の皆さん、お疲れ様でした。今回の試合を糧にして、夏の大会、さらに活躍を期待しております。そしてその時は!

 

 

 

 

 

また弊社の前を通って、有磯神社にご参拝下さい。

 

 

 

 

あと。

 

 

 

 

 

弊社の前を通る時は、是非私に手を振っていってくださいませ(笑)それでは!!