SMAP解散報道と中古住宅事情

昨日、嫁さんに「SMAP解散するかもしれんって!」と興奮気味に話されましたが、私は基本的に「芸能ニュース」というものには余り興味がないので、あっさりとした返事をして不興を買ってしまった私です。

 

 

だって・・・ねえ・・・。芸能人がどうしたこうしたって、私には何の関係もありませんし、芸能人であっても「人」である以上、感情や事情や立場や考え方があって、色々な判断・行動を行うのは当たり前です。

 

 

恐らく、「こうあって欲しい」と思うのでしょうね。芸能人やアイドルという存在には。「いつまでもカッコよくいて欲しい」とか「いつまでもそのグループでやっていて欲しい」と。

 

 

その感情は分かりますし、私も似たような事は思う事がありますが、とにかく「人それぞれ」なので、仕方ありません。が、そうは言っても。

 

 

「私と関わっていただいた方」の動向には、メチャクチャ興味を持っております。興味というか、「是非幸せに暮らしていて欲しい」と思います。

 

 

キレイゴトに見えますか?(笑)

 

 

まあ、見えてもいいんですけど、だからこそ、お取引いただいた方からメールなり年賀状なりで近況メッセージなどをいただくと、本当に嬉しいです。

 

 

また、最近は「メールでのお問い合わせ」が非常に増えまして、これも大変ありがたいことです。全然「話だけ」で良いのです。話だけでもお役に立てれば本当に幸せです。というのも。

 

 

私は若い頃、長く「プータロー」だったのです。その時はもう、自分が「社会不適合者」というか「社会に必要のないモノ」という感覚だったので、「少しでも誰かのお役に立てている」と感じられる事は、本当に嬉しいことなのです。

 

 

実際、プータローの時は酷かったですねえ・・・。が、そういう時代があったからこそ分かる事もあります。

 

 

中古住宅を扱っていると、色々な事があります。人間と一緒です。つまり「千差万別」「波乱万丈」「曖昧模糊」

 

 

 

単に語呂がいい言葉を三つ揃えたわけではありません(笑)人も住宅も、色々あるという事です(笑)ちょっと今日はバタバタしてまして、まとまりのないお話になってしまいました。それでは!