MENU

2023/03/04
『両面宿儺の謎』不動産屋が自然災害を考える。
|
いろいろ体験記

有限会社ランド・プラン

両面宿儺の謎 桜咲准教授の災害伝承講義』という本を読みました。気軽に読める内容ですし、これからの『桜』シーズンに合っていて、私は楽しめました。

両面宿儺、もちろんご存知ですよね?アシュラマンじゃありませんよ。あれは三面。両面なので、二面の顔を持つ存在です。そして四本の手を持っている。

ただ、その辺の話は『面白い』というか『根深い話』になるのでここでは書きません。興味ある方はこの本を読んで下さい。

それはそれとして。

私が興味を惹かれたというか「その通り!」と思うのが『災害伝承』の方です。不動産屋をやっていると、この『災害』というものから逃れる事は出来ません。

今は、不動産売買における重要事項説明でも『ハザードマップ』について説明しなければなりませんし、以前から『土砂災害警戒区域』などのいわゆる『危険が予想される場所』での不動産取引には様々な規制があり、その辺の説明もしっかりしなければならないからです。

そしてその中で『地名が持つ意味』というのも結構重要な要素になってきます。

例えば、この本でも一例を挙げられていますが、タイトルにもある『』という字が入った地名には元々『割く(さく)・刳る(くる)』という意味があって、土地が割れたり、穴が開いている状態を指す意味もあるわけです。つまりは

『地盤が弱い』って事です。

ただし、全部が全部そういうわけではありません(ここがややこしい)。

ただ単に『桜の名所』という事もあるでしょうし、『作倉』とか言って、倉が作られていた所かも知れません。なんせ『地名』ってのは長い長い歴史の中で『色んな要素が組み合わさって』残ってきているものなので、一概には言えないんですよ。

もう一回言います。一概には言えないんです。

しかし。

この辺の知識を少し知っていると『地名に○○が入っていた所は昔○○だった。だから危険!』とか『地名に○○が入っていた所は昔○○だった。だから○○!』というレッテルを『安易に』貼られてしまう事も多いわけです。

だからこそ。

こういった事は『地名だけに』引きずられる事なく、実際の地形や自然環境とそれまでの歴史。その辺を総合的に知る事が必要になるわけですね。

とにかく私が言いたいのは『何でもかんでも危険!全部危険!!』と言っておけば、そりゃ間違いはありませんが、そんな事を言っていると『どこにも住めない!』という話になりますよって事です。

海外から見れば

日本って、どこでも地震が起きるんでしょ?怖い!」という事になるかも知れませんし、霊感のある人から見れば

あなたの家の下に2万年前の死者が埋まっているのが見えます。そこに住むのはやめたほうがいい!!

とか言う話になるかも知れません。

ね?

とはいえ、真剣に危ない場所は真剣に危ないんですよ。なのでこの辺の『見極め』は本当に大事になってくるんです。

安易に考えちゃいけません。安易に『大丈夫』と言ってはいけないんですが、逆に、安易に『危険』と言ってもいけないんです。

・・・

結構真面目に読んでるでしょ?不動産屋ですから。

という講義でした。ご質問はお気軽に!

    コメントを残す

    メールアドレスが公開されることはありません。 が付いている欄は必須項目です

    カテゴリー |
    いろいろ体験記
    タグ |
    地震

    7大お悩み相談

    お客様の声

    2022/04/21

    家ってお高いですよね?どうしたら不安なく家が買える?

    お客様の声

    2022/04/09

    子育ての為、そろそろ自分の家を持った方が良いのでは?

    お客様の声

    2022/04/15

    住宅の老朽化が目立ってきた。修繕?建替え?住み替える?

    お客様の声

    2022/05/01

    中古住宅ってなんか心配。購入後の生活は本当に大丈夫?

    お客様の声

    2022/04/16

    多世帯同居。どうすれば家族みんなが幸せに生活出来る?

    お客様の声

    2022/04/09

    賃貸生活と持家生活。結局どっちが得なんですか?

    お客様の声

    2022/04/17

    集合住宅。いつまで窮屈な思いを続けなきゃいけないの?

    よくあるご質問

    お客様の声

    2022/04/04

    住宅購入の際の火災保険。結局どうすれば良い?

    お客様の声

    2022/11/26

    甘い物を食べると、しょっぱい物が食べたくなる。後悔の無い家づくりとは?

    お客様の声

    2019/05/06

    えざらいって何?戸建てに住むとそんな事しないといけないの?

    お客様の声

    2024/03/04

    結露発生!断熱性が悪いから?お金を掛けずに今すぐ出来る防止策は何?

    お客様の声

    2022/11/27

    何故ランド・プランは床フロアー材に『杉無垢材』を使うのか?

    お客様の声

    2021/08/10

    エコキュート が完全に動かない。落雷が原因?それとも活動限界?

    お客様の声

    2020/09/22

    私道を通る時は通行料を払わないといけない?私道に接していると住宅建てられない?私道トラブル。

    • ブログ購読

      いつもブログをお読みいただき誠にありがとうございます。メールアドレスを登録いただければ新着記事をメールで確認する事が出来ます。いちいちホームページを見る必要がなく、便利です。特にデメリットはありませんので、是非ご登録をお願い致します!

    私がサポート致します!

    (有)ランド・プラン 代表取締役

    高野 竜成

    住み続けられるまちづくりを

    中古活用・循環社会へ

    空き家が増え続けています。高岡市だけで一万戸以上の空き家が存在し、6軒に1軒が空き家という状態です。その上で人口減少は止まる事を知らず、物価高と人手不足を原因とした新築価格は高騰の一途を辿っています。しかし、それでも家は建てられ続けています。本当にこのままで大丈夫なんでしょうか?そこで弊社は「中古住宅を活用して、安心できる住まいを提供する!」と決意しました。大量生産・大量消費社会から中古活用・循環社会へ。ランド・プランは『あなたの幸せと持続可能な幸福社会』を創造する『たかおかSDGsパートナー』です。高岡市の中古住宅相談ならお気軽に!

    PROPERTY

    取扱中物件

    PRESIDENT BLOG

    不動産屋のひとりごと

    実際のご相談事例

    そのお悩み、ランド・プランで解消できますよ!

    ブログの更新通知を受け取れます!
    ブログサムネイル

    更新通知の登録について

  • 17人の購読者に加わりましょう